2019年07月01日

まだまだプロテインラボ 〜 リベンジしましまプロテインゼリー

主人に連れられ、昨日は岐阜市内の小さなライブハウスに潜り込みました。
夕方から始まるライブの後は小さなバーで主人とデート。
浴衣でカラカラ下駄をならしながら主人とバーで一杯、なんてちょっと楽し気じゃない?

・・・そんなに世の中甘くありませんでした。
アンコールにたどり着くまでの長丁場に疲れ果て、歩く下駄の音までが陰鬱そのもの。
このまま離婚してしまうんじゃないかしら、そんな日曜の夜を経ての本日月曜日。

雨降ってなんとかって言うものね。
気を取り直して今朝もプロテインパウダーを手にしました。
前回少々不本意な出来 (☆彡) で終わったメロンとバニラプロテインの二層ゼリーのリベンジです。

20190701 00002.png

うん、大成功、今日は綺麗な層になりました。
アガーでフルっとかためたメロンのピューレとバニラプロテイン、グリーンと白の美しい層に仕上がりましたよ。
フレッシュメロンとバニラプロテインのしましまゼリーです。

20190701 00003.png

メロンのジュレが上と下で少々色合いが異なるのは、まぁご愛敬。
変色とは言っても致命的なものでもないし、そこに気付いた主人にちょっと驚きました。
細かなことは言いっこなしってね。

サンプル用に小さなしましまゼリーも。

20190701 00004.png

フルッとした食感には我ながら大満足。
甘さも程よく、昨日の疲れも癒えるというもの。





◆材料 (245tのメイソンジャー、110tプラスティックれふたつ分、3人分といったところかしら)
  • 直径14〜15cmのメロン 1/2個
  • レモン汁 小さじ1/2
  • アガー 小さじ1

  • 牛乳と豆乳 合わせて300t
  • バニラ風味のプロテインパウダー 大さじ3
  • 生クリーム 大さじ1
  • アガー 小さじ1

    20190701 00005.png


◆作り方
  1. メロンのアガー液を作ります。


    メロンの種を取り除いて果肉をスプーンでくり抜き、ボールで果汁を受けながらザルにとります。
    レモン汁を加えてバーミックスでピュレにしましょう。
    300tのメロンピュレが出来ました。

    1/3量程度のメロンピュレをお鍋に移してアガーをふり入れ、ダマにならないようスパチュラで丁寧に混ぜましょう。
    アガーが溶けたら少しずつ残りのメロンピュレを加えながら、中火で沸々するまで加熱します。

    1/4量弱をそれぞれの器に分け入れます。
    表面出来た泡はライターの火を近づけて消し、氷水で冷やしかためましょう。

    アガー液は室温でかたまってしまいます。
    残りのアガー液は熱めの湯せんにかけておきましょう。

    20190701 00009.png20190701 00010.png
    20190701 00011.png
  2. バニラ風味のアガー液を作ります。


    バニラ風味のプロテインパウダー・アガーを乾いたお鍋に合わせてスパチュラで丁寧に混ぜ合わせましょう。
    牛乳+豆乳を先ずは少量加えて混ぜ合わせ、なじんだところで残りの牛乳+豆乳を少しずつ加えて中火で加熱しながら混ぜ合わせます。

    沸騰直前まで温めたら火を止めてザルで濾し、かたまらない程度に少し冷ましてからしっかりかたまった1の上にそっと注ぎます。
    表面の泡は同じくライターの火を近づけて消し、氷水で冷やしかためましょう。

    20190701 00012.png20190701 00013.png
    20190701 00014.png
  3. 残りのアガー液はかたまらないよう常に湯せんしておきます。
    容器に流したアガー液が完全にかたまったら次のアガー液を流し、綺麗な層にしましょう。

    20190701 00015.png

    最後にメロンのアガー液を少量トッピングし、しっかりと冷やしかためて出来上がり。

    20190701 00008.png






table_s.gif





昨晩の疲れで今朝はまさかの6時起き。
普段より2時間も遅い起床です。
起きたら主人がキッチンの窓を開け、白湯も準備し、自分はいつものように仕事部屋に閉じこもって仕事を黙々とこなしておりました。

カレンダーに毎朝書き込む体重、体脂肪率、血圧、それを見ると昨晩の外食が祟って主人の体重は激増。
これにこじつけて今日のお昼は冷蔵庫の作り置き料理を各種詰め合わせ。

20190701 00001.png

次々収穫出来るキュウリは東海地方ではおなじみのキューちゃん漬けに。
しぼらないこちらのレシピがお気に入り ⇒ ☆彡

絶好調だったビーツもそろそろ収穫期に幕を閉じる頃。
レッドベルベットケーキ(☆彡)ニョッキ(☆彡)等々挑戦しましたが、何だかんだ言っても酢漬けにするのがいちばん好き。




  1. ビーツは葉っぱを切り落として綺麗に洗い、皮つきのまま圧力鍋で10〜15分蒸しましょう。
    粗熱が取れたら皮をむきます。
    キッチンペーパーで軽くこすれば、気持ち良いくらいに綺麗に皮がむけますよ。
  2. 米酢 200t・ノイリープラット(白ワインの代用です) 大さじ2・生砂糖 大さじ1・お塩 小さじ1・お好みのハーブやスパイス (私は少量残っておりましたお魚用のブーゲガルニを使いました) を合わせて火にかけ、お砂糖等が溶ける程度に温めます。
    煮立てる必要はありません。

    ビーツを漬け込んで冷蔵庫へ。
    今回はスライサーで厚めにスライスしてから漬け込んでみました。

    20190701 00016.png20190701 00017.png
    20190701 00018.png




table_s.gif





そんな訳で今日の朝食はその場しのぎのお座なりも良いところ。
主人が毎朝楽しみにしております胡麻油で炒めた茄子のお味噌汁も、今朝はズッキーニで代用です。

・・・あら、でも想像していたよりはイケるかも、ズッキーニのお味噌汁。
胡麻油でしっかり炒めてからお出汁で十分やわらかくなるまで煮たら、茄子ともまたちょっと食感の異なる独特な歯応え。

20190701 00006.png

でもやっぱり主人は茄子のお味噌汁の方が好きだと思います。






昨日のライブは過酷でした。
どの角度から切り込んでも私には到底なじめないその場所で、運の悪いことに昨日はツアー千秋楽。
観客とミュージシャンが一体となって文字通りの大盛り上がり。

立ちっぱなしで浴衣の半幅すら重く感じるは、下駄は痛いは、後頭部しか見えない主人が私を気遣って振り向くこともなければ、私の財布は主人の背中のバッグの中。
ライブ会場を抜け出してバーに行くことも出来やしない。

やはり体力を要するライブは私には不向きなことが判明致しました。
お酒を飲みながらスマホから流れるのを聞くのがいちばん、性に合わないジャンルにのこのこ出掛けた己の甘さにただ反省。





さ、明日はどのフレイバーのプロテインを試そうかしら。

sagi.gif
posted by しんさん at 15:22 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。