2020年01月24日

ザクザク全粒粉ときな粉のスコーン〜ほんのり酒粕、レモンと黒豆、アーモンド

昨日のお弁当用に拵えたポンカン大福(☆彡)
週末を利用した三重県一泊旅行の思い出の味、ポンカンを丸ごとお餅で包んだ大胆な大福でした。

ポンカン大福の打ち粉にしたきな粉を使い、今朝は全粒粉ときな粉のスコーンを焼いてみましたよ。

20200124 00003.png

表面ザクザクの全粒粉スコーンです。
醗酵バターを極少量に止め、酒粕をたっぷり生地に混ぜ込みました。
お塩の代わりに加えたペコリーノロマーノを追いかけるように、酒粕の風味がふわりと後から続きます。

お正月の黒豆を干した干し黒豆(☆彡)の甘み、刻んで加えた干しレモン(☆彡)の風味も活きています。

20200124 00004.png

フードプロセッサーでちょちょいのちょい。
型抜きも不要、包丁で切り分けたら後はオーブンで焼くだけのやや大ぶりなスコーン2個分。
とっても簡単で私好みのスコーンです。

もちろん主人もお気に入り。

20200124 00005.png





◆材料(やや大ぶりなスコーン2つ分)
  • 全粒粉薄力粉 80g
  • きな粉 20g
  • てんさい糖 10g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2

  • 酒粕 45g
  • ペコリーノロマーノ 20g
  • 無塩タイプの醗酵バター 15g
  • 豆乳 大さじ2〜3

  • 干しレモン 適量
  • 干し黒豆 適量
  • アーモンド 適量




◆作り方
  1. 全粒粉薄力粉〜ベーキングパウダーまでをビニール袋に合わせ、口をしっかり持って空気を含ませるようにふり混ぜます。

    これをフードプロセッサーに移し、よく冷えた状態の酒粕・ペコリーノロマーノ・醗酵バターをサイコロ状に切って加えましょう。
    全体がさらりとなじむよう高速で攪拌したら、豆乳を少しずつ様子を見ながら加えます。
    大さじ3弱で、粗いそぼろ状といった良い状態になりました。

    20200124 00011.png20200124 00012.png
    20200124 00010.png


  2. 大きめにカットしたラップの上にそぼろ状に撹拌した生地を移します。
    干し黒豆、ざっくり刻んだアーモンド、細かく刻んだ干しレモンを上に散らし、ラップで生地を寄せひとつにまとめましょう。

    生地を包丁で2等分して重ね、ラップで包んで手のひらで押さえつけます。
    生地の向きを90度変え、生地を2等分・重ねる・押さえつけるを5〜6回繰り返しながら形を整えましょう。

    20200124 00013.png20200124 00014.png
    20200124 00015.png


  3. タイミングを見てオーブンを220℃に温めておきます。
    天板も一緒に温めておきましょう。

    形を整えた生地の表面に水溶き卵黄をぬり、予熱したオーブン庫内へ素早く移します。

    20200124 00016.png

    設定温度を200℃にして先ずは10分、その後180℃で10分焼けば出来上がり。

    20200124 00008.png

    焼きたてを食べたいと思うのが常ですが、お弁当用故そういう訳にも参りません。
    網の上に並べて冷まします。

    20200124 00006.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





今宵は主人とお出かけ。
色々と慌ただしいので、今日のお昼はちょいっと摘まめるタイプでササッと済ませます。
ライスペーパーを使った春巻き風、器も紙コップを使って使い捨て。

20200124 00002.png

スコーンの生地を混ぜたフードプロセッサーをそのまま使い、予熱が残るオーブンを有効に使い、食べる側だけでなく作る側もササッと済ませます。





  1. スコーンの艶出しに使った卵の残り、玉ねぎ、刻んだ高野豆腐は戻さずそのまま、シイタケもさっと洗ってそのまま、塩麴に絡めておいた鰹のなまり節、胡麻油、オイスターソース、お塩をフードプロセッサーに合わせて攪拌します。
  2. 戻したひじきと刻みネギを加えて混ぜましょう。
  3. ボールに張ったお水に胡麻油を数滴垂らし、ライスペーパーをさっと通します。
    2を包み、オーブンシートを敷いた天板の上に間をあけて並べましょう。

    20200124 00017.png20200124 00018.png
    20200124 00019.png


    220℃に予熱したオーブンで15分ほど焼けば出来上がり。

    20200124 00009.png






何だか喉が渇きそうなお昼です。
水分補給はすっかりとね。

20200124 00001.png





2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





毎日平日は必要以上の品数が並ぶ我が家の朝食ですが、金曜日は特にそれが顕著。
実家の母親が毎木曜日、3姉妹で持ち寄るポットラックランチの道中お弁当箱片手に寄ってくれるから。

ミスドの懐かしいお重に詰まった母お手製のお弁当。
当日の夜に有り難く頂くのが母の理想なのでしょうが、夜の炭水化物を控えております我が家ではそれも酷なこと。
出来るだけ良い状態で翌日まで持ち越し、朝食に有り難く頂きます。

20200124 00007.png

という訳で、今朝の主食は母渾身の混ぜご飯。
三重県一泊旅行のクライマックス、すき焼きを頂いた和田金さんで母が買った松坂牛の時雨煮。
最高級の時雨煮をあろうことか誇らし気に煮直してカサ増しを企てた母、自慢の時雨煮ご飯です。

ご飯に加え、あれもこれもとおかずを添えてくれるものだから、翌日の我が家の朝食はものすごいことになってしまうのです。

・・・だったらせめてお味噌汁の具を減らせば良いのだけれど。
具沢山好きは母親似ね、間違いなく。





さ、歯医者さんの定期健診。
それが済んだら大慌てで着替えて主人とデートですよ。
忙しいのは苦手ですが、ささ、準備い取り掛かりましょう。


2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:39 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。