2017年09月28日

上出来〜 おから寿司、バッチリ好相性 〜 親芋アイスとオーロラ

昨日の朝拵えた “親芋とココナッツミルクのアイスクリーム” 。

里芋と同じ棚に陳列されていながら、子芋に比べていまいち人気のないごつい親芋。
里芋とココナッツミルクのアイスクリームが意外と市民権を得ていることを知り、興味津々で親芋バージョンに挑んでみるも昨日は涙の時間切れ。
アイスクリームとしてではなく、泣く泣くクリームとして洋梨 “オーロラ” の横に添えました ⇒ ☆彡

日付が変わった本日、親芋とココナッツミルクは立派なアイスクリームになりました。
ですがその前に本日のお弁当。

2日続けて冒頭に似たような画像では面白くありませんものね。
本日のお弁当はおから寿司です。
我が家の定番となっております “しめ鯖のおから寿司” でなく、本日は野菜バージョンです。





主人が月にいちどお邪魔するお客様宅からの帰り道、昔ながらのお豆腐屋さんを見つけたそうです。
ぎゅっと肌理の詰まった木綿豆腐と大きな丸揚げが気に入って、お豆腐屋さんの前を通るとお買い物をして帰ってくるのが主人の流れとなりました。
お豆腐屋さんですもの、当然ずっしりと重い “おから” も一緒にね。





近頃、我が家でおからの登場頻度が以前にも増して急上昇しておりますのはそんな理由から。
ふと思いついて、しめ鯖でなく常備菜としております茗荷を抜擢。
茗荷だけでは寂しいものね、甘辛く煮含めたシイタケver.も。
食後感が抜群に良いですよ。





  1. 先ずはシイタケの含め煮を。

    干しシイタケは水に浸して戻しておきます。
    軸を切り落とし、戻し汁・お酒・みりん・白だし醤油・濃い口醤油を合わせた中に加えて火にかけます。
    煮立ったら弱火にし、キッチンペーパーで落し蓋をして20分ほど。

    十分に煮含めたら火を止め、そのまま冷ましましょう。
    愛用しております干しシイタケは形の不揃いなB級品ですので、端を落として形を整えます。
    余った分は保存容器に煮汁ごと移して冷蔵庫へ。

  2. 卵 1個を丁寧に溶きほぐして寿司酢 (お気に入りの配合です ☆彡) 大さじ2を加え、よく混ぜ合わせてフライパンに移します。
    おから 100gを加えてよく混ぜ、弱〜中火でさらりとするまで炒りましょう。

    後のお料理に使った面取り人参の切れ端、干しシイタケの含め煮の切れ端、そして寿司酢に使った昆布を合わせて刻み、途中で加えて混ぜ込みます。

  3. おからの粗熱が取れたら、小さな俵型に握ります。

    常備菜にしております茗荷の甘酢漬け、いつもの作り方はこんな感じ (☆彡) です。
    シイタケの含め煮と共にキッチンペーパーの上に並べて水気を自然に切っておきましょう。

    茗荷を縦半分に切り、それぞれおからの上に乗せて出来上がり。
    シイタケの上には、同じく常備菜にしておりますオクラの煮浸しを小口に切って飾ってみました。
    常備菜って本当に頼りになります。











主人がお豆腐屋さんに寄ると、大抵買ってきてくれるのが具入りの丸揚げ、そして寄せ豆腐を切って大胆に揚げた厚揚げ。

この厚揚げ、お弁当にぴったりな厚揚げの照り焼き風を拵えてみましょうか。
彩りに人参も一緒にね。






とっても簡単です。
  1. 厚揚げはひと口サイズに切り揃えます。
    厚揚げの大きさに合わせて人参を切り、面取りをして軽くレンジ加熱しておきましょう。
    ざるにひろげて自然に水気を飛ばしておきます。

    この面取り人参の切れ端がおから寿司に有効利用されたワケです。
  2. 厚揚げと人参をフライパンに合わせて炒め合わせます。
    厚揚げから程よく油が出るので、油をひく必要はありませんよ。

    白だし醤油・オイスターソース・お酒・てんさい糖を予め合わせておき、鍋肌からジュッと加えて十分にからめましょう。
    艶が出て煮汁が飛んだところで、火を止めてたっぷり胡麻をひねって出来上がり。











お弁当も出来上がったところで朝食です。

昨日は完全に濃厚なクリームと化しておりました親芋とココナッツミルク、立派なアイスクリームとなって再登場、オーロラの横にお行儀よく鎮座致しております。






  • 親芋とココナッツミルク、相性が良いのはタロイモの代用として重々承知致しておりましたが、この組み合わせでアイスクリームは初挑戦。
    そうは言っても、里芋感は漂うだろうと思っておりました。

    里芋の風味、あれ?
    まるで栗のアイスクリームのような風味です。

    美味しい、これ。

    冷凍庫に一晩入れたままですので、相当カチコチになります。
    食べる数十分前に冷蔵庫に移し、しっかりと練ってから盛り付けましょう。
    そしてオーロラと一緒にその濃厚な風味をまったりとお楽しみあれ。






毎朝食べていても全く食べ飽きないオーロラ。
主人も私もすっかりオーロラの虜です。

今朝の主食は押し麦入りの炊き粥。
明日のビールのおつまみにと、ひとつ残った親芋の皮をむいてスライスしました。
残った端っこ部分をさいの目に切って、お粥に混ぜ込んでみました。
ちょこんと乗せた酒盗がアクセントになって本当に美味しい。





そう、明日はいよいよ金曜日。
ウィークデイには控えておりますお酒が3日間解禁されます。
主人も私も、金曜日のことを考えてソワソワワクワク、上機嫌です。

先程、ビールフライト用のエールビールが12瓶届きました。
それに添えるおつまみも考えました。
金曜日を迎える準備は万端です。

posted by しんさん at 15:41 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。