2018年08月03日

カボチャたっぷり どっしりシフォンケーキ 〜 もちろん全粒粉ver.

先日ふと甘いものが食べたくなって、食事の支度片手間のお座なりなシフォンケーキを焼きました。
紙コップに3つ焼いたシフォンケーキ。
それが思いのほか美味しくて、主人に内緒でひとりでふたつ食べようとした程。
もちろん美味しいと思ったのは私だけではなかったようで、ちゃっかり主人と半分こしたのですけど。

今日はその時のシフォンケーキの応用編。
カボチャをたっぷり使ったシフォンケーキです。

生地にカボチャを混ぜ込んだだけでは物足らず、カボチャクリームをたっぷり注入してみました。
なので、手にした瞬間ズシっと重さを感じるシフォンケーキに仕上がっております。

ね、たっぷり。





定期購入しております宅配野菜の中にあった小ぶりなカボチャ。
本来ならば、日持ちする丸ごとカボチャですので来週あたりに包丁を入れるつもりでおりました。
ですがこのカボチャ、ずしっと重さもあって器量も良くて、お料理したくて仕方がなかったのです。

ほら、思った通り、眩しいほどのカボチャ色。
小ぶりながらカボチャを1/2個たっぷり使ったシフォンケーキ、素敵じゃない?





もちろん生地は全粒粉100パーセント。
こうして、全粒粉でベーキングパウダー無しのケーキ作りが板についてしまうと、今まで何の疑問もなく当然のようにベーキングパウダーを使っていた理由って何だったんだろ?
・・・そんな風にさえ思えてしまいます。

カボチャと相性が良い (・・・と勝手に個人的にそう思っております) ココナッツシュガーを使用した安心カボチャのシフォンケーキ、存在感ある粗めのカボチャがまた素朴でよろしい。
いつもの手前味噌ながら上々の焼き上がりです。

ココナッツシュガーの穏やかな甘みがカボチャにぴったりですよ。





とっても簡単です。
紙コップに控えめな4つ分ですよ。
  1. この器量良しなカボチャを1/2個分使います。
    皮とワタがついた状態で400g強。
    皮を厚めにむいた状態で280g弱になりました。

    適当な大きさに切り、電子レンジでやわらかくなるまで加熱しましょう。
    ザルに移して自然に水気をとばしながら粗熱をとり、バーミックスでざっくりマッシュします。

  2. 卵白 2個分
    ココナッツシュガー 20g
    を合わせ、しっかりと泡立ててメレンゲにします。

    ココナッツシュガーはやわらかく戻したるする必要もなく、そのまま使って平気でした。
    出番まで冷蔵庫に。

  3. 卵黄 2個分
    てんさい糖 5g
    太白胡麻油 大さじ1
    炭酸水 大さじ1

    以上を別ボールで順に合わせ、その都度しっかりと泡だて器で混ぜ合わせましょう。
    つぶしたカボチャのうち、140gを加えて更に泡だて器で混ぜ合わせます。

    最後に、予め合わせてふるっておいた

    全粒粉薄力粉 40g
    すりおろしたナツメグ・シナモンパウダー 各適量

    を一気に加え、気にせず泡だて器で混ぜ合わせましょう。

  4. 冷蔵庫に入れておいたメレンゲを合わせます。

    先ずはメレンゲの1/3量程度を3に加え、泡だて器で混ぜ合わせます。
    これをメレンゲのボールに戻し入れ、泡だて器からスパチュラに持ち替えて、メレンゲをつぶさないよう底からすくうように混ぜ込みましょう。

    紙コップに生地を流し入れます。
    予め紙コップに浅く切り込みを入れておくと、食べる時に紙コップを簡単に破ることが出来ますよ。

  5. 底を打ちつけて空気抜きをし、190℃に予熱したオーブンに移します。
    設定温度を170℃にして20分焼きましょう。
    焼き上がったらオーブン庫内から出し、逆さにせずそのまま冷まします。
    当然しぼみますが、そこが狙いです。

    冷ましている間にカボチャクリームを準備しておきましょう。
    カボチャクリームなどと大層なものではありませんけどね。
    少量ココナッツシュガーを加えて生クリームを泡立て、残ったカボチャを加えて混ぜるだけ。
    口金をつけた絞り出し袋に入れておきます。

  6. 口金を生地にぐっと突き刺し、クリームが溢れてくるまで絞りだします。
    想像以上にたくさん入りますよ。

    仕上げに茶こしで和三盆をふって出来上がり。

    カボチャクリームがぎっしり詰まったカボチャシフォンケーキ。
    甘さをぐっと控えてあるので、カボチャの存在感が顕著です。











器量の良いカボチャを育てるのって、意外と難しいのです。
いえ、単に私の技術不足なだけかもしれません (多分そうです) が、こんな小ぶりで歪みもなく皮も綺麗なカボチャをオーガニックで育てるなんて・・・近藤ファームさん、これからもお世話になります。

という訳で、厚めにむいたカボチャの皮をお弁当のお菜にしました。

今週最後のお弁当はカボチャ祭りといったところ。
オーブンでカリッツカリに焼いたカボチャの皮は、ビールにおつまみとしても良さそう。





  1. 厚めにむいたカボチャの皮をスティック状に切ります。
    あまり細く切ると焦げてしまうので、そこはカンで (いい加減です) 。

    オーブンシートを敷いた天板に上に重ならないよう広げ、110℃で20分空焼きしましょう。
    予熱は要りません。
  2. 乾いたカボチャの皮をビニール袋に移し、極少量のオリーブオイルを全体にまぶします。
    次いですりおろしたペコリーノロマーノを加えてまぶしましょう。

    再度オーブンシートを敷いた天板にひろげ、カリッとするまで160℃で15〜18分焼けば出来上がり。

    ここでも予熱は不要です。
    ペコリーノロマーノでなく、単にお塩だけでも美味しそう。











お昼の食材は極端なほどカボチャに傾いてしまいました。
なので朝食は多品目で。

・・・と行きたいところではありますが、週末を前に食材のお片付けが進んでおります。
その上、作り置き料理も週末に伴い品薄状態、イワシのお酢煮も昨日で片付いてしまいました。

なので今朝は久しぶりにしめ鯖が登場。
アボカドと青紫蘇のソースで召し上がれ。

主食は主人のご要望により素麺です。
キュウリの水キムチと香酢を合わせた冷たいスープをたっぷり素麺に合わせます。
もちろん実山椒の醤油漬けも忘れずに。





目下服用中のタケキャブ錠に加え、新たな薬が追加されました。
事の発端は数日前、右手の薬指に出来たふたつの小さな小さなポッチ。
虫刺されかと思い、主人にオロナインをぬってもらって就寝しました。

その翌日、ふたつだったポッチが増えているのに気づき即皮膚科へ。
明らかに大袈裟だと言いた気な主人を尻目に、受診の結果はなんとヘルペス。
放っておいたら薬指がタコのようなことになっていたかも・・・病院好きで良かった。





ヌリヌリとビダラビン軟膏をぬり込みながら、ほっと胸をなで下ろした小さな出来事でした。
さ、主人が間もなく帰宅しますよ、仕事部屋を空けましょうね。

posted by しんさん at 14:22 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。