2018年10月16日

柿とチキンのサンドウィッチ 〜 自家製の全粒粉さつま芋食パンver.

見よう見まねで楽しんでおります自家製酵母、とそれに伴う全粒粉パン。
今週は何で酵母を起そうかしら、酒粕?レーズン?

週末ルーティンともなりました納豆とヨーグルトの仕込みが終わり、ヨーグルトメーカーが空いた今。
この間にヨーグルトメーカーで天然酵母を仕込むつもりでおりましたが、そうも出来ない事情が発覚。
今まで焼いた全粒粉パンで冷凍庫がいっぱいです。

・・・という訳で、天然酵母を仕込むのはもう少し後にして、先ずは在庫の自家製パンのお片付け。
先月焼いた全粒粉の干し芋パン (☆彡) を解凍し、本日のお昼はサンドウィッチと相成りました。

全粒粉100%の生地に、たっぷりと自家製の干し芋を練り込んだ全粒粉干し芋食パン。

これは天然酵母仕込みではありませんが、極少量のインスタントドライイーストでじっくり時間をかけて醗酵を促したお気に入りの食パンです。
イースト臭もなく、シナモンの香りがフワフワと鼻腔を刺激します。





小ぶりな干し芋食パンがはち切れそうな具沢山サンドウィッチ。
たっぷりのクリームチーズを始め、今が旬の柿、クレソン、鶏胸肉のローストとフィリングも賑やか。

柿のオレンジとクレソンのグリーン、色合いだけでもワクワクしてしまう組み合わせでしょ?
小ぶり、だけど具沢山のサンドウィッチを主人と半分こ。
ざっくり2等分した断面を見てちょっと勝ち誇った気分、そう、この瞬間がサンドウィッチの醍醐味。






作って楽し、断面を見て楽し、そして何より食べて楽し、主人のメッセージを見て楽し。
うん、やっぱりサンドウィッチがお弁当の日はいつも以上に楽しいものです。

柿とチキンとクレソン、クリームチーズ、穏やかに甘い干し芋全粒粉食パンのサンドウィッチ。
フルーツを組み合わせると、いつものチキンがぐっと華やぎます。
早く在庫の冷凍パンをお片付けして、自家製酵母のパンを焼きたいのも山々ですけどね。






鶏胸肉のローストは、低温のオーブンでゆっくり湯せん焼きにします。
時間はかかりますが手間はかかりませんので、何かの片手間に前日済ませておきます。
なので今朝は本当に楽ちん。
  1. 鶏胸肉は脂肪部分を丁寧に取り除きます。
    全体をフォーク等で突き、お好みのシーズニングスパイスをすり込みましょう。
    今回はベトナム土産のシーズニングスパイス、レモン風味のローストチキンに仕上げます。

    皮面を上にして網に並べ、表面に極少量の蜂蜜をぬります。

  2. 天板の上に大きめに切ったアルミホイルをひろげ、網を乗せます。
    アルミホイルの4辺を折り上げ、天板にお湯を注ぎましょう。
    130℃のオーブンでゆっくり50分湯せん焼きにします。

    焼き終わったらアルミホイルで鶏胸肉を包んで休ませましょう。






ローストチキンは出来ています、パンも解凍済み。
今朝はここから、楽々です。
  1. 冷凍してあった干し芋食パン (☆彡) を冷蔵庫に移して解凍し、トースターでカリッとトーストして冷ましておきます。

    表面にたっぷりとクリームチーズをぬり、片方にはフルールドセルをちろり。
    もう片方には乾燥ラベンダーを極々少量ちろり。
    皮をむいて薄切りにした柿をたっぷり並べましょう。

  2. 昨晩焼いたローストチキンも十分落ち着いております。
    薄切りにし、柿の上にこんもりと盛ったクレソンの上にたっぷりと並べましょう。

  3. フィリングが飛び出さないよう、程よく圧をかけながらラップできっちりと包みましょう。
    適度な重石をしてしばらくおき、パンとフィリングがなじんだところでラップを取り除きます。

    2枚つなげたワックスペーパーで器量良く包みましょう。
    ワックスペーパーのつなぎ目が後々の断面と交差するよう、これだけは気をつけて。
    後はワックスペーパーごとパンナイフで2等分。
    断面を見てにんまり致しましょう。











サンドウィッチで残った具を使ってお弁当のお菜。
具沢山サンドウィッチに負けないくらい具沢山のサラダを拵えましょう。

自家製ズッキーニのピクルスやマッシュルームのオリーブオイル漬け等、冷蔵庫に鎮座している保存食を使うのでこれまた簡単、ちょちょいのちょい。






  • 胡桃は150℃のオーブンで10分ほどローストして冷まし、ざっくりと砕きます。
    ブルーチーズはよく冷えた状態でフォーク等で崩しましょう。

    サンドウィッチのフィリングにもした鶏胸肉のローストは、ざっくり大きく手で裂きます。
    クレソンは手でザクザクちぎりましょう。
    ズッキーニのピクルス、デーツ、柿は大ぶりのさいの目切りに。
    マッシュルームのオリーブオイル漬け (☆彡) はオリーブオイルも一緒に。
    ちょっとカサ増しに、市販の蒸し豆ミックスも使いましょうか。

    全部を合わせて混ぜるだけ。
    保存食やブルーチーズの塩気があるので、特に味付けはせずとも満足な味に。











週末、カレーに使おうと買ったカボチャ。
ですが、ふとシンプルな煮付けが食べたくなってカレーに使わず冷蔵庫へ。
今朝そのカボチャをそそと取り出し、白だし醤油で煮て作り置き料理にしました。

今朝のお味噌汁には、面取りしたカボチャの切れ端が具の一員として加わっております。

夏の名残のピーマンは大好きな煮浸しに。
お口のなかでパンパンに詰まった煮汁が弾けます。

今朝の主食は主人お気に入りの釜たまうどん。
ネギの在庫がないので、今朝はあおさver.。
あおさ大好き。





主人からのカエルコール (え、死語?) がありました。
間もなく主人の帰宅時間です。
本日のお弁当備忘録はここまでと致しましょ。

posted by しんさん at 13:16 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。