2020年02月14日

お砂糖不使用、チョコレート不使用、罪悪感なし、ちょっぴりプロテインの酒粕トリュフ

2月14日、バレンタインディです。
安直ながら我が家もバレンタイン、ささやかなトリュフなど今朝は拵えてみましたよ。

20200214 00006.png

もちろん材料ありきのトリュフチョコレートです。
主材料は常備してあります酒粕と豆乳。

実はワインセラーの中にこっそりヴァローナのハイカカオチョコレートも常備してはあるのですが、これはじっくり体の疲れを癒す時の為のものであまりお料理には使いたくありません。
簡単に言ってしまえば単なる貧乏性ですけどね。

なのでこの酒粕トリュフ、チョコレートはおろかお砂糖も不使用です。

20200214 00002.png

なのにしっかり甘いのは、しっかり加熱してアルコールを飛ばした酒粕のせいでしょうか。
それとも生地に混ぜ込んだドライフルーツ、はたまた手作り干しレモンにコーティングしたプロテインの為せる業?
仕上げにたっぷりとまぶしたプロテイン入りのアイスコーヒーパウダーの効果やもしれません。

20200214 00001.png

口に入れるとキャラメルのようなヌガーのような食感の後、たっぷりと混ぜ込んだナッツ類・ドライフルーツ類が賑やかに続きます。
とっても簡単で美味しい具沢山酒粕トリュフ。
主人だけでなく、拵えた本人、何より体も喜びそうな良いとこづくしのチョコレートです。





◆材料(15〜18個分といったところでしょうか)
  • 酒粕 60g
  • 豆乳 60g

  • アーモンド・胡桃 各30g(予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしておきます)
  • デーツ 30g
  • ドライフィグ 25g強(2個)
  • 干しレモンのプロテインローチョコレートがけ(以前拵えたものです☆彡) 6枚(25g)
  • カカオニブ 10g

  • ココナッツオイル 30g
  • カカオパウダー 15g

  • ハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒーパウダー 適量

    20200214 00008.png

    ※手作り干しレモンはそろそろお片付け時期なので加えただけですので、もちろん省略可能かと。

    ※ハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒーは日本では販売していないようですが、ココアパウダーやプロテイン、きな粉等々で代用しても楽しいかと存じます。
    パッケージの底がイメージカラーのグリーンってところが愛おしいのです。


    ※酒粕は以前は水分量の多いやわらかなタイプを愛用致しておりましたが、今は日本酒として愛飲致しております京都の招コ酒造の酒粕を愛用致しております。





◆作り方
  1. 酒粕を適当に切り、豆乳と合わせて10〜20分ほどおきます。
    その後中〜弱火で加熱し、煮立ったら弱火にして混ぜながらしっかり加熱してアルコールを飛ばしましょう。

    フードプロセッサーに移して滑らかに攪拌し、ローストした胡桃とアーモンド・デーツ・ドライフィグ・干しレモン・カカオニブを加えます。
    高速で小刻みに、ナッツやドライフルーツの粒がしっかり残る程度に攪拌しましょう。

    20200214 00009.png20200214 00010.png
    20200214 00011.png


  2. ココナッツオイルを湯せんで温めて液状に戻します。
    別ボールでカカオパウダーと合わせ、しっかり混ぜ合わせてからフードプロセッサーに加えましょう。

    同じく小刻みに攪拌してなじませ、等分して丸めます。
    ココナッツオイルが程よく溶けているので、手にはくっつきません。
    作業も楽です。
    ふわりとラップをし、冷蔵庫で10〜20分ほど冷やしましょう。

    20200214 00012.png20200214 00013.png
    20200214 00014.png


  3. ビニール袋にハイプロテインアイスコーヒーを多めに入れ、冷えてかたまった2を加えてたっぷりとまぶします。
    はい、バレンタインディ2020、今年のチョコレート完成です。

    20200214 00007.png

    加齢と共に手作りチョコレートも簡略化、同時に体にダメージのない、それでいて美味しいものへとどんどん変化していかないとね。

    20200214 00015.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





お昼の主役はチョコレートですが、もちろんそれだけで済ますことは出来ませんものね。
ジャーサラダを添えます。

主人が大好きな“鶏はむ”を久しぶりに、本当に久しぶりに拵えてみましたよ。
鶏はむ、アボカドのサラダ、長芋を詰めたジャーサラダ。


20200214 00005.png

ふと気付きましたが、本日の食材に不足しているのは炭水化物。
急きょ炭水化物摂取の為、ジャーの底に詰めたのはライスペーパー。
ライスペーパーをフォーのように使っているレシピを以前ちらっと見たことがあったので。





  1. 鶏はむは数日前の拵えて冷蔵保存してあります。
    以前は皮を除いておりましたが今回は皮つき、意外と気になりません。

    鶏胸肉は1枚に付きお砂糖 大さじ1・お塩 小さじ1弱を順にその都度しっかりとすり込み、ぴったりとラップで包んで半日〜1日冷蔵庫で寝かせます。

    その後ざっと洗い、時々水をかえながら1時間ほど真水に浸して塩抜きをしましょう。
    ラップを大きめにカットしてミックススパイスを散らし、しっかりと水気を拭いて観音開きにした胸肉の両面に押し付けます。

    皮面を内側にしてしっかりときつく巻き、ラップを2重にしてしっかり包み両端をゴムでしっかり留めます。
    たっぷりのお湯を煮立たせて胸肉を加え、再沸騰したら火を止め蓋をしたまま冷めるまでおきましょう。
    切り分けて召し上がれ。

    20200214 00016.png20200214 00017.png
    20200214 00018.png


  2. ライスペーパーでフォー風に。
    ライスペーパーは数枚を重ねてキッチンハサミで細長く切っておきます。

    コリアンダーシートを軽くつぶし、唐辛子と一緒に胡麻油でじっくり炒めましょう。
    ここにスープストックを控えめに加え、ナンプラー・オイスターソース・お塩で味を調えます。

    スープが煮立ったところで細長く切ったライスペーパーを加えてやわらかくなるまで。
    火を止めて刻みネギを加え、白胡麻をひねってジャーの底に詰めましょう。

    20200214 00020.png20200214 00021.png
    20200214 00019.png


  3. 長芋は皮をむいてさいの目に切り、コリアンダーソース(☆彡)で和えます。
    アボカドはみじん切り玉ねぎ・市販の蒸し大豆・彩りの“紅くるりの塩麴漬け”と合わせて白味噌風味に。

    鶏はむと一緒に順にジャーに詰めれば出来上がり。

    20200214 00023.png20200214 00022.png







ささやかな手作りチョコではありますが、結婚18年目のバレンタインディです。
バレンタインディのお弁当です。

20200214 00004.png





2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





今朝はマイワシも真鯖もありませんので、久しぶりに冷凍してある塩引き鮭が食卓に上りました。
主食は実母が届けてくれた具沢山の菜飯。


20200214 00003.png

イベント好きの母は主人へのチョコレートも毎年欠かせません。
これからしばらく、ヨーグルト用の木匙に乗る朝の小さなおやつにチョコレートが楽しめます。

今宵は日本酒。
先程頼んでおいた主人用の錫のぐい飲みが届きました。
ちょっと小ぶりなようですが、はてさて、使い心地はいかがなものでしょう。



sagi.gif




posted by しんさん at 15:07 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。