2019年01月23日

盛り付けセンスが残念な春色おから寿司

いわゆる何とか栄えとかフォトジェニックなどという言葉にはあまりご縁がありませんが、時々はふと可愛らしいロマンティックなお料理も拵えてみたくなるのが心情というもの。

・・・目の付け所は悪くなかったと思うのです。
赤大根の甘酢漬けの下にうっすら透けるしめ鯖とアボカド、花びら型のゆり根とザクロを散らしたフォトジェニックなおから寿司。

何かしらの理由でぐぐんっと体重が増加してしまった日。
我が家のお昼の定番メニュー、酢飯の代わりにおからを使ったおから寿司です。

本当にね、見た目もまずまず。
それ以上にこの甘酢漬け・しめ鯖・スライス玉ねぎを従えたアボカドの組み合わせは何より美味しい。

とても美味しいのだけれど、つい欲張ってあれもこれもと盛り付けてしまうところが残念なところ。
フォトジェニックな画像から縁遠い理由ですね。





もう何度拵えたかもしれないおから寿司。
おからは100gずつに小分けして常に冷凍保存してあります。
有り合わせの具でどうにでもなるところも魅力的。
  1. テフロン加工のお鍋やフライパンに卵1個・寿司酢 (☆彡) 大さじ3を合わせます。
    よく混ぜ合わせたところにおから 100gを加えて混ぜ、徐に中火で乾煎りしましょう。
    さらりとしてきたら、ざっくり砕いた胡桃を加えてもうひと加熱。

    粗熱がとれたら6〜8等分してざっくりと丸めておきます。

  2. 具は赤大根の甘酢漬け、そぎ切りにしたしめ鯖、アボカド、そしてアボカドの変色防止のためのスライス玉ねぎ。

    順に大きめにカットしたラップの上に重ね、最後におからをのせて茶巾の要領で握ります。
    形を整えてクリップで留め、しばらくおいておからと具をなじませましょう。

    座りが良いよう底になる部分をちょっと平らに整えながら、そっとラップを外して出来上がり。
    ゆり根の花びら (☆彡) とザクロの実を散らします。











農協の朝市で手に入る 『規格外』 の野菜が大好きです。
形が歪で葉っぱ側上半分だけの大根が1本50円、大小様々な金時人参がぎっしり詰まって200円未満、器量の悪い野菜ウェルカムです。

先日見つけた規格外は、ソフトボール大の小ぶりなキャベツ。
2玉入って60円って、ねぇ。
早速ひと口サイズのロールキャベツを拵えてお弁当のお菜に。

フィリングは昨日のベーグルサンド用 (☆彡) に焼いた謎の緑色のパテ。
ひじきやらイワシの煮物やら、手当たり次第フードプロセッサーに合わせてハンバーグよろしく焼いて仕上げたもの。

ロールキャベツのフィリングとしてこれだけではあんまりなので、鯖缶を追加してみましたよ。





  1. キャベツの葉っぱを丁寧にめくり、しんなりするまでレンジ加熱して冷ましておきます。
    冷めたら芯の部分をスプーンの背等でつぶしておきましょう。
  2. 昨日の緑色のパテ・刻んだマイタケと塩漬け大根葉・おから・たっぷりのおろし生姜等をビニール袋に合わせて揉み混ぜ、キャベツでくるりと包みましょう。

    巻き終わりを下にしてきっちりと圧力鍋に並べます。
    キャベツの下には、面取りした大根と人参が敷き詰めてあります。
    キャベツの隙間も面取り大根と人参で埋めましょう。

    ひたひたのお水・白だし醤油・極少量のオイスターソースを加えて3分加圧。
    はい、今週の常備菜も同時に出来上がり。











面取り大根と人参の切れっ端をお味噌汁の具にして、鯖缶の残りもお味噌汁に有効利用して、いつものお椀から溢れんばかりの具沢山お味噌汁を今朝も主人はうっとりすすります。

今朝の主食は主人が愛して止まない釜たまうどん。
興奮してムセるのはお止めなさいね。
歳も歳だし、やがては文字通りの命取りになり兼ねませんからね。

今日は帰りが5時頃になるからと気合を入れて自宅を出た主人。
主人にしてはゆっくりな帰宅時間に、私ものんびり午前中かかって常備菜を拵えたりしておりました。





あら?
予定変更?
間もなく帰宅?
約束していたミッシェルブランのケーキも、あら?予定外の今日は定休日?

がっくりと肩を落とす主人を見て、こればっかりは笑う気になりません。
可哀そうに、お気の毒に。
予定していたケーキは流れてしまったけれど、今夜はちょっと小洒落たパスタなんて拵えましょうか。
マンハッタンをスターターに、先程カリフォルニアから届いたワインの試飲でもしましょうか。

時間の無駄も大いに必要ですよ。
そんなにがっかりしないで、ね、主人。

posted by しんさん at 15:32 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。