2019年07月25日

甘食みたいな風味、ホットケーキミックスとお豆腐のパン

美容師のたまチャンに貰ったハワイ土産のパンケーキミックス。
パイナップルとココナッツフレイバーのパンケーキミックスはそのパッケージもハワイっぽくて可愛いの。

お水を加えるだけで美味しいパンケーキ、ですが私はお水の代わりのお豆腐を足して。
ぷっくらと膨らんだ可愛らしいパイナップル風味のおしりパンなどいかがでしょう。

20190725 00008.png

その食感は素朴なまるで甘食、甘さも控えめで美味しいの。
表面にふりかけたのは薄力粉でなくストロベリー風味のプロテインパウダー。
ハーバライフ製のプロテインパウダーは、ちょっとオーブンで焼くとその香りが一段と華やか。

その華やかなプロテインの香り効果なのかは不明ですが、主人にはこのパンが“メロンパン”と認識されたようです。

・・・不思議な味覚ですこと。

20190725 00010.png

兎にも角にも、お豆腐とパンケーキミックスを混ぜるだけの簡単で素朴なおしりパン。
絹ごし豆腐を選ばれることが多いお豆腐パンですが、バーミックスでお豆腐をピュレ状にするので木綿でも絹ごしでもどちらでも平気。
とっても簡単です。

20190725 00009.png

以下の分量で手の平サイズのお豆腐パン3〜4個分といったところかしら。
今日は実家の母親ら3姉妹が集う持ち寄りランチの日ですので、小ぶりなおしりパン3つは母らへの差し入れです。





◆材料
  • パンケーキミックス 170g
  • 木綿豆腐 100g
  • ココナッツオイル 大さじ1

  • 仕上げ用のプロテインパウダー ストロベリー風味を適量
  • 成形の際、手の平にのばすココナッツオイル 適量

20190725 00007.png






◆作り方

  1. お豆腐はどっしりとしたタイプの木綿豆腐を常備しております。
    各社お豆腐の特徴は様々ですから、そこは量を加減して。
    バーミックスで滑らかなピュレ状にしましょう。

    20190725 00011.png20190725 00012.png


  2. パンケーキミックスを先ずは半量、細かなザルを通して1にふるい入れます。
    スパチュラでさっくりと混ぜ込み、程よく粉がなじんだところで残りをふるい入れましょう。
    同じくスパチュラで混ぜ込み、やや粉っぽさが残る段階でココナッツオイルを散らしましょう。
    スパチュラで混ぜ込んでなじませます。

    20190725 00014.png20190725 00015.png
    20190725 00013.png
  3. 手の平にココナッツオイルをぬって滑らかに捏ねましょう。
    きめ細かな生地になったら等分して丸め、オーブンシートを敷いた天板の上に間をあけて並べます。
    やわらかな生地なので、こまめにココナッツオイルを手にぬりながらの作業がお勧め。

    20190725 00016.png

  4. 茶こしでプロテインパウダーを表面にたっぷりとふりかけましょう。
    菜箸を中心にぐっと押し付けて溝を作り、溝の両端をちょっと摘まんで成形します。

    20190725 00017.png

  5. タイミングを見てオーブンを200℃に予熱しておき、成形した生地を速やかにオーブン庫内へ移しましょう。
    設定温度を170℃にして焼くこと18〜20分。

    20190725 00004.png

    ふっくらふくらんだ愛らしいこの形。
    網の上でしっかり冷ましましょう。

    20190725 00018.png

    クリームチーズか何かをサンドするつもりでおりましたが、このままで十分美味しいのでこれで出来上がりと致しました。

    20190725 00019.png






table_s.gif





お菜は・・・最近はこればかりですね、夏野菜のゼリー寄せ。
テリーヌ風やなんやらとその時々でそれらしい呼び方を致してはおりますが、要するにアガーで寄せ集めたゼリー寄せです。

今日は大好きな夏野菜、金時草のお浸しを有効利用。
金時草だけでなく、金時草色に染まったそのつけ汁をアガーでかためた色鮮やかなゼリー寄せです。

20190725 00003.png

これも母ら3姉妹の分を小さなプラスティックカップで3つ余分に。





作り方は極めて簡単です。
  1. メイソンジャーに作り置きしてあるお浸しや煮物、ピクルスを適当に詰め込みます。
    底にはネギの煮浸し、そしてトマトやアボカド・おくら、キュウリ等お浸しが続きます。
    間を埋めるようにビーツのピクルスや鶏胸肉の蒸し鶏、そして金時草のお浸しが最上部に。
  2. 金時草のお浸しのつけ汁を適量お鍋に移し、合わせ出汁でのばします。
    必要ならば白だし醤油を加え、ゆっくりと加熱してアガーをふり入れます。
    沸騰直前まで温めてアガーを完全に煮溶かし、1にそっと注ぎます。

    アガー液は室温でかたまります。
    冷めたら冷蔵庫に移して冷やして召し上がれ。

    20190725 00001.png20190725 00020.png
    20190725 00002.png





梅雨明けも間近でこれからどんどん気温も上昇することでしょう。
そして具を代え煮汁を代え、ゼリー寄せの登場頻度も益々上昇することでしょう。

20190725 00005.png






table_s.gif





今朝の主食は冷たいうどん。
夏は炊き立てのご飯や熱々の炊き粥より、どうしても冷たい麺類に心惹かれてしまいます。
加熱時間が短いのも魅力的ですしね。

20190725 00006.png

今朝はキュウリとお豆腐の麺つゆで。
何てことはない、キュウリとお豆腐、合わせ出汁をボールに合わせてバーミックスで一気に攪拌するだけです。
白だし醤油で彩り美しく味付けしたらお椀に張り、冷水でしめたうどんを盛りつけてトマトをトッピング、切り海苔をぱらり。





外は30℃越えの夏日との噂。
畑に行ってちょっと手入れをしなければいけないのですが、ひとりで行って何かあっても・・・ねぇ。

タイミング良く帰宅した主人が同行を名乗り出てくれました。
十分な飲み水を持って出かけますか、蒸し暑い畑へ。
お百姓さんハットと電池式ベープは必須です。

torisan01.gif

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 13:52 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。