2019年06月12日

冷凍卵白のお片付け 〜 ズッキーニブレッド

主人の誕生日にアイリッシュウィスキーのアイスクリームを拵えたのは先月のこと ⇒ ☆彡
その時使った卵黄5個分、卵白は冷凍しておきました。
先日、その冷凍卵白2個分を使ってココア風味のメレンゲクッキー (☆彡) を焼きました。

残った冷凍卵白3個分を使って、今朝はズッキーニブレッドを焼いてみましたよ。

マフィン型で焼いた全粒粉のズッキーニブレッドです。
もちろん使ったズッキーニは自家製。
ずんぐりした器量の悪い自家製ズッキーニを鬼おろしでおろし、全粒粉生地にたっぷり加えました。

バターは使っておりませんが、アーモンドプードルを加えた生地は風味豊かです。
ズッキーニに負けないくらい胡桃やアーモンド、ナッツ類もたっぷりです。

お砂糖は久しぶりにココナッツシュガーを使ってみましたよ。
最近は生砂糖ばかり使っておりましたが、今ココナッツシュガーの美味しさを再確認致しております。
うん、やっぱり美味しい、ココナッツシュガー。

こうしてズッキーニブレッドと呼んではおりますが、はてさて本来のズッキーニブレッドとは?
そんな疑問を抱かずにはおられません。
だって自作以外のズッキーニブレッドを食べたことがないのですから、私。

卵白だけの軽い食感、全粒粉とアーモンドプードルを使用したズッキーニブレッド。
パウンド型で焼くよりマフィン型で焼いたこの形がお気に入り。

今シーズン畑のズッキーニは絶好調、大豊作の兆しです。
ズッキーニブレッドを更に掘り下げるのも楽しそう。





以下の分量でWILTON製のレギュラーマフィンパン6個、+小さな紙コップに1個分。
  1. 全粒粉薄力粉 60g
    アーモンドプードル 30g
    グラハム粉 10g
    ベーキングパウダー 小さじ1/2
    シナモンパウダー 適量

    以上を合わせ、ざっくりザルでふるっておきます。
  2. アーモンドと胡桃は合わせて50g。
    予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストし、粗く刻んでおきましょう。

    マフィンパンにバターを薄くぬり、薄力粉を全体に薄くふっておきます。
    使うまで冷蔵庫に。

    ズッキーニは正味180g弱。
    皮つきのまま鬼おろしですりおろしておきます。
    水気が出ないよう使う直前にすりおろします。

  3. 冷凍卵白は3個分。
    半解凍状態にまで戻して泡だて器でざっくりほぐします。

    軽く泡立てたところでココナッツシュガー 50g・お塩ひとつまみを加え、更に泡立てて艶やかなメレンゲ状に。

  4. ズッキーニとナッツ類を合わせ、ふるった粉類からスプーン1杯分程度をまぶします。
    これを3の卵白に加え、底からすくうように混ぜ込みましょう。

    6分通り混ざったところで、残りの粉類を2〜3回に分けて加えます。
    メレンゲをつぶさないよう、底からすくうように混ぜ込みます。
    最後にオリーブオイル 20gを加えて混ぜ込みます。

  5. マフィンパンに生地を流し、底を打ちつけてしっかり空気抜きをしましょう。

    タイミングを見て200℃に予熱しておいたオーブンに素早く移し、設定温度を170℃にして綺麗な焼き色がつくまで焼くこと20〜25分。
    おまけの紙コップver.も綺麗に焼き上がりました。

    網の上で冷ましましょう。

    ここ数日間の雨で畑のズッキーニも随分大きくなっていることでしょう。
    器量の悪い自家製ズッキーニでも全く問題なしのズッキーニブレッド。
    今年の夏は登場頻度も急上昇することでしょう。











オーブンも温まっていることですし、オーブンを使ってもう一品。
夏野菜のオーブン焼き、ズッキーニブレッドに添える野菜たっぷりのお菜です。
ミックスオリーブのオイル漬けをオイルごと使った極めて簡単なお菜。






  • 茄子、トマト、シイタケ、玉ねぎ等々をビニール袋に合わせましょう。
    ミックスオリーブのオイル漬けをオイルごと加え、刻んだアンチョビも加えてお塩を少々。
    優しく全体になじませたら、琺瑯容器に彩りよく並べましょう。

    180℃のオーブンで20分ほど焼けば出来上がり。
    あら、簡単。











朝食です。

今週もイワシの南蛮漬けは仕込んであります。
いつもはイワシに米粉をまぶして焼くのですが、今回はおからパウダーをまぶしてみました。
目立った違いは今のところ見当たりませんが、漬け酢の濁りが穏やかな気が致します。






  • 時間のある時に甘酢に野菜を合わせておき、イワシが手に入ったら焼いて甘酢漬け野菜と合わせるだけ。
    いちどにやると大変ですが、こうしてちょこちょこと小分けにしておけば楽ちんですもの。
    お猪口やワイングラス片手でもストレスなしです。




  • 形も大きさもバラバラな自家製ズッキーニはミニトマトと合わせてお浸しに。

    圧力鍋に調味料とお出汁を合わせてひと煮立ち。
    ズッキーニを加えて圧をかけ、ひと呼吸おいたら火を止めます。
    圧が抜けたら、爪楊枝等で軽く突いたミニトマトを加えます。

    皮をむかなくても、これでペロンっと皮がめくれますからね。
    皮が気になるなら食べる時にペロッとむけますものね。
    冷蔵庫で冷やして召し上がれ。






今日から箸置きがゴーヤになりました。
母の沖縄土産、ゴーヤの箸置きです。
下手な字で “ゴーヤ” とわざわざ書いてあるところがお気に入り。

さ、明日は梅干し仕事に取り掛かりましょう。

posted by しんさん at 14:36 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。