2016年03月29日

胡桃とサワークリームのディップ 〜 プンパニッケルサンドウィッチ2ver.

主人の計らいで、月にいちど我が家にプンパニッケルが届きます。
当初は2包取り寄せると言って聞かなかった主人を説き伏せ、月1包のペースに止まっております。

案の定、月に1包届くプンパニッケルはなかなか良いペースで使い勝手も上々。
何より常温で数ヶ月保存出来るってところがプンパニッケルの優れたところ。
そろそろ在庫食材も落ち着いてきたし、本日のお弁当はプンパニッケルサンドウィッチと致しましょう。

バターの代わりに、胡桃とサワークリームのディップをたっぷりぬって仕上げたサンドウィッチ。
フィリングは、ザワークラウトver.と自家製の柿チャツネver. (☆彡) の2種類です。

酸味の効いたザワークラウトには、サワークリームだけよりは幾分こってりとした胡桃のディップが。
そしてスパイスの効いた甘い柿のチャツネには、サワークリームの酸味と胡桃のほど良い渋みが。
それぞれ相乗効果を発揮して、我が家好みのサンドウィッチに仕上がりました。

材料はどれも常備しているものばかり。
もちろんフードプロセッサーにお任せですので、とっても簡単ですよ。





  1. 先ずはサワークリームと胡桃のディップを作りましょう。

    胡桃は乾煎りせず、そのままフードプロセッサーでざっくりと粉砕します。30gくらいかな?
    胡桃から油分が出ないよう、数秒ずつ小刻みにフードプロセッサーを回転させましょう。

    ここにサワークリーム 70g・フルール ド セル ひとつまみを加え、ナツメグを適量すりおろしてペーストにならない程度にフードプロセッサーを回します。
    ボール等に移し、塩気等にムラがないよう混ぜておきましょう。

  2. プンパニッケルの表面に1を均一にムラなくぬりひろげましょう。
    柿チャツネver.は片方だけ、ザワークラウトver.には両方に胡桃のディップをぬります。

    ザワークラウトは漬け汁をしっかりと絞ってから、ディップの上にたっぷりひろげます。
    ちろりとキャラウェイシードを散らし、プンパニッケルでサンドしましょう。

    柿チャツネの手順はこの日の備忘録にて ⇒ ☆彡
    酸味のあるものと相性が良いので、ヨーグルトに添えたりサワークリームやカッテージチーズと合わせてパイにしたりと我が家では大活躍の保存食。もちろん主人も大好きです。

  3. プンパニッケルは割れやすいので、ィリングの厚みが均一でないと割れてしまいます。
    慎重にラップでぴっちり包み、しばらくおいてフィリングとプンパニッケルを馴染ませましょう。

    落ち着いた頃にラップごと切り分け、丁寧にラップをはがせば出来上がり。












胡桃のディップは大好きだけど、このためだけにフードプロセッサーを洗うのは実に不本意。
在庫食材をフードプロセッサーをで攪拌し、ナゲットもどきを拵えましょう。

予定していたよりやや色黒に仕上がってしまいましたが、まぁ許容範囲と致しましょう。
やや全体がグリーンがかっておりますのは、調子に乗って青汁パウダーを混ぜたから。
不要な食材が目の届くところに鎮座しているのが、どうにもこうにも気に入らない性分のようです。

オーブンとフードプロセッサーが大活躍のナゲットもどき。
ふわふわとした食感は、たっぷり混ぜた麩の効果。きっと主人のお腹周りにも効果的なはず。





  1. 先ずは玉ねぎをフードプロセッサーでみじん切りに。
    ここに人参・セロリ・マイタケ・生姜・麩・少量の片栗粉と小麦粉・酒粕・オイスターソース・白味噌・蜂蜜・青汁パウダーを加えて攪拌します。

    人参は副菜にした人参グラッセの切れっ端を有効利用。
  2. 1をボールに移し、鶏ひき肉を加えて粘りが出るまでしっかりと混ぜましょう。

    フードプロセッサーですべて済ませても良かったのですが、この後朝食用に長芋をすりおろしたかったので・・・これならさっと拭くだけでもまぁ良しと納得出来ますもの、大雑把です。
  3. 手の平に胡麻油をつけながら形をまとめ、お魚焼きホイルを敷いた鉄板に並べます。

    200℃に予熱したオーブンで20分弱、表面に綺麗な焼き色がつけば出来上がり。
    ・・・ちょっと焼き過ぎましたけどね。






彩にぴったりな人参のグラッセ。
お弁当用にはバターでなくオリーブオイルで仕上げます。
  1. 面取りした人参をお鍋に移し、全体が充分かぶる量のお水を加えます。
    お砂糖・極少量のオリーブオイルをたらして煮立て、キッチンペーパーで落し蓋をして弱火で20分程、人参が充分にやわらかくなるまでことこと煮ましょう。
  2. 煮汁を捨て、オリーブオイル・蜂蜜・お塩を加えて中火で水気をとばします。
    全体に艶が出てきたら出来上がり。






プンパニッケルサンドだけでは野菜の物足りなさ感が漂いました。
が、結果本日もそこそこの野菜を摂取することと相成りました。











今朝の主食はとろろ蕎麦ですよ。
普段はちゃんとすり鉢で山芋をすりおろしますが、今日はついでのフードプロセッサー仕様。

昆布の耳でとったお出汁に、マイタケの風味を加えたお汁を合わせます。
蕎麦湯も一応用意致しはしましたが、あまり必要なかったかもね。
蕎麦湯は白湯としてお腹に収まりました。





昨日の緑内障検査は、なかなかハードなものでした。
痛いとか高額とかではなく、目に着色した後は両目に眼帯をしてずっとベッドの端にうつ伏せ状態。
寝てしまうと正確な眼圧が測定できないからと、寝ることはご法度。

おでこに手の甲を当てて、椅子に座ってベッドに伏せること1時間。今朝は少々腕が筋肉痛気味。
でも、なかなか面白い体験でしたよ。
直ぐ横で診察中の医師と患者さんの会話、ここまでクリアに聞くことってなかなかありませんからね。
途中からは禅を組んでいるような気にすらなってきて、検査後はちょっと浄化された気分。

あ、結果は加齢による緑内障予備軍ってところかしら。
兎にも角にもお薬には注意するように、とのこと。
9越しの壁に迫っているのかしらね。

posted by しんさん at 16:07 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。