2017年02月09日

もっちりフレンチトースト、軽いグラタン風、どちらもお弁当ver.

昨日のパンに続き、今日こそ冷蔵庫の牛乳をお片付けしようと、挑んだお料理はフレンチトースト。

ほんのり甘い卵液を存分に食パンにしみこませ、食欲そそる焼き色をつけたフレンチトーストはきっと主人も好きな筈。
焼きたてが最高なのは重々承知ではありますが、冷めても美味しいフレンチトーストは無理かしら。

目指した表面カリッとは参りませんでしたが、もっちりとしたフレンチトーストが焼き上がりました。
メープルシロップとカッテージチーズを添えて召し上がれ。





甘さをぐっと控えてありますので、メープルシロップは少々多めでも許されるのではないかしら。
メープルシロップ大好きですもの。
  1. 卵 1個を溶きほぐし、牛乳をたっぷり250cc注ぎましょう。
    優しく混ぜ合わせ、更にメープルシロップ 大さじ1を加えて混ぜ合わせます。
  2. 1の卵液の半量をバット等に流し、縦3等分した食パンを浸します。
    食パンは5枚切りのものを2枚。
    残った卵液を上から回しかけ、途中で上下を返して卵液がすっかり吸収されるまで30分以上おきましょう。

  3. フライパンを熱し、少量のバターを溶かします。
    食パンをそっと並べ入れ、綺麗な焼き色がつくまで弱火でじっくり焼きましょう。
    卵液を存分に含んだ食パンは崩れやすいので扱いはうんと優しく。
    焼き色がついたら裏返します。
  4. 両面こんがりと焼けたところで再度裏返します。
    熱々の状態の面に、大さじ1/2程度のてんさい糖を満遍なくふりかけます。
    パンの熱でてんさい糖がしっとりしてきたら裏返し、再度同量のてんさい糖をふりかけましょう。

    同じくてんさい糖がしっとりしてきたら裏返し、表面をささやかなカラメル状に仕上げます。

    メープルシロップ、カッテージチーズ、パンプキンシードミックスを添えて出来上がり。
    今度牛乳が残った時には、是非熱々を食べたいものです。
    アイスクリームなんて添えてね。











主人の分のフレンチトーストはワックスペーパーに包みましょう。
小瓶に入れたメープルシロップを添えて、カッテージチーズとパンプキンシードは・・・
ごめんね、忘れた。

今年は器量良く育った畑の白菜、例年になくしっかりと巻いてくれました。
葉っぱをめくって随分と長い間楽しませてもらいましたが、とうとうチコリくらいの大きさになってしまいました。

最後は主人の大好きなグラタン風に仕上げましょう。
フレンチトーストと同じく、熱々が美味しいグラタンを敢えてお弁当に。
そこまでして牛乳をお片付けしたかったってことかしら。
白菜、アボカド、人参に玉ねぎにしめじ、野菜がいっぱいの私好みのお菜です。





  1. バターを使うとやはり重くなるので、オリーブオイルを使います。
    オリーブオイルで玉ねぎ・人参をじっくりと炒めましょう。
    甘みを充分に引き出したところで、ほぐしたしめじ・縦半分に切ったチコリくらいの大きさの白菜を加えて炒め合わせます。

  2. 油が全体になじんだところで、コーンスターチをふりかけます。
    コーンスターチが半透明な感じになるよう素早く油となじませ、牛乳を注ぎます。
    全体にとろみがつくまで混ぜながらなじませます。

    アボカドを加えて火を止め、ナツメグをすりおろしてスパイスソルトで味付けをします。
    薄く油をぬった耐熱容器に移し、おろしたペコリーノローマーノを散らして黒胡椒を挽きます。

  3. 200℃に熱したオーブンで10〜15分焼けば出来上がり。
    熱々のグツグツ、あぁ美味しそう。











今朝の主食はしらす干しがたっぷり入った炊き粥です。

具沢山のお味噌汁は、鰹出汁と煮干し出汁で。
主人が6キロ分の出汁用鰹節を取り寄せるものだから、我が家のキッチンは朝食時には鰹出汁の良い香りに包まれております。

それに伴い、朝食のチアシードと刻み玉ねぎ入りの納豆には鰹の出汁がらで拵えた佃煮が。
今週は鶏ひき肉と合わせた鰹節の佃煮。
どこまで貧乏性なのかしら。





  • 今週も週末が近づいてきましたので、月曜日に拵えたイワシのお酢煮をお片付け。
    最終日の今朝はもっとも味が落ち着いて良いお味でした。

    そして煮汁ももちろん有効利用。
    我が家ではイワシの煮汁でおからを炊くことが常です。
    ふたりとも煮魚大好きですので、お魚くさいなんてこれっぽっちも思いません。
    本日はおからの具に胡桃を加えてみました。
    胡桃入りのおから、主人はとても気に入ったようです。






今朝は圧力鍋もフードプロセッサーも使わず、フライパンが大活躍致しました。
こんな日も珍しいのではないかしら。
牛乳も思惑通り片付いたことですし、明日は制限なく自由に献立が決められます。
あ、いえ、週末ですから食材のお片付けをしないとね。
楽しい週末、冷蔵庫は空っぽにして食材調達から始めましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 16:38 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。