2016年05月04日

“割烹の宿 美鈴さん” 、旅の醍醐味はやっぱり朝食だと思うの

ゴールデンウイークの幕開けと同時に主人と訪れました、紀伊長島の民宿 “割烹の宿 美鈴” さん。
専業主婦にとって、旅の醍醐味はやっぱり朝食だと思うの。

いつも通り早朝5時に目覚めは致しましたが、前日の夕食の食べ心地もよろしく眠りの質は最高。
しらじらと朝焼けがひろがる時間、窓の外にはこの景色。

早起き体質には嬉しい、早朝入浴タイムはam.6時〜7時30分。
ぐっすりと寝入る主人をそっと跨ぎ (ごめんね) 、朝の光が差し込む浴場へ。
ふぅ、朝風呂最高。





浴衣をきっちり着直して部屋に戻ると、間もなく朝食の準備完了を伝える電話が鳴ります。
いそいそとお食事処に参りますと、大きな食卓を隙間なく埋めるお料理の品数、圧巻です。

酸味が程よい甘夏果汁で食欲を呼び戻すと、お待ちかねの朝食スタート。
タイミングよろしく、熱々の焼き石をご主人が味噌汁碗に入れて下さいます。
暴れるお味噌汁を組み伏せるかのごとく直座に蓋をし、しばし待たれよとご主人。
そして伊勢海老のお出汁漂うお味噌汁の出来上がり。

寝起きにこのお味噌汁、いやいやこの食事。
オリエンタルホテルの朝食も好きだけど、やはり日本人のDNAが求めるのはこの空気ね。










美味しいと評判の “からすみパウダー” 。
販売はしていないのかしら?主人に問うと、 『また来るからいいじゃん』 との答え。

・・・そうね。
お家で美鈴さんの味を楽しむより、美鈴さんで頂く方が楽しいものね。
みみっちい考えはこの際捨てましょうね。
何に散らしても美味しいからすみパウダー、でも機会があれば我が家にも、ね。





出来立てのお豆腐にもからすみパウダーをちろりとふって頂きます。






主人と宿泊する初めての民宿、“割烹の宿 美鈴さん” 。
ご家族で営むこの民宿、主人も私もお気に入りでございます。
前日の強風も落ち着き、晴天ひろがる気持ちの良い出発です。

玄関前で女将さんに記念の1枚をお願い致しました。

数ヶ月後にはまたお邪魔することでありましょう。










こうして美鈴さんを後にし、途中の道の駅でささっとお買い物。
さて高速に乗って帰途につきましょうか。
流れ良く高速に乗ると、電光掲示板に 『トンネル内故障車あり』 の表示。





・・・予告通り、片道1車線のトンネル内で車の流れは止まります。
でも何かおかしい、故障車は見える、あの白いバンよね、後ろは大型トレーラー。
故障車は私たちのせいぜい3〜4台先といったところ。
どうやら大型トレーラーが故障車の横を通過できないが故の渋滞らしい、と主人。

車を降りて様子を見に行った主人によると、故障車の持ち主は先ず非常電話でNEXCOに通報。
それで電光掲示板には表示はされます。
ですがその後が問題。
電話の相手によると、契約している保険会社に電話をしてレッカー車を手配なさい、と。
それで今レッカー車を待っている状態です、とパニックに陥りつつ説明する故障車保持者。

戻ってきた主人が教えてくれます。
『どぅみぃ (私のこと) 、こんな時は保険会社でなく警察だよ』

故障車の夫人は警察には連絡していなかったとか。
直ぐ警察に電話なさいとの主人に諭され、ようやく気付いて警察に通報した夫人。
案の定10分とかからず警察は到着。

その間主人は非常駐車帯を確認し、夫人をただ怒鳴りつける大型トレーラーの運転手をなだめて故障車を非常駐車帯まで押すように提案。
もちろん自分は押さずに車に戻ったらしいのですが。。。実に主人らしい。





そんな高速での事件 (閉所恐怖症の私にとっては大事件です) を乗り切り、お待ちかねの昼食は主人と何度かお邪魔したこともあります洋食屋さん、津の 『東洋軒』 さん。
高速での一連がよほど恐怖だったのでしょう、ぐったりして席に着きます。

少々予約時間には遅れたものの、相変わらず店員さんの対応も心地良く、もちろんオーダーしたほほ肉の煮込みのお味も最高。
ただし画像はデザートだけ、しかもセットでオーダーした主人のデザートを横取りしてね。

ティーセットが運ばれてきましたよ。

こちらのお砂糖の入れ物が可愛い。
昔デパートのレストランにあったようなスプーンがぶらんっとぶら下がったお砂糖入れ。

この画像ではよく分からないや。





美鈴さんでの宿泊、そしてトンネル内での故障車、東洋軒さんのブラックカレーを上回るほほ肉煮込みのお味、ゴールデンウイーク前半は実に有意義な2日間と相成りました。
まだまだ長い主人の連休は続きます。

本日は4日、えっとみどりの日で水曜日ね。
予定は皆無。
主人は・・・えっと今起きたのかしら、なにやらごぞごぞ寝室で休日の朝を楽しんでいるようです。

posted by しんさん at 07:18 | Comment(0) | 旅行とお出かけの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。