2019年10月10日

サフランライスコロッケ・パエリア風〜揚げないお手軽ver.

スペイン土産に頂いたサフラン、言うまでもなく高価なスパイスです。
自ら購入して使う機会もあまりないサフランですので、これで何を拵えようかと華やかなサフランの風味同様心も華やぎます。

今週はサフラン週間。
サフランライス、コーニッシュ・サフラン・ケーキ、サフランオートミールプディングと続いた本日木曜日。
サフランライスコロッケなどいかがでしょう。

20191010 00001.png

まん丸なコロッケの中身はもちろんサフランライス。
コロッケとは言いながら、揚げずにオーブンで仕上げるのでとてもお手軽です。
何より軽い食感が大変よろしい。

20191010 00003.png

そしてサフランライスの中心にはトマトベースのシーフード。
そう、レミさん風に言えば“食べればパエリア”・・・ってトコかしら。

・・・あ、冗談です。

20191010 00002.png

トマト風味のシーフードを包んで丸めたサフランライスに卵をからめ、こんがり焼き色をつけたパン粉をまぶしてオーブンで焼き上げます。
残った卵とフィリングで拵えたスフレを添えて。

20191010 00004.png

手間がかかっていそうですが実はとっても簡単。
今朝いつもより朝食の時間が遅れてしまったのは、ライスコロッケのせいではありません。
あまりに余裕があったので、つい食器棚の模様替えに40分もかけてしまったから。
いろいろと手伝ってくれた主人に頭が上がりません。





◆材料と作り方
  1. 先ずはサフランライスから。
    ヨーグルトからでた水分(ホエー)を加えて炊くのが最近のお気に入りなのですが、今日はホエーに加えてザワークラウトも。
    キャベツだけでなく漬け汁も一緒に炊き込みますよ。

    ザワークラウトを漬け汁とキャベツに分け、洗ったお米・押し麦・ザワークラウトをお鍋に合せます。
    ザワークラウトの漬け汁・ヨーグルトの水分(ホエー)・お水を合わせていつもの量計量し、お鍋に注ぎましょう。
    サフランをひとつまみ散らして30分ほど。

    20191010 00009.png20191010 00010.png
    20191010 00011.png

    サフランの色が出たところでいつも通りに炊いて蒸らします。

    20191010 00008.png

  2. ご飯を蒸らしている間にフィリングの準備をします。

    刻んだ玉ねぎとニンニクをオリーブオイルでじっくりと炒めましょう。
    ここにざく切りトマトを加え、トマトが崩れるよう軽くつぶしながら加熱しハーブ塩を加えます。

    トマトが煮崩れてきたらシーフードミックス・マッシュルームも加えましょう。
    マッシュルームは綺麗に洗って水気をふき、厚めの縦切りにして冷凍してあります。
    シーフードミックス同様凍ったまま加えてお料理出来るので重宝致しております。

    最後に挽肉タイプのベジミート(大豆ミートとも。ジャックの豆ミートを愛用しております)を加え、ぽってりとスープを含ませて火を止め粗熱をとっておきましょう。

    20191010 00012.png20191010 00013.png
  3. 大きめにカットしたラップの上にサフランライスをふわりとひろげ、2を中央に置いて粗く崩したペコリーノロマーノを添えます。
    ラップを使ってまん丸に丸めましょう。

    20191010 00014.png

    オーブンシートを敷いた天板の上に並べておきます。

    20191010 000115.png

  4. パン粉に少量のオリーブオイルを回しかけ、中〜弱火でじっくりと炒めます。
    ほんのり色付いてきたらお鍋をぬれ布巾の上に移し、程良いきつね色で色止めましょう。

    卵黄に豆乳を足してよく混ぜ、丸めたサフランライスにからめます。
    粗熱がとれたパン粉をビニール袋に移し、ここに卵液をからめたサフランライスを移してパン粉をたっぷりまぶします。
    パン粉をまぶしたものからオーブンシートを敷いた天板に並べていきます。

    200℃に予熱したオーブンで20分弱焼いて出来上がり。

    20191010 000116.png20191010 000117.png
    20191010 000118.png

    仕上げにすりおろしたペコリーノロマーノを上に散らし、黒胡椒を挽きます。

    20191010 00007.png





table_s.gif





ライスコロッケで残った卵とフィリングを使い、お弁当のお菜“お手軽スフレ”を拵えます。
卵1個分の残りで十分ふたり分になりますよ。

20191010 00005.png





  1. 卵白は予めよく冷やしておいて泡立てます。
    極少量のパウダー状野菜ブイヨンを加えてフワフワに泡立てます。

  2. 残った卵黄液に木綿豆腐・残りのフィリングを加え、お豆腐を崩しながら混ぜ合わせます。

  3. 型は紙コップを使いました。

    紙コップの底をお弁当箱の高さに合わせて切り落とし、ワックスペーパーを敷いてマフィン型に詰め込みます。
    ワックスペーパーが跳ね返ってくるのを抑えるよう、2を少量詰めて重石にします。
    小口に切ったオクラのお浸し、崩したペコリーノロマーノも散らしましょうか。

    20191010 000119.png20191010 000120.png
    20191010 000121.png


  4. メレンゲの半量程度を2に加えてよく混ぜ、これをメレンゲに戻してふんわりと混ぜます。
    容器にふんわりと詰めて180℃に予熱したオーブンへ素早く移しましょう。

    20191010 000122.png

    設定温度160℃で先ずは10分、その後140℃にして15分焼きます。
    その後オーブン庫内で粗熱をとって出来上がり。
    紙コップなのでお弁当にもぴったりです。

    20191010 000123.png





table_s.gif





朝食の主食はもちろんサフランライス。
ちょっと出来たお焦げ、家庭料理ならではの駄作って感じで和みます。

20191010 00006.png

朝の小さなおやつは、先日頂いた酒蒸し饅頭。
小ぶりでこしあんの甘さも程よく、うん、近所にこんな美味しい和菓子屋さんがあったとは小さな発見。





今日の私は相当機嫌がよいのです。
欲しくて欲しくて、でもどこに頼んでも在庫切れで諦めかけていたアーティチョークの種。
嬉しいことに苗が手に入りそうです。
しかも味の良いインペリアルスターという品種が。

週末に届けばすぐに植え付けするのですが・・・
あら、台風接近?
しかも相当な勢力の台風が?

・・・不安も同時にふくらみ始めました。

sagi.gif
posted by しんさん at 15:47 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。