2018年04月05日

色に和むデコポンのマフィン

少し前のことですが、主人がデコポンを沢山抱えて帰宅致しました。
何でも、お仕事の関係の方からの頂き物だとか。

皮をむくのも手で楽々、しかも柑橘系の中でも甘みの強いデコポンは大好きな果物のひとつ。
そろそろお片付けの時期が近づいてきたようですし、一部はドライフルーツに致しましょう。
そして本日のお弁当は、デコポンを使った彩りも軽やかなマフィンなどいかがでしょうか。

この時期に多く出回る緑色の葉野菜にも気持ちが和みますが、やはりビタミンカラーというだけあってこの鮮やかなオレンジ色には自ずと心が華やぎます。
たとえそれが少々不格好なマフィンでも、ね。

ノイリーと蜂蜜で軽く風味付けしたデコポンを型の底に敷き詰め、生地を流し込んで焼くだけ。
デコポンの果汁をたっぷり含んだバターケーキ生地には、全粒粉を多めに混ぜ込みました。
ビタミンカラーに全粒粉の栄養価、うん、ちょっとだけ元気になれそうなマフィンです。

あ、私は至って健康で元気ですけどね。
以下の分量で、小ぶりなマフィン 6つ分です。





  1. デコポン 1個の皮をむき、厚さ1cm程度の輪切りにします。
    端の方は適当にざく切りにしてボールに合わせ、ノイリー 大さじ1・蜂蜜 10gを加えましょう。

    ふんわりとラップをし、600Wの電子レンジで2分加熱します。
    そっと全体を混ぜ、型の底に敷いておきます。
    ボールに残った煮汁は後ほど使いますので残しておきましょう。

    私のマフィンカップはギザギザのついたお花型のシリコン製。
    洗いにくいので、壁面にはオーブンシートを敷きます。
    あぁ、金属製の丸いマフィンカップに買い替えたい。

    風味付けにノイリーを常備しておくと意外と重宝します。
    お菓子だけでなく、お料理にも幅広く使えますので。
  2. 卵 1個は予め室温に戻しておきます。
    軽く溶きほぐしたところに、てんさい糖 45gを2〜3回に分けて加え、泡だて器で混ぜてしっかりと空気を含ませましょう。

    無塩タイプの醗酵バター 50gを湯せんにかけて溶かし、少しずつ加えながら泡だて器でもったりするまで泡立てます。

  3. 全粒粉タイプの薄力粉 40g
    ノーマルな薄力粉 30g
    ベーキングパウダー 小さじ1

    以上を合わせてふるっておきます。
    ふるった粉類を1/3ずつ3回に分けて加え、その間々に豆乳を大さじ1ずつ加えます。
    それぞれ加えるその都度、スパチュラでさっくりと混ぜ込みましょう。

    粉 ⇒ 豆乳 大さじ1 ⇒ 粉 ⇒ 豆乳大さじ1 ⇒ 粉 ・・・こんな感じ。

  4. 用意した型に生地を流し、底を数回打ちつけて空気を抜きます。
    200℃に予熱したオーブンに移し、設定温度を180℃にして焼くこと25分。

    焼き上がったら、型に入れた状態のまますぐにデコポンの煮汁をスプーンで回しかけます。
    そのまま粗熱をとり、冷めたところで型から出しましょう。
    はい、しっとり甘酸っぱいデコポンマフィンの出来上がり。


    今日のマフィンは、いつもに比べるとちょっとお砂糖が多め。
    気分的に疲れている時は、やっぱり甘いものがいちばんですもの。
    これにカモミールティーなど合わせれば、きっと気分も和むはず。

    ・・・あ、私は元気ですよ、とっても。










第2、第4金曜日に届く宅配野菜。

ですが先月が第5金曜日までありましたので、今回は2週間野菜が届きません。
能天気に、今週末には野菜が届くと思っておりました私の予定が大幅に狂いました。
野菜室には、前回の宅配野菜のキャベツがコロンっと転がっているだけ、マズい。

そうだ、週末に畑で摘んできたケールが無造作に保存してあったっけ。
見るからに粗野で日持ちしそうなケール。
ビニール袋にゴソっとまとめて冷蔵庫に放置してありましたが、全く動じず健康そのもの。
有り合わせのサラダを拵えましょう。






  • 新芽を摘んだとは言え、ケールの葉っぱは厚くてゴワゴワした食感です。
    綺麗に洗って水気をしっかりと切り、レモン汁をふってしっかりと揉みましょう。
    これをしないと、サラダにするにはとてもとても・・・ケールはなかなか手強い野菜です。
    葉っぱ部より更に手強い軸部分は、繊維をしっかり断ち切り細かめに刻むのがお勧め。

    しんなりと食べやすくなったケール、後はお好みの食材を合わせるだけ。
    昨日のお弁当にもしたローストポーク (☆彡) 、みじん切り玉ねぎ、パンプキンシードミックス、そして刻んだアンチョビとオリーブオイル、アンチョビは極少量で十分ですよ。

    丁寧に和えれば出来上がり。
    アンチョビと豚肉、ケールって相性が良いのです。











昨晩はお酒も控え、主人とふたり練りくずデトックスに挑みました。

練りくずデトックス・・・なんてことない、りんごジュースと葛粉を合わせ、たっぷりのおろし生姜と蜂蜜を少々、とろりと練り上げるだけ。
しっかり内側から温まり、内臓から活性化された気がしてなかなかの食後感と目覚めでありました。

そしてやっぱり今朝の主食も炊き粥。
主人の体重増加傾向はここに来てちょっと落ち着いてきております。
ここが踏ん張りどころですもの、付き合いますよ。






  • 毎朝のレギュラーメンバー、納豆を最近はヨーグルトメーカーで手作り致しております。
    お水に浸した大豆を刻んで蒸し、市販の納豆をスプーンにいっぱい程度加えて24時間醗酵させるだけ、これだけですが気に入っております。

    糸のひき方も市販の納豆と何ら遜色なく、ヨーグルトと並んで今後も作り続けることでしょう。






さて、と、いよいよ週末。
近頃は暖かくなって、週末の畑仕事にも熱が入ります。
ちょっと暑すぎる日もありましたが、畑の野菜たちは頼もしく成長しておりますしね。
今週末は木の芽を摘んでこようかしら。

posted by しんさん at 13:44 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。