2016年02月22日

主人初めての俵屋旅館さん、そして。。。

数年前のこと。
夏着物初心者 (夏着物に限定した訳ではありませんが) の私に、京都ゑり善さんに行く用事があるからとO奥さまと大奥さまが私の初夏着物のお見立てをして下さったことがあります。

その流れで、おふたりの定宿である京都俵屋さんに宿泊までご同行させていただきました。
O奥さまのお誘いで、その後は俵屋さんの餅花作り体験までさせていただいたのよね。

当時は和食にさほど興味のなかった主人でありましたが、今となっては主人も興味津々。
幾度となく 『そぉいえば俵屋さんのお料理ってどうだったの?』 と聞かれる度、私の答えはいつも同じ。
決して家庭では真似できない質の高い家庭料理。

この答えが相当主人を刺激したのは明確。

先週末、主人初めての京都俵屋旅館に宿泊と相成りました。





岐阜を経つ土曜日は、全国的に雨の予報。
家を出る時こそ辛うじて雨は思いとどまってくれてはおりましたが、京都駅に着く頃には雨も本降り。
  • ですが俵屋さんの建物に入ってしまえば、雨もまた風情があって良いものです。
    今回のお部屋は新館の竹泉、あら、なんだか馴染みよい名の間ですこと。

    O奥さまに以前ご伝授いただいた “俵屋さんのいろは” を忠実に実行し、先ずはお風呂。
    俵屋さんの不思議が満ち満ちた不思議に気持ちの良いお風呂に浸かり、この先に控えております贅沢な空間・時間に備えてた心の準備は完了。

    先にお風呂から上がり浴衣姿でくつろぐ主人。
    私が上がるのに合わせ、DELAMOTTをルームサービスで頼んでおいてくれましたよ。
    主人、君のセンスはなかなかよろしい。






日の高いうちにお風呂をいただき、DELAMOTTでほろ酔い。
夕食はいつもよりちょっと早めの6時、それまでちょっと館内をお散歩致しましょうか。

本館の2階にあります書斎には、大好きなハンスJ.ウェグナー氏のベアチェア。
主人に是非座ってもらいたかった、そしていつか我が家にも・・・なんてね。

雨にぬれた俵屋さんのお庭は一層艶やかです。











そんなこんなしておりましたらば、楽しみにしておりました夕食の時間。
このお料理を “家庭料理” と呼ぶだなんて、常識外れも甚だしいと思われる方もいらっしゃるかも。

ですが、これは家庭料理です。
飛び切り高品質で、まず家庭では拵えることの不可能な家庭料理。
私の体を気遣って下さるの?勘違いしてしまうほど丁寧に調理された心も体も満たされる家庭料理。

小吸物は、火取り此の子。
存じませんでした、ばちこのことを此の子と表現すること。
お部屋係の女性、お若いのにお料理から食材から歯切れよく説明して下さいます。

焼きものは穴子の源平焼き。
源氏と平家の名にちなんだこのお料理、ひとつの食材を二つの異なる味付けで仕上げるものだそう。
すっきりとした木の芽風味、華やかな柚子の風味、ふたつのお味噌で穴子を味わいます。

蓮根餅は鼈甲(べっこう)餡かけで。


強肴のお皿が可愛らしくて。
『鳴きウサギ!』との私の直感は大きく外れ、これ十二支揃ったお皿なんだとか。
加藤・・・なんとかさんの作品。
ちなみに主人のお皿は申でした。

八朔ゼリーのかたまり加減、これは素人では出来ません。
見慣れた食材が俵屋さんの器に盛られるとこうなる、家庭料理とはなんと意味の深いもの。












睡眠時間が極端に短い私が驚愕の睡眠時間を経て迎えた翌朝。
昨日の雨を含んだお庭に木漏れ日が差し込んでおりました。

お腹の具合は絶好調。
ヨーグルトドリンクで食欲もばっちり目覚めました。





  • 笹ガレイもハタハタも、家庭では不可能な絶妙な焼き具合。
    私が旅行中最も楽しみなのはいつも朝食。
    その中でも群を抜いてこちらの朝食はお気に入りです。


    いつもは横並びですものね、主人と向き合っていただく朝食も新鮮です。





こうして何もかもが好印象に終わりました主人と一緒の俵屋さん宿泊。

坪庭は小さな黄色いお花がこぼれそうな山茱萸(さんしゅゆ) 。
お部屋係を務めて下さったお嬢さんが記念写真を撮って下さいましたよ。

曰く、ご年配の従業員が多い俵屋さん。
40代の彼女、周囲から 『早く歳をとれなんて言われるんですぅ』 なんておっしゃっていました。
素敵で貴重な職場、そんな彼女に主人は感心し切り。





皆さま入口にある○○書の行灯の前でもお写真撮られますよ、彼女に促されて私たちも。
どなたの書だったのかを失念してしまったのは少々残念でもありますが、そこはスルー。

彼女と共に行動していらっしゃったお若いお部屋係のお嬢さん。
スマホの扱いは手慣れたものでいらっしゃる・・・こんなに綺麗な記念写真を撮って下さいました。

雪の京都、主人の目論見は大外れとなった今回の俵屋旅館宿泊の旅。
さて、主人の感想はと申しますと・・・

帰宅し、主人の後でのんびり我が家のお風呂に浸かりました。
旅の余韻を少々残しつつお風呂上がりの私、主人が無邪気に話しかけます。

どぅみぃ (私のこと) の誕生日プレゼントが決まったよ。
・・・私の誕生日は8月ですが?
びっくりしてヒィーって言うよ、きっと。

夏の俵屋旅館、これが主人からの誕生日プレゼント。
本当にヒィーだわ。

posted by しんさん at 15:08 | Comment(0) | 京都 俵屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。