2019年09月24日

おから寿司〜いなり寿司ver.

楽しかった2週連続秋の3連休。
前半の連休はワイン会、後半はお家でぐだぐだ、実に我が家らしい連休を過ごしました。

後の3連休はお家でしっかり飲みは致しましたが後悔するほどの暴飲暴食もなく、連休中計画しておりました畑作業もそつなくこなし、気分良い連休明けを迎えております。

近頃主人の体重維持も良い方向で落ち着いておりますし、悩みの種だった主人の血圧もどうにか平均値内に収まっております。
だというのに、なぜか私の体重だけが時々ピョコっと跳ね上がるのが少々気に入りません。
連休明けはおから寿司でお腹もすっきりさせましょう。

20190924 00002.png

じっくりとお出汁を煮含めた甘辛お醤油味のふっくらお揚げ、中には寿司酢で炒りつけたおからがたっぷり詰まっております。
いつもは寿司酢で味付けするだけ、もしくは白胡麻をたっぷりひねるに止めることが多いおからですが、今回はズイキの酢の物、そして食感の良い胡桃もたっぷり混ぜ込んでみました。

20190924 00005.png

ズイキの食感と胡桃の食感、ちょっとしたことなのにいつものおから寿司がぐぐんとグレードアップしたようです。
常備菜として以前拵えたベジミートのそぼろと卵、おくらを添えて華やかに。

畑で収穫した小ぶりではありますが米茄子には、ベジミートのそぼろ味噌を添えてみました。

20190924 00003.png

おからがお揚げのお出汁を吸ってくれるので、お揚げはふっくら、おからはジューシー。
相乗効果が織りなすヘルシーで美味しいおから寿司〜いなり寿司ver.
主人も大のお気に入りの定番メニューです。





  1. 卵1個と寿司酢(☆彡)大さじ3を合わせてよく混ぜ、おから100g、粗く刻んだ胡桃に合わせて炒りつけましょう。
    さらりとしたら火を止め、刻んだズイキの酢の物(☆彡)、ひねった白胡麻を加えて混ぜ込みます。

    粗熱がとれたら6等分してざっくりお団子にしておきましょう。

    20190924 00009.png20190924 00010.png
    20190924 00011.png


  2. 油揚げは1辺を切り落とし、菜箸を転がしてから袋状に開きます。
    たっぷりの熱湯を回しかけて油抜きをし、粗熱が取れたら手のひらで挟んで水気をそっと絞りましょう。

    フライパンに重ならないようにひろげ、全体が十分かぶる量の合わせ出汁を注ぎます。
    中火で煮立てたら落し蓋をしてことこと弱火で20分。

    その後てんさい糖大さじ1、白だし醤油 大さじ1弱を少しずつ加えながら更に10分ほど落し蓋をして煮含めます。
    最後にお醤油を極々少量香りづけ程度に加え、煮汁がなくなるまで煮てそのまま冷まします。

    20190924 00012.png

  3. 油揚げをそっと袋状に開き、お団子にしておいたおからをそっと詰めて形を整えます。
    そぼろ卵、先週多めに拵えておいたベジミートのそぼろ(☆彡)を飾りましょう。

    20190924 00008.png

    おくらのお浸しを小口に切って添えれば、はい、出来上がり。

    20190924 00004.png






table_s.gif





畑で収穫した小ぶりな米茄子。
コロンっとした姿が可愛らしい米茄子は、出来ればその形を活かしてお料理してあげたいもの。

ずばっと縦半分に切って主人と半分こ。
やわらかく酒蒸しにした米茄子に相性抜群の赤味噌そぼろを添えましょう。
そぼろとは言いながら、鶏挽肉でなくやっぱりベジミートですけどね。

極少量の胡麻油で焼き色をつけてから酒蒸しにする米茄子は、皮も箸ですっと切れるほどやわらかく、しかもあっさりヘルシーですよ。

20190924 00007.png





  1. 米茄子はヘタ部分を切り落として縦2等分します。
    食べやすいよう断面に格子状の切り込みを入れておきましょう。

    お鍋に極少量の胡麻油をひき、断面にまぶすようにしてから中〜弱火で断面側にだけ焼き色をつけます。
    合わせ出汁とお酒を注いで蓋をし、じっくり蒸し焼きにしてそのまま冷ましておきます。

    20190924 00013.png

  2. ベジミートはぬるま湯に5分ほど浸して戻し、ザルに移して水気を切っておきます。
    すり胡麻を乾煎りしたところに、赤味噌・刻み生姜・刻んだ鷹の爪・てんさい糖・お酒・みりんを加えましょう。
    刻んだマイタケ・水気を切ったベジミートも加え、ぽってりするまで煮詰めます。
    最後に味をみて、甘味が必要ならデーツシロップを加えて仕上げます。

    酒蒸しにした茄子にたっぷり添えて胡麻をひねりましょう。

    ベジミートの味噌そぼろ、見た目ほど辛くありません。
    多めに拵えたので、また今後何かと役に立ってくれることでしょう。

    20190924 00014.png20190924 00015.png
    20190924 00016.png







table_s.gif





3連休中、ちょこちょこと作り置き料理を仕込んでおきました。

畑で収穫した茄子は少々皮がかたくなってきました。
秋ナスは圧力鍋で姿煮にすると抜群に美味しい。

主人の大好物、煮なますも欠かせません。
冬瓜は薄味のお出汁をじっくり煮含めて。
一緒に煮たピーマンは形もころんっと可愛らしいピー太郎、苦みが少ないこどもピーマンとも呼ばれる品種です。
そろそろ実がなって終盤のツルムラサキは、おくら、焼きネギと一緒にお浸しに。

20190924 00001.png

さっとオーブントースターで焼いてからお浸しにしたネギは今朝の主食、お蕎麦に添えても美味しいの。

20190924 00006.png

今週はほど良い大きさのイワシとはご縁がなく、先週煮たイワシも今朝でおしまい。
明日からは在庫のしめ鯖、もしくはひとつだけ往生際悪く残してあるなまり節が朝食のゲストとなることでしょう。





週末、半年とっておいた分葱を畑に植えつけて参りました。
丈夫な野菜ですので、よほどのことがない限りすくすく育ってくれるでしょう。
ルッコラの種、そして前回蒔いたビーツの種と時間差でビーツの種第2弾も蒔いてきました。

そろそろ収穫間近の落花生。
よほど出来が良いのでしょう、賢いカラスが食べ散らかした跡が落花生エリアに見られます。

何かでみました。
カラスは賢いから、しっかりとカラス対策をせずとも棒か何かを立てておくだけで警戒して近寄らない、と。
私の落花生がお気に入りのカラスは相当上手なようです。

2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2.gif
posted by しんさん at 15:01 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。