2016年09月02日

ナッツとドライフルーツたっぷり おからバー・・・自称ビスコッティ編

昨日の夜、お豆腐屋さんで購入致しましたおからを使って卯の花を炊きました。

そのお豆腐屋さんのおからはもちろん上質、その上内容量がとても大らか。
ぎゅっと圧縮したそのひと袋全部で卯の花を炊くと、保存容器から溢れる量が出来てしまいます。
おからを少し別ボールに除けておき、本日のお弁当に使いましょう。

おからをたっぷり使ったビスコッティなんていかがでしょうか。

ナッツ類やドライフルーツ、そしてオートミールを加えたおからのビスコッティ・・・
・・・の予定でしたが、予想していたほどのザクザクガリガリ感は得られませんでした。
どちらかというと、 『もふっ』 といった食感かしら。

それでも、ココナッツオイルの風味が効いた美味しいおからバーに仕上がりました。
自称おからのビスコッティ、ですが、おからバーと表現した方が適格かと存じます。
どちらにしても私好みに焼き上がりました、今週最後のお弁当ですよ。





以下の分量でおからビスコッティ 6本分です。
  1. おからは130g。
    耐熱性のボールに入れ、ラップをしないで電子レンジ加熱して水分を飛ばしましょう。
    800ワットの電子レンジで時々全体を混ぜながら5分間、さらさらの状態にします。
    加熱後は85gになりました。冷ましておきます。
  2. ナッツ類・ドライフルーツ類をボールに合わせておきます。
    今回使ったのは、アーモンド・胡桃・ココナッツロング・クランベリー・アプリコットを合わせて70g。
    アプリコットだけは4等分しておきます。
  3. 全卵 1個分
    てんさい糖 25g
    をボールに合わせて溶きほぐし、ココナッツオイル 大さじ1 (約13g) を加えます。
    よく混ぜ合わせておきましょう。

  4. 水分を飛ばしたおから
    全粒粉タイプの薄力粉 40g
    オートミール 30g
    ベーキングパウダー 小さじ1/4
    を乾いたビニール袋に合わせ入れ、口をしっかり持ってふり混ぜます。

    これをフードプロセッサーに移し、2の溶き卵を加えて高速で攪拌してなじませましょう。
    全体がそぼろ状になじんだところで、合わせたナッツ類も加えて高速で馴染ませます。
    生地をビニール袋に移しましょう。

  5. 生地を厚さ1.5〜2cm程度に整え、表面にココナッツオイルを薄くぬります。

    190℃に予熱したオーブンに移し、設定温度を180℃にして15分間焼きましょう。
    一旦オーブン庫内から出し、網の上で粗熱をとります。
    生地を包丁で6等分し、断面を上にして再度並べます。

  6. 160℃に予熱したオーブンに移し、設定温度を150℃にして先ずは焼くこと15分。
    その後裏返し、更に150℃で15分焼きましょう。

    網の上に並べて冷まします。
    ガリガリの食感とは参りませんでしたが、ずっしり食べ応えのある美味しいバーが焼き上がりました。
    腹持ち抜群、主人もお気に入りです。











フードプロセッサーにお任せですので、ビスコッティ生地の準備に手間はかかりません。
が、オーブンで焼く時間はそこそこ必要です。

ビスコッティを焼くオーブンの端っこを間借りして、バターナッツとマイタケをホイル焼きにしましょう。
低温なのでバターナッツの甘みが更に引き出される気が致します。
今週の常備菜にと拵えたカポナータも使って、具沢山サラダをビスコッティに添えましょう。

在庫食材を合わせるだけの簡単サラダ。
週末の食材お片付けにぴったりです。





  1. バターナッツとマイタケをホイルに合わせ、少量のオリーブオイル・スパイスソルトをふります。
    しっかりとホイルで包み、ビスコッティと一緒に150℃のオーブンで焼きましょう。

  2. 大きめのボールでアボカド・レモン汁を和えます。
    みじん切り玉ねぎ・パプリカ・フォークでざっくり砕いたペコリーノロマーノ・カポナータをどんど加えて合わせましょう。

    バターナッツとマイタケが冷めたらこれらも加えて和えます。
  3. 少々水気が多いので、チアシード・自家製干し人参も加えましょうか。


    水気も落ち着いて仕上がりは上々。
    常備菜も片付いて、週末への準備も抜かりなしです。











朝食はお蕎麦と致しました。
大根おろしと挽き割り納豆、切り海苔をたっぷり添えた冷たいお蕎麦です。

日中は暑いですが、朝はすっかりひんやりした秋の空気。
流石の主人でもクーラーを使うことがぐっと減りました。





  • 冷たいお蕎麦もそろそろ終盤かしらね。
    蕎麦がきや温かい鴨蕎麦の登場も間もなくでしょう。






今夜はワイン会。
いつものメンバー、殿方自慢のワインを豪快に飲む、ワインは気楽ではないけれど気楽なワイン会。
心ばかりのワインのお供に、今日はこれからグジェールでも拵えましょうか。
確かベーコンが冷凍してあったはず。
ベーコンを生地に練り込んだグジェールに挑戦してみましょう。

・・・失敗したら・・・えっと・・・そうね、冷凍パイシートでいつものチーズパイでも。
さ、備忘録アップしてグジェールに取り掛かりましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 16:36 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。