2020年02月13日

材料は殆どカボチャ〜プロテインブラウニー、いえブロンディー

主人がチラホラとお付き合いのチョコレートを頂く時期と相成りました。
バレンタインディが近づくと意識するチョコレート、もしくはチョコレートを使ったロマンティックなお菓子。

昔ほどのバレンタイン熱はいまや持ち合わせてはおりませんが、多少は意識しますよ、チョコレート。
なので今朝はブラウニーなど焼いてみました。

20200213 00001.png

・・・やはり私は食材ありきのようです。
随分と前から冷凍してあったバターナッツカボチャのピュレ、そして残り少なくなってきたハーバライフ製のプロテイン。
これらを寄せ集めて焼いた材料ありきのブラウニー。

いえ、ホワイトチョコレートこそ使用してはおりませんが、バニラ味のプロテインとココナッツオイルを合わせて生地に加えたこのブラウニー。
ホワイトチョコレートの代用と見なし、是非ブロンディーと致したいところです。

20200213 00002.png

色鮮やかなバターナッツカボチャをたっぷり使用し、薄力粉を含めた粉類は少量に。
もちろんお砂糖は使用せず、プロテインで甘みを補っております。
カボチャ生地にはナッツとドライフルーツをたっぷり忍ばせました。
仕上げにストロベリー風味のプロテインをアイシング代わりにたっぷりと。

20200213 00004.png

器量の悪さから失敗かと思いきや、このブロンディー、味は上々です。
冷やして生地がぎゅっと詰まった状態で召し上がれ。
もちろんとっても簡単です。

20200213 00003.png





◆材料(野田琺瑯のレクタングル浅型Sサイズにひとつ分)
  • バターナッツカボチャペースト(多分この時のもの ☆彡) 155g

  • ココナッツオイル 50g
  • ハーバライフ製のプロテイン(バニラ風味) 30g

  • 豆乳 50g

  • 全粒粉薄力粉 30g
  • アーモンドプードル 30g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/4

  • ドライフィグ・デーツ・胡桃・アーモンド 各適量

アイシング用
  • ココナッツオイル 25g
  • ハーバライフ製のプロテイン(ストロベリー風味) 15g

    20200213 00007.png





◆作り方
  1. バターナッツカボチャのピュレは、以前蒸してバーミックスでピュレ状にしてから冷凍しておいたもの。
    お砂糖やお塩は加えておりません。
    自然解凍して室温に戻しておきます。

    豆乳は人肌程度に温めておきましょう。
    ココナッツオイルは湯せんで温め液状にしておきます。

    アーモンドと胡桃を合わせ、予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストして粗く刻みます。
    トッピング用に少し残し、刻んだドライフィグ・デーツと合わせておきましょう。

    粉類はビニール袋に合わせ、口をしっかり持ってふり混ぜておきます。
  2. バニラ風味のプロテインとココナッツオイルをボールに合わせ、泡だて器でしっかりと混ぜ合わせます。
    バターナッツカボチャのピュレ、豆乳を順に加え、その都度しっかりとスパチュラで混ぜ合わせましょう。

    合わせておいた粉類・ナッツ・ドライフルーツを一気に加えて混ぜ込みます。

    20200213 00010.png20200213 00011.png
    20200213 00009.png


  3. オーブンシートを敷きこんだ容器に生地を移し、底を数回打ちつけて空気を抜いてから表面を平らにならします。
    残しておいた胡桃とアーモンドを飾り、200℃に予熱したオーブンへ。

    20200213 00012.png

  4. 設定温度を170℃にして20分。
    焼きたてはとても脆いので、容器のまま冷まします。

    20200213 00013.png

  5. 生地が完全に冷めたら容器から出し、オーブンシートの上で切り分けます。
    アイシング用のプロテインとココナッツオイルを合わせてよく混ぜ合わせ、切り分けた生地の上にたっぷりと回しかけましょう。

    冷蔵庫でローチョコレートがかたまるまで冷やし、繋がったローチョコレート部分を切り分けて出来上がり。

    20200213 00008.png






table_s.gif





サクサクっとした食感が美味しいケールチップス。
まるでポテトチップスのような軽い食感なのに当然健康的、しかもオーブンで焼くだけ。
正に知る人ぞ知るといったケールの簡単料理です。

今シーズンはケールを栽培していないのですが、このケールチップス、ビーツグリーン、いわゆるビーツの葉っぱで代用してもサクサク美味しいのです。
ゴワゴワとした触感はケールもビーツグリーンも似ていますものね。

今日は甘辛お醤油味の照り焼き風味。
ビーツグリーンチップス、照り焼き風味です。

20200213 00014.png

佇まいは貧相ですが、サクサクして文字通り止められない止まらない、ですよ。





ビーツの葉っぱ、ビーツグリーン。
ビーツの成長に伴い、若いうちはサラダでも食べられた葉はモサモサかたくなってきます。
そんなビーツの葉っぱがビーツグリーンチップスには打って付け。
先ずは綺麗に洗い、一枚一枚しっかりと水気を丁寧にふき取りましょう。

胡麻油 小さじ1.5・お醤油 小さじ1・てんさい糖 小さじ1を大きめのボールに合わせてよく混ぜ合わせます。
ここにしっかりと水気を拭き取ったケールを加え、繊維を崩すように揉み込みましょう。

オーブンシートを敷いた天板にひろげ、白胡麻をたっぷりとひねります。
予熱なしのオーブン 110℃で1.5時間強。
時々かたまった部分をほぐしたりひろげたりしながら、カリッとするまで低温で焼けば出来上がり。

20200213 00015.png20200213 00016.png
20200213 00017.png







今日のお昼は到底お腹は満足しなさそうな内容です。

20200213 00005.png





table_s.gif





今朝の主食はとろろ蕎麦。

そして特大サイズのイワシ。
主人が買ってきてくれたこのイワシ、脂のノリが良すぎてちょっと扱い辛い強者です。
今後は近所で買える普通のイワシにしましょうね、そうしましょうね。

20200213 00006.png

今週のお弁当も残すこと金曜日1日。
14日ですものね、バレンタインディですものね、やはり明日はチョコレートに因んだ一品かしら。
チョコレート風味のプロテインは在庫豊富です。


2018-06-21T13_36_57-90072-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:40 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。