2019年08月19日

初めての食材“ハックルベリー” 〜 ハックルベリーの全粒粉クッキー

9連休という長い長い主人のお盆休みが明けました。
今年のお盆休みは暴飲暴食も数回しかなく(連日ではないだけマシなので)、なかなか有意義な連休を過ごしたと自負致しております。

前半は随分と先送りしておりました家電のリサイクル処分、それに伴う新しい家具の補充を果たし、粗大ゴミの処分も済ませて更に自宅が暮らしやすくなりました。

台風接近の中往復歩いてホルモン屋さんに行き、苦手だったホルモンやレバーを克服。

お盆で皆が私の実家に集合した際は、主人と私、浴衣姿に手にはスイカと日本酒という抜群の佇まい。
大好きな瓢箪柄の浴衣を主人にプレゼントし、私はお気に入りの六瓢箪の帯留め、何気のペアルックにご満悦でした。

お盆休み中も出来るだけ普段の生活を心掛けてはいたのですが、それでも今朝はお盆休みボケは否めません。
昨晩久しぶりに前職場の夢を見てうなされたのも、久しぶりの主人の出勤に対するプレッシャーなのでしょう。
今朝はささっと簡単なクッキーなど焼いてみましたよ。

20190819 00001.png

ざっくり大ぶりなクッキーです。
主な材料は全粒粉を筆頭に、オートミールやグラハム粉、酒粕に極少量の醗酵バター、アーモンドプードルや粗く刻んだアーモンドも忘れずたっぷりと。
そして忘れてならないのは、初めての食材“ハックルベリー”

20190819 00002.png

そう、ハックルベリー、先日主人と食材調達に行った農協の直売所で見かけて即購入。
初めての食材に弱いのです。
一見ブルーベリーかと見紛うこれがそのハックルベリー。

20190819 00003.png

ブルーベリーのような姿形ですが、ブルーベリーのようにやわらかな果実ではありません。
生では食べられないとの注意書きがあったように、ジャムにするのが一般的なのだとか。

なので早速拵えてみました、ハックルベリージャム。
お砂糖を一切使用せず、デーツシロップで甘みを補ったハックルベリージャムは真っ黒艶々で私好みの仕上がりです。

20190819 00004.png

折角お砂糖を使用せずに拵えたハックルベリージャムですので、クッキーの生地にもお砂糖は使わずジャムの甘さだけ。
・・・と行きたかったのですが、それではあまり美味しくないのでたっぷりとプロテインパウダーをふりかけてみましたよ。
いつものハーバライフ製のプロテインパウダー、ストロベリー風味を粉糖よろしくたっぷりと。

20190819 00005.png

ハックルベリージャムを混ぜ込んだ全粒粉オートミールクッキー、うんうん、なかなかの上出来です。
そうは言っても相当甘さは控えめですので、生地にお砂糖を追加したほうが一般受けはするかと存じます。





◆材料
  • ハックルベリー 320g
  • 重曹 小さじ1
  • デーツシロップ 80g
  • ノイリープラット 45g
  • レモン果汁 小さじ1
  • お塩 ひとつまみ
  • 乾燥ラベンダー ひとつまみ


  • 全粒粉薄力粉 80g
  • オートミール 15g
  • グラハム粉 10g
  • アーモンドプードル 10g
  • アーモンド 20g
  • お塩 ひとつまみ
  • 酒粕 50g
  • 豆乳 大さじ1
  • 無塩タイプの醗酵バター 15g

  • ハックルベリージャム 50g弱
  • ハーバライフ製のプロテインパウダー(ストロベリー風味)適量





◆作り方
  1. 先ずはハックルベリージャム。

    ヘタを丁寧に取り除いたハックルベリーを綺麗に水洗いし、全体が十分浸かる量のお水・重曹を合わせて強火にかけます。
    アクを丁寧に取り除いたら火を弱め、8〜10分ことこと下茹でしましょう。

    網でハックルベリーをすくって冷水にとり、お水を数回取り換えながら優しく洗ってザルに移します。
    ハックルベリーの茹で汁にびっくり、色鮮やかな緑色。

    20190819 00009.png20190819 00008.png


    下茹でしたハックルベリー・デーツシロップ・ノイリープラット・レモン果汁・お塩・乾燥ラベンダーを合わせ、とろみがつくまでことこと煮ればハックルベリージャムの出来上がりです。

    20190819 00011.png20190819 00012.png
    20190819 00010.png


  2. クッキーへと駒を進めましょう。
    先ずは酒粕をペースト状に。

    酒粕・豆乳を耐熱ボールに合わせ、ふんわりとラップをして600Wの電子レンジで1分ほど加熱して酒粕をやわらかくふやかしましょう。
    酒粕がやわらかくなったのを確認し、熱いうちに醗酵バターを加えてよく練り混ぜておきます。

    20190819 00013.png

  3. 大きめのボールに粉類・粗く刻んだアーモンドを合わせ、泡だて器で丁寧に混ぜ合わせます。

    20190819 00014.png

  4. 2の酒粕ペーストを加え、スパチュラでさっくりと切るように混ぜ込みましょう。
    次いでハックルベリージャムも加えて混ぜ込みます。
    全体がしっとりまとまるよう、様子を見ながら少しずつ豆乳を加え(分量外、大さじ1強といったところでした)て生地をまとめます。

    生地をざっくり4等分し、オーブンシートを敷いた天板の上に丸くひろげましょう。

    20190819 00015.png20190819 00016.png
    20190819 00017.png


  5. タイミングを見てオーブンを180℃に予熱しておき、素早くオーブン庫内へ移しましょう。
    設定温度を160℃にし、焼くこと15〜18分。



    焼き上がったら網の上で冷まします。
    仕上げにハーバライフ製のプロテインパウダーを茶こしでふりかけて出来上がり。
    今回はストロベリー風味のプロテインパウダーを使いましたが、他のフレイバーでも美味しいかと。






table_s.gif





久しぶりの主人の出勤、久しぶりのお弁当です。
主食のクッキーこそ焼きましたが、お菜は昨日仕込んでおいた作り置き料理を詰めただけ。

20190819 00006.png

今年は畑の夏野菜が好調でしたので、お盆明けでも全て野菜は自家製です。
ゴーヤ、オクラ、キュウリ、ミニトマト・・・器量は悪い自家製野菜ですが、可愛い可愛い夏野菜らです。





table_s.gif





そして朝食、いつもの具沢山お味噌汁が戻って参りました。
筋張った成長し過ぎたオクラはやわらかく茹でてからバーミックスでピュレ状にし、お蕎麦のつゆとして無理矢理有効利用致します。

20190819 00007.png

久しぶりに主人の部屋のPCを立ち上げました。
途中までは調子良かったのですが、急にご機嫌斜めになって画像を取り込んでくれなくなってしまいました。
後半の画像が貧相なのはそんな理由です。




ま、そんなこともありましょう。

kit27.gif

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 14:32 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。