2016年02月16日

さくさくしみしみチョココーヒーのラスク

お中元やお歳暮で頂戴するコーヒーの類、我が家ではなかなか使い切れず残りがちであります。

お手軽ドリップコーヒーなら、稀ではありますが飲むことはあれどそれもまぁ稀も稀、稀も良いとこ。
プラスティックボトルに入ったアイスコーヒーに関しては、開封されることなく見通しもなし。
人にあげるにもなかなかタイミングを要するもので、行き遅れのアイスコーヒーが所在なげで哀れ。

折良くバレンタインデーは過ぎたばかり。
チョコレートの在庫豊富な今、アイスコーヒーと合わせてちょっと遊んでみようかしら。

・・・アイスコーヒーとチョコレートですもの、当然佇まいはこうなりますね。
真っ黒でサクサクしみしみのチョココーヒーのラスクに落ち着きました。

想像していた程にはコーヒー風味は前面に出ませんでしたが、サクサクの食感はまずまず。
コーヒーを牛乳に代えたり、チョコレートを甘いタイプにしたりといろいろ応用も効きそうです。
ミルクときな粉なんて組み合わせも楽しそう。

改善点は大ありですが、これはこれで備忘録しておきましょう。





バゲットはカットして冷凍保存してあったものを自然解凍して使っております。
12cm程度のバゲットでラスク12枚、チョコレート液はもう少し多めの方が良いかと存じます。
  1. バゲットは1cm弱の厚さに切り揃えておきましょう。
  2. チョコレート 60g
    アイスコーヒー (無糖タイプ) 60g

    以上をボールに合わせ入れ、湯せんにかけて滑らかに混ぜ合わせます。
    前述の通り、上記のバゲットの量ならばもう少し多めにすべきでした。

    チョコレートは扱いやすいクーベルチュール ノワール 55のフレークタイプを愛用。
    バレンタインのチョコレートケーキ備忘録の際にも写真つきでUP致しております ⇒ ☆彡
    お手頃価格な上に、フレーク状なので溶かす際の刻む手間が省けて重宝します。
  3. チョコレート液を1/3量程度残し、バット一面に均一に流します。
    ここにバゲットを並べ、先ずはバゲットの底面にチョコレート液をしみ込ませましょう。
    スパチュラを使い、残しておいたチョコレートをバゲットの表面にもぬりましょう。

    バゲットをチョコレート液にくぐらせるより、この方がチョコレート液を無駄なく使えます。
    これをオーブンシートを敷いた天板の上に並べます。

  4. 150℃に予熱したオーブンに移して表裏各20分ずつ、計40分焼きましょう。
    様子を見てそのままオーブン庫内で粗熱をとり、網の上に並べて冷ませば出来上がり。

    そうね、チョコレート液をもう少し増やしてバゲットの壁面も覆ってしまえば良かったわね。
    主人のお腹周りをつい案じてしまったのがイケなかったわ。












今月末、主人の学生時代の友人であるご夫婦をお招きする予定です。
その際、何かスナック菓子の位置付けで何かしら軽くつまめる物をと思っております。

お酒を飲まないご主人の為、お酒をちょっと召されるご婦人の為、そしてお酒しか飲まない主人の為、ご夫婦には今後も気楽にお越し頂きたいので在庫の食材で肩ひじ張らないおもてなしを検討中。
畑に行けばまだまだどれだけでも収穫可能な菊芋を使って、目下研究中。

卵白を使った “ローストスパイスナッツ” を菊芋で応用してみました。

菊芋の食感は狙い通りポリポリとして上出来ですが、もう少しさらりとした仕上がりが理想的。
優しい主人は美味しいと言ってくれましたが、これはボツ決定です。

ですがまぁ失敗は成功の母ですからね、備忘録。





  1. 今回は菊芋とクルミを使いました。
    菊芋は綺麗に洗って水気をしっかりとふき取り、黒ずんだ部分等を切り落としてぱくりと食べられる程度の大きさに切り揃えます。この状態で量はクルミと合わせて200g強。
  2. 卵白は、冷凍卵白 1個分を半解凍の状態にまで戻して使います。

    軽くほぐしたところで蜂蜜 15gを加え、白くふわふわになるまで泡立てます。
    メレンゲにするほどには頑張らなくても良いです。

  3. 卵白のボールに1の菊芋とクルミを加え、さっくりと混ぜましょう。
    更にお好みのパウダースパイス・極少量の粗塩を散らしてさっくりと和え、オーブンシートを敷いた天板の上に重ならないようにひろげます。この上にちろりと粗塩を散らしましょう。

    今回使ったスパイスは、カロンジ・パプリカパウダー・ガラムマサラパウダー・グリーンコリアンダーパウダー・そしてカイエンペッパーを極少量。

  4. 120℃に予熱したオーブンに移し、じっくりじっくり1時間焼いて仕上げます。
    途中20分ごとにオーブン庫内から出し、全体を大きく混ぜることをお忘れなく。

    ・・・次回はひよこ豆で挑んでみよう。





本日のお弁当、チョココーヒーのラスクと菊芋のスパイスロースト。
地味な上に品数少なし・・・我ながら何も言葉が思い浮かびません。











皿数賑やかな朝食へと駒を進めましょう。
主食は主人お気に入りの蕎麦がきです。






  • 木の葉型も随分と様になってきました。
    今朝はこんがりと焼いた甘いネギ・削りたての鰹節・そして塩昆布で召し上がれ。





月曜ではありませんが、西友さんでイワシが見切り価格でしたのでお酢煮を拵えました。
拵えたのは週末でしたので、味がなじんで本日が食べ頃お片付け頃。
イワシのお酢煮を拵えた際の副産物、炒りおからも添えたりするものだから品数過剰。

この上、主人がどうしても今朝食べたいと譲らないのでバレンタインデーのチョコレートケーキまで。
しかも禁断の “タカナシ 特選北海道純生クリーム47” 添えver.

こうして濃厚チョコレートケーキは難なく最速でお片付け完了致しました。
明日はもうちょっと色合いの愛らしいものを拵えましょう。

posted by しんさん at 15:27 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。