2017年01月11日

南インド 庶民の味? “ミールス” 再現?

食べることが大好きな主人です。
どこから情報を引っ張ってくるのかは不明ですが、食べることに関しては実に研究熱心。

年末辺りから南インド料理熱が再加熱した彼。
そう言えばクリスマスは見よう見まねの “チキンビリヤニ (☆彡) ” を作ったっけ。
もちろん料理するのは常に私。
主人は料理内容を指示して食材のお代を払い、当日はうっとりしながらの褒め殺し。やれやれ。

お正月休みの最終日。
主人の絶妙な話術に乗せられ、のこのこ名古屋駅付近のとあるカレー屋さんに連行されました。
彼が目指す先は南インド料理レストラン、 “ミースル” なるお料理が主人の狙い。
すっかりミースルが気に入った彼、帰りの道中、家でも食べたいを連発する始末。

・・・正直、何をもってミースルなのかはよく分かりません。

バナナの葉っぱにカトリがいっぱい並んだものを言うのか、それともウプマやワダ、ラッサム、サンバル等がその中に含まれていないとミールスとは認められないのか、でも実際楽しかった。
大きなお皿 (ターリでしたかしら?) に小さなカトリに入ったお料理がたくさん。
バズマティライスをまるでパレットのように使い、数種のカレーを自分好みにミックスしては頂く。
確かに主人でなくとも楽しいお料理でした、ミースル。

・・・という訳で、また主人の策略にまんまと乗って、お家でミールスが上の写真、本日の朝食です。

もちろん食器なんて揃えておりません。
何種もカレーを作るなんて私には無理ですので、冷凍保存してあるカレーをフル活用です。
ですが主人の嬉しそうな顔、あぁ、また自らのハードルを上げてしまった。





正直に申し上げますと、ご飯はバスマティライスではなくジャスミンライスです。
以前は双方常備しておりましたが、あまりに場所をとるのでそこは主人を説得して外国米は1種に。
今のジャスミンライスがなくなったら、今度はバスマティライスに戻りましょう。
  • ご飯の向かって左側から、先ずはヨーグルトのサラダ。
    カレーの辛みを調節するためにも、これは必須です。
    お店では確か赤玉ねぎとキュウリを使っておりましたが、わざわざ調達するつもりもありません。
    そこは玉ねぎ・セロリ・キュウリで代用。
    全てを刻み、少量のカッテージチーズと共にヨーグルトに混ぜて軽くミックスソルトで味付けを。






そのお隣 2品は、以前拵えたカレーを冷凍保存してあったもの。
米茄子・カシューナッツ・冬瓜の皮・トマトのカレー (☆彡) と、ひよこ豆とモロヘイヤのカレー (☆彡) 、相当の長期熟成です。
自然解凍し、軽く温めて器に移します。





そのお隣は、ややしなびかけておりました小松菜を使ったシンプルなお料理。
  • 小松菜をざく切りにし、ターメリックパウダー・カイエンペッパー・ガラムマサラをまぶします。
    お鍋に植物油・シャージーラ・アジョワンシードを合わせて熱し、小さな泡が立って香りが上がってきたら小松菜を加えてさっとなじませます。
    蓋をしてしばらく蒸らし、軽くお塩をふって出来上がり。






小松菜のお隣、要はご飯の右隣はムングダルのダール。
ひき割りムングダルをお粥のように煮込んだカレーです。
これも本来のダールがどんなものかは不明 (どうやら主人のように突き詰める気もないらしい) ですが、ムングダルとココナッツミルクを使った辛くないカレーです。
  • お水と挽き割りムングダルを圧力鍋に合わせ、10分弱加圧します。
    どろどろになったところでココナッツミルク・ターメリックパウダーを加え、弱火でゆっくりなじませます。

    別鍋にギー・刻みニンニク・フェンネルシードを合わせて熱し、香りが立ったところでムングダルのお鍋にジュッと加えます。
    軽くスパイスソルトで味付けをして器に盛り、カッテージチーズ・パクチーを添えて出来上がり。






真ん中に鎮座致しております器は、今朝拵えました鶏と人参のホウレン草カレー。
自家製ホウレン草をピュレにして冷凍保存してありましたので、これを使っております。
そうでなければ、朝からミールスなんて無理。
インドの家庭ではどうやって品数を揃えているのかしら・・・いつか聞いてみたいもの。
  • 数種のスタータースパイスを油で熱し、香りが立ってきたところで刻んだニンニク・唐辛子・生姜をたっぷり。
    更に香りが立ってきたら、刻んだ玉ねぎを加えて炒め合わせます。
    ターメリックパウダーも加えて馴染ませたら、お水・鶏もも肉・人参を加えてひと混ぜしましょう。
    5分強加圧した後、自然解凍したホウレン草ピュレ・パウダースパイス・お塩を加えてひと煮立ち。
    仕上げに冷凍いんげんを加えて更にひと煮立ちさせれば出来上がり。











以上、本日の我が家の朝食、南インドの定食料理 ミールス、自称ミールスでありました。
ちなみに、インドの軽く朝食はティファンって言うんですって。

そして、やっぱり納豆・チアシード・刻み玉ねぎ・焼き梅干しを添えてしまいました。










ミールスを食べに行った際、主人が私にしかけた罠です。
同じ建物の中、それはそれは気持ちの良いタオルを扱うお店がありました。
そう、このタオルに釣られて今回は朝からミースルを拵える羽目に。

可愛いウサギの耳のようなターバン、洗顔が楽しくなって困ります。





そして追加の甘い罠、段ボールいっぱいのキャンディ・クッキー・チョコレート。
正にハニートラップ。
乗せられる方が悪いのです。

次回、主人はどんな難問を出してくるのかしら。










最後は無骨な本日のお弁当。
今朝拵えたカレーをお弁当箱に詰めただけ。

ミールス、ちょっと面白いお料理です。
色々と調べてみるのも楽しいかも。
だけど主人には言わないでおこう、きっと食器を揃えてしまいますからね。

posted by しんさん at 16:16| Comment(0) | エスニックなお料理・カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。