2019年10月15日

酒盗とアボカドの軍艦巻き〜鰹の酒盗 お片付け強化週間

毛布一枚では肌寒かった昨晩。
ようやく例年通りの秋めいた陽気になってきたようです。
主人が帰宅したら畑に向かい、多少ならずとも台風の影響を受けたであろう野菜らの土寄せを施すつもりでおります。

さて。
今週最初のお弁当は軍艦巻きです。

20191011 00003.png

お土産で頂いたサフランを積極的に使用した先週に続き、今週お片付け強化に選んだ食材はこちら。
鰹の酒盗です。

20191011 00006.png

いつも鰹のなまり節を取り寄せする三重県の“キホクニヤ商店”さん。
お取り寄せは主人の担当なのですが、たまにこうした変化球を望むから困ったものです。

酒盗、日本酒好きならば心惹かれるのも無理はありません。
私も日本酒好きの端くれですもの、よーく分かりますよ。
でもこの酒盗、ちょっとね、お塩が効き過ぎていてね、まるで岩塩をそのまま食べているようなイメージ。
しかも私、言うほど所謂“珍味”を好んで食べないのを承知の助で取り寄せた主人。
その主人ですら、この塩辛さには閉口したようで・・・

ですがこの塩辛過ぎる鰹の酒盗、アボカドと合わせて軍艦巻きにしたらこれがまぁ美味しい。

20191011 00004.png

酒盗があまり得意でない私にとって、よくある“お豆腐+酒盗”や“クリームチーズ+酒盗”はまだまだ受け入れ困難。
ですがこの“アボカド+酒盗”、これは美味しい、喜んで受入れます。

20191011 00005.png

という訳で今週は鰹の酒盗お片付け強化週間。
はてさて今後はどんな酒盗料理をひねくり出すか、我ながら少々楽しみです。





◆作り方(・・・と言う程でもありませんが)
  1. 十六雑穀を混ぜて普通にご飯を炊きます。
    最近気に入ってよく炊くホエー(ヨーグルトから出た水分)を少し混ぜて炊くご飯は、相変わらず艶々モチモチです。
    今朝はホエーがあまり出ておらず、ヨーグルトそのものをお水に少し足して炊飯しましたが、効果は健在、艶々モチモチです。

    酢飯にし、小さな俵型にラップを使って整えておきましょう。

    20191011 00015.png

  2. 海苔を細長く切って軍艦巻きにし、巻き終わりに糊代わのご飯をひと粒つけて留めます。
    刻んだ紫玉ねぎ、寿司酢をからめたアボカド、そして酒盗を盛りつけて出来上がり。

    20191011 00010.png







table_s.gif





今週も作り置き料理を色々仕込んであります。

程よい大きさのイワシが手に入ったのでイワシのお酢煮も拵えておきました。
主人お気に入りの煮なますも忘れずに。

水茄子?と思うくらいミニサイズのお茄子は、ヘタを坊ちゃんのように残して丸ごと煮物に。
万願寺唐辛子とアスパラの煮浸しは今シーズン何度拵えたかしら、お気に入りです。

20191011 00001.png

ちょっと目を引くのが右上のピンク色の一品ではないかしら。
これ、ゆり根です。
以前拵えた“ゆり根花びら”をリメイクしたゆり根の葛寄せです。





  1. ゆり根花びらはこの日拵えたもの ⇒ ☆彡2019年10月07日
    つけ汁とゆり根に分け、先ずはゆり根を圧力鍋で2分蒸します。

  2. つけ汁に葛粉を加えてよく混ぜ、豆乳で程よくのばします。
    ここに蒸したゆり根を加え、バーミックスで滑らかに攪拌しましょう。

  3. 中〜弱火でぽってりと煮詰め、容器に移します。
    容器の底を数回叩いて表面を平らにならし、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしかためて出来上がり。

    20191011 00016.png20191011 00017.png
    20191011 00018.png




主人のお弁当には軍艦巻きに添えてしまったゆり根の葛寄せ。
この組み合わせ、実のところはどうだったのかしら。

20191011 00009.png





table_s.gif





ヨーグルトと炊き込んだ艶々モチモチご飯に添えたのは、紫蘇の実の醤油漬け。
これ、本当に美味しい。
忘れない為にも備忘録しないと。

20191011 00007.png





  1. 大きめのボールにたっぷりのお水を張り、茎についたままの状態で丁寧にそっとふり洗いをします。
    しっかり水切りをし、指先でしごきながら実を外しましょう。
    小ぶりなので葉っぱも一緒に。

    アクで爪先が真っ黒になります、手袋は必須。


  2. ビニール袋で適量のお塩と合わせ、軽く揉み込んで2〜3日冷蔵庫へ。
    お塩の量は浅漬けのお塩量といったところでしょうか。
    今回は小さじ1/2強といったところ。


  3. 大きめのボールにたっぷりと水を張り、塩漬けしたしその実をここに移します。
    5〜6分おいて塩抜きをしましょう。
    ひとつつまんでみて、少しお塩が効いている程度に塩抜きをします。

    20191011 00012.png20191011 00013.png
    20191011 00014.png



  4. 醤油 90t
    米酢 大さじ3
    みりん 大さじ2
    乾燥鷹の爪 適量

    を合わせてひと煮立ちさせて冷ましておき、水をしっかり切ったしその実をつけ込みます。
    2〜3日で美味しく食べられますが、1週間以上おくと更に美味しくなりますよ。

    20191011 00011.png




今週はなめこのお味噌汁でスタート。
相変わらず茄子もたっぷり入っておりますが、そろそろ茄子もいよいよ終盤です。

20191011 00008.png

さ、主人が帰宅しました。
畑の状況はいか程でしょうか。
タイミング良く、先程アーティチョークの苗も届きました。
他の苗と一緒に植えて参りましょう。

2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2.gif
posted by しんさん at 14:11 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。