2019年04月23日

甘酒を調味料に 〜 ライ麦パンサンド

甘酒を拵えるつもりでほんの1合分程度を残しておいたもち米。
この陽気ですし、そろそろ梅干しや甘酢漬けラッキョウの保存スペースを確保しましょう・・・
そうコンロ下を整理していて気付きましたよ。

ならばと早速拵えた甘酒に主人は大喜び。
早朝のお仕事の合間、甘酒のおこぼれを期待してはちょこちょこキッチンに顔を出します。
味見も程々にしないと、甘い甘酒を使った本日のお弁当、サンドウィッチの具が少なくなりますよ。

やわらかな自家製の春キャベツ、自家製の甘い甘酒で和えてサンドウィッチのフィリングに。
春キャベツならではの優しい食感に甘酒の自然の甘み、色合いも優し気で、うん、春キャベツの新しい魅力発見といったところ。

キャベツと甘酒のコンビがこんなに美味しいのならば、他のものでも試してみたくなるのが心情。
ささ身の茹で鶏にも甘酒を合わせてフィリングに。

これだけではちょっと味がボケるかな?
塩味が欲しいな・・・と冷蔵庫を覗いたら、良いものがありましたよ。
ペコリーノロマーノの塩気で全体をキリリと引き締めましょう。
春キャベツとアボカドのサラダにペコリーノロマーノを散らして3番目のフィリングに。

あれもこれもと挟んだ結果、3段重ねのライ麦パンサンドと相成りました。

ほんのり甘いキャベツとチキン、そしてチーズの塩気がアクセントのライ麦パンサンド。
甘酒とキャベツ、甘酒と鶏ささ身、アボカドにチーズ・・・
少々意外な一か八かの組み合わせではありましたが、うん、これはありです、美味しいです。

そしてまた甘酒を仕込もうと企んでいる次第。
もち米は使ってしまいましたから、今度は所謂 “はや作り” 、米麹だけで仕込みますけどね。





ヨーグルトメーカーを使った甘酒作りは本当に簡単。
今回はもち米と米麹を合わせた甘酒です。
  1. もち米は1カップ。
    普通に洗い、300tのお水に半日浸してから火にかけます。
    煮立ったら弱火にし、蓋を少しずらして10〜15分ほど。
    艶やかなお粥を炊きます。
  2. 1をボールに移し、丁寧に混ぜながら60℃まで下げましょう。
    米麹 150gを加えてよく混ぜます。

    今回使用した米麹は愛用しております麹味噌屋さんのもの。
    ほぐした状態で販売されておりますが、そうでないタイプなら丁寧にほぐしてから加えます。
  3. ヨーグルトメーカーに移し、60℃で9時間。
    寝ている間に甘い甘い甘酒に仕上がりました。

    今日使う分だけを少量残し、後は小分けにして冷凍保存しておきましょう。
    これから暑くなる夏場、甘酒で体力維持しないとね。
    もし夏バテに見舞われるようなことがあれば、ですけどね。






出来立てほやほやの甘酒を調味料代わりに使って、本日のサンドウィッチを作りましょう。
  1. 無塩タイプの醗酵バターを室温に戻しておきます。
    蜂蜜・ひとつまみのお塩を加えてよく練り混ぜておきましょう。
  2. 春キャベツは芯の部分を切り落とし、お塩を加えた熱湯でさっと数秒茹でます。
    あっという間にやわらかく色鮮やかに茹で上がるので、ほんの数秒、しゃぶしゃぶ程度。
    繊維を断ち切るようにざく切りにし、キッチンペーパーで包んで水気をしっかり絞りましょう。
    甘酒で和え、バターをぬったライ麦パンにたっぷりとひろげます。

    切り落とした芯の部分は朝のお味噌汁に有効利用。

  3. 鶏ささ身の茹で鶏は予め準備してあります。

    たっぷりの熱湯にお酒と少量のお塩を加えて再度煮立て、室温に戻しておいた鶏ささ身をひとつずつ出来るだけ重ならないよう入れるだけ。
    蓋をぴったりして火を止め、そのまま放置して余熱でしっとりと火を通します。
    日持ちはしませんが、茹で汁ごと冷蔵保存すると何かと重宝します。

    ざっくりとほぐし、バターをぬったライ麦パンを重ねた上に散らしましょう。
    甘酒をソース代わりにたっぷりと。

  4. アボカドをフォークでざっくりつぶし、甘酒で和えた春キャベツを加えます。
    みじん切りにした新玉ねぎも加えて和え、バターをぬって重ねたライ麦パンの上にひろげましょう。

    ペコリーノロマーノをフォークでざっくりと崩し、たっぷりと上に散らします。

    ラップでぴったりと巻き、軽い重石をしてしばらくおきます。
    具とパンがなじんだところで、ラップごとパンナイフで切り分けましょう。

    甘酒とは気づかれない、それでもいつもとは明らかに異なる味わいのライ麦パンサンド。
    甘酒の底力を再確認した冒険サンドウィッチでした。











ヨーグルトメーカーの容器の底に少量残った自家製甘酒。
ペロッとつまみ食いして片付けようかとも思いましたが、そこは回避してせっかくなのでもう一品。
人参の甘酒和えなどいかがでしょう。
自家製の甘酒に酒粕を足した、ほんのり甘い人参の和え物です。






  1. 酒粕はやわらかなタイプを使っております。
    電子レンジでやわらかくなるまで加熱し、アルコール分をとばしておきましょう。

    人参はピーラーでリボン状にスライスし、少量のお塩を揉み込んでしんなりするまでしばらくおきます。
  2. アルコールを飛ばした酒粕を甘酒でのばします。
    しんなりした人参をここに加え、レーズンと胡桃を加えて和えましょう。
    胡桃は予め予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしてあります。

    はい、出来上がり。











今朝の主食はかまたまうどん。
隣で主人がお口いっぱいに頬張って、うっとり目を閉じ愛おしそうに噛みしめております。

次はお味噌汁?イワシの南蛮漬け?
どれにしようか主人の目がワクワクと泳いでおります。
迷い箸でもないので戒めることもできません、笑ってしまうだけ。

ヨーグルトには金柑の蜜漬け、その脇に甘酒が添えられているのを見てまたニンマリ。
主人の食事風景を見ていて飽きることはありません。





ヨーグルト用の木匙に乗った小さなおやつ。
今日は主人の淹れてくれるほうじ茶によく合う京都俵屋旅館の福俵。
主人の入院中、私ひとりで楓の間に宿泊した際の小さなお土産。
あの時からまだ2週間とちょっとしか経っていないんだなぁ。

主人の入院中、口寂しいだろうと差し入れたイソジンのど飴。
今二袋目のイソジンのど飴が主人の仕事机の上に目薬と一緒に置いてあります。

posted by しんさん at 13:59 | Comment(0) | お弁当日記 〜 市販のパンで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。