2017年01月25日

不思議と美味しい、クリームチーズ・アボカド・へしこふりかけの太巻き寿司

冷凍しめ鯖を常備するほど、鯖を愛して止まない主人。
いえ、しめ鯖だけでなく、鯖の糠漬け “へしこ” も、大抵我が家の冷蔵庫に鎮座致しております。

日本酒のお供、お茶漬けと我が家では大活躍な “鯖のへしこ” 。
へしこを食べ終えた後のお約束は、へしこのふりかけ。
へしこの周りの “糠” をパラパラに乾煎りしてふりかけを拵えます。
文字通りの貧乏性料理ではありますが、私、このふりかけが相当気に入っております。

今回も拵えました、へしこふりかけ。
そして今朝は久しぶりに太巻きを拵えてみましたよ。

太巻きの具は、クリームチーズ・アボカド・水菜、そしてへしこふりかけ。
脈略ない力技でまとめた組み合わせではありますが、これが意外と悪くない、正に珍味?

主人の体重を考えて、使うご飯の量を減らすことを念頭に。
具を多くすればご飯は少量で抑えられるのでは?とばかりの具沢山。
あら、でも、クリームチーズとご飯ってどちらが高カロリーなのかしら、本末転倒かしら。
まぁいいや、楽しければ、ね。





へしこの糠を使ったふりかけ、私は蕎麦茶を加えるのがお気に入りです。
今回は黒ゴマも一緒に。
  • へしこの糠・蕎麦茶・黒ゴマをフライパンに合わせます。
    焦がさないよう弱火で、全体がさらりとするまでただ混ぜながら炒るだけです。






  • 十六雑穀を混ぜ込んだご飯を炊き、寿司酢を混ぜ込んで酢飯を準備します。
    お気に入りの寿司酢の配合はこちら ⇒ ☆彡

    水菜はさっと塩ゆでにして冷水にとります。
    熱がとれたら水を絞り、醤油洗いをしておきましょう。

    アボカドはくし形に切って寿司酢をまぶしておきます。

    酢飯を海苔の上にひろげ、水菜・アボカド・クリームチーズをお行儀よく並べましょう。

    この上にたっぷりとへしこふりかけを。
    くるりと巻けば出来上がり。

    アボカドの色が黒ずんでいたのが残念。
    アボカドの見極めって本当に難しいこと。











本日のお弁当はシンプルそのもの。
・・・と申しますと聞こえは良いけれど、要するに手を抜かせてもらいました。

我が家の常備菜であります、自家製の菊芋の味噌漬け。
もちろん菊芋も自家製です。
どんな土地でも、どんな悪条件でも図々しく成長する菊芋、本当に逞しい食材です。





もう一品は白菜の柚子胡椒和え。
白菜も菊芋と同じく自家製ですよ。
  • 白菜をざく切りにしてさっと蒸します。
    水気を絞り、くるみ蕎麦つゆ (市販品です) と自家製柚子胡椒で和えれば出来上がり。

    米麹と唐辛子を合わせて作る “柚子胡椒の素” 。
    冷蔵庫で保存すれば1年以上楽々持つので、自家製柚子胡椒には事欠きません。
    市販の柚子胡椒の味も薄れつつある昨今、これで良いのかとふと不安になる時もあります。











主人が鰹節を取り寄せしました。
何に使いたいのかを尋ねると、いや、何か作ってくれるかと思って・・・との答え。
出汁用の鰹節、3キロはなかなかの迫力ですよ。

とりあえず今朝は、いつもの煮干し出汁をお休みして鰹出汁でお味噌汁を拵えてみました。
いつもは赤味噌と白味噌を気分で混ぜておりますが、うん、お出汁が変わるとまた楽しいものです。





とにかく、大きな枕のような佇まいの鰹節が6袋、はてさて、どうしたものでしょう。
しばらくは鰹出汁に合ったお味噌の配合にしないとね。
朝のキッチンにピュアな鰹だしの香り・・・またこれも良いものです。

posted by しんさん at 16:30| Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。