2019年06月17日

訳あってプロテインラボ 〜 プロテインパウダーアイスクリーム ストロベリー味

ふと思いついてアイスクリームなど拵えてみました。
ストロベリー風味の豆乳アイスクリームです。
いつもの手前味噌ではありますが大変美味しいです。

しかもこのストロベリー風味のアイスクリーム、材料はこちら。
プロテインパウダーです。

ストロベリー風味のプロテインパウダーにアロエドリンクと豆乳を加えて混ぜ、攪拌しながら冷凍庫で冷やしかためるだけの教科書通りのアイスクリーム。
なにも特別なことなど致しておりません。

攪拌途中は多少の粉っぽさが気になりましたが、その粉っぽさもやがては解消。
普通に美味しい、それでいて体に良さそう、しかも色合いも愛らしいストロベリーアイスが出来ました。

今現在固形物が食べられない点滴治療中の方の栄養補給に、サラサラのシェイクでは誤飲の恐れもあるからとたどり着いたプロテインアイスクリーム。

当初はゼリー状のものを考えていたのですが・・・
いえいえ、アイスクリームがOKならば断然こちらの方が手順も材料もシンプル簡単。
聞けばフレイバーも多種あるとのことで、これから楽しくなりそうです。
固形物が食べられるようになれば、フルーツやマシュマロを混ぜ込んだりしても楽しそう。

アイスクリームショップさながらの容器も可愛らしいでしょ?
100均製品ですよ。






レシピというのも気後れするほど簡単です。
アイスクリームメーカーを使えば更に簡単、誕生日プレゼントにねだってみようかしら。
ジップロックを使うという手もありますよ。
  1. 豆乳 300t
    アロエドリンク 大さじ1
    ストロベリー風味のプロテインパウダー 大さじ6

    以上を金属製のボールに合わせてよく混ぜ、後は冷凍庫へ。
  2. 時々丁寧に攪拌しながら滑らかに冷やしかためます。
    はい、美味しくて体に良いプロテインアイスクリームの出来上がり。

    冷やし過ぎてかたくなり過ぎてしまった時は、様子を見てアロエドリンクを大さじ1程垂らして少しやわらかくしてからから攪拌します。

    やわらかく練って容器に詰めれば出来上がり。
    色々なフレイバー、ジップロックver.も試してみたいと目論んでおります。











美味しいプロテインアイスクリームに気を良くし、調子にのって今朝焼いたのがこちら。
自称プロテインビスコッティです。

プロテインパウダーが食材として興味深く、本来の目的をすっ飛ばして焼いたビスコッティ。

薄力粉や卵、バター等を使えばもう少し器量も良く焼き上がったのでしょうが、兎に角プロテインパウダーとやらの性格を知っておきたかったので余計なものは足さず。
結果こんなみすぼらしい姿と相成りました。

そして何より想定外だったのはその甘さ。
考えれば当然なのです。
本来牛乳やお水、豆乳に混ぜて飲むプロテインパウダーに最低限の水分を加えに過ぎませんから。
その甘さときたら・・・
たとえ主人が想定内だと言っても、それは納得出来る甘さではありません。





ですがこんな失敗もあってのプロテインパウダーラボですからね。
備忘録。
  1. アーモンド・胡桃・カシューナッツはそれぞれ15g。
    余熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしておきます。

    ドライフィグ 40gを刻み合わせておきましょう。
  2. アロエドリンク 大さじ2
    豆乳 大さじ2

    をボールに合わせて混ぜ、ここにココア風味のプロテインパウダー 110gを加えます。
    シナモンパウダーも適量加えましょうか。
    スパチュラでさっくりと混ぜ込みそぼろ状になったところで1を加えて混ぜましょう。
  3. オーブンシートを敷いた天板に移してまとめ、190℃に予熱したオーブンに移します。
    先ずは設定温度170℃で15分。

    一旦オーブン庫内から取り出して切り分け、断面を上に途中裏返しながら160℃で20分。
    網の上で冷ませばカリッと仕上がります。

    それにしても生地の甘さに加えてドライフィグのこの甘さ。
    ただし香りは抜群に良いです。
    聞けばこの甘みも人工的なお砂糖の甘さではなくビーツで補っているそう。
    ちゃんとしています。






チョコレート風味の甘い甘いプロテインビスコッティを主食に、本日のお弁当。






  • いよいよ畑のズッキーニが収穫期を迎えております。
    旧畑から株分けしながら植え替えたルバーブも皆順調、ルバーブも大豊作の兆しです。
    昨日収穫したルバーブの大部分はジャムに致しました。
    主人の大好物ですからね。

    画像は春先に主人が植えたじゃが芋、初収穫の記念すべき画像。

    ジャムにしなかったルバーブをザクザク切ってお鍋に移し、てんさい糖をふってお鍋の蓋をぴったりしめて蒸し焼きに。
    ルバーブはすぐにやわらかくなりますからね。
    水気がしっかり出たところで細かな切れ目を入れたズッキーニ、鯖缶を加えてお塩をちろり。
    ルバーブの酸味が鯖によく合います。

    掘ったばかりのじゃが芋は皮をこすり落とします。
    ちび玉ねぎのお尻に切れ目を入れてトマトや人参と一緒に圧力鍋へ。
    鯖缶の缶汁を加えて2〜3分加圧します。

    夏野菜に満ち満ちた今日のお菜でした。










最近、朝のお味噌汁が美味しくて仕方がありません。

大きく輪切りにした茄子を皮つきのまま胡麻油で炒め、煮干し出汁を注いだ雄々しいお味噌汁。
お豆腐や玉ねぎ、マイタケ等々、具はいつも同じで相当な具沢山。
お茄子一個でお口がいっぱいになるお味噌汁、主人と隣り合わせでうっとり味わいます。

週末、多治見に行った帰りに買った栗甘納豆。
栗きんとんで知られた “すや” さんの栗甘納豆は甘さも程よく栗の存在感が健在です。
主人が淹れてくれる渋めのほうじ茶にぴったり。





いんげんやピーマンの一部、ミニトマトの一部は自家製野菜です。
目下のお気に入りは丸ごとピーマンの焼きびたし。

軽く爪楊枝で突いたピーマンをオーブントースターで焼き、熱いお出汁にどぼんと漬け込むだけ。
ヘタを取り除くだけで種もしっかり残っていますがそこがまた美味しい。
ひと口でガブっと食べると、お口の中で冷たいお出汁がピーマンから溢れます。





今週分の作り置き料理もばっちりです。
プロテインパウダー研究所、PPLの活動も意欲的にこなさねば。
先ずは主人にアイスクリームメーカーの申請をしよう。
しばらくプロテインパウダーで楽しめそうです。

posted by しんさん at 13:56 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。