2016年02月12日

ひと足お先のHappy Valentine's Day!、濃厚チョコレートケーキ

今週末はバレンタインディですもの。

以前はデパートの特設会場にまで足を運び、人混みの中あれやこれやと高級チョコレートを買い込んだりした時期もございましたが、最近はそれもまた遠い遠い昔のお話。
人気のショコラティエ?日本初上陸のチョコレート?存じません、といった具合で落ち着いたもの。

主人がお仕事関係の女性方から頂戴した美しいチョコレートに多少の引けを感じつつ、昨日の祝日いつも通りの早起きをして主人のために焼きました。ひと足はやいHappy Valentine's Day!

飛び切り濃厚なチョコレートケーキです。

薄力粉一切不使用のチョコレートケーキ、材料は基本 “チョコレート” “お砂糖” “バター” の3つ。
シンプルそのもののチョコレート生地の上に、ぎっしりドライフルーツとナッツを敷き詰めてみました。

ドライフルーツが少し焦げたところがキャラメルのような風合いで、まさに怪我の功名。

パリ本店でアイスショコラショーと一緒に頂いたモンブラン (☆) にも、負けも劣りもしないうんと濃厚な仕上がりです。お砂糖をぐっと控えた生クリームを添えて召し上がれ。










手順・材料共に実にシンプルです。
以下の分量で、底辺 200×70×高さ60mmのパウンド型にぴったりひとつ分です。



  • 卵 3個は室温に戻しておきましょう。
  • 型に合わせてオーブンシートを敷いておきます。
  • アーモンド・パンプキンシードはオーブンを予熱する際に空焼きしておきます。
    予熱をしない状態で先ずはアーモンドを天板にひろげ、予熱がてら6分強焼きます。
    その後、時間差でパンプキンシードを隣にひろげて更に1分程。焦がさないよう気を付けて。
    オーブンによって焼き時間は相当異なりますので、そこはお手持ちのオーブンにご相談を。

    この流れでオーブンを190℃に予熱しておきましょう。




  1. チョコレート 160g
    無塩タイプの発酵バター (冷えた状態でさいの目状にカットします) 90g

    以上を大きめのステンレス製ボールに合わせ入れます。
    湯せんにかけてスパチュラで優しく混ぜながら、滑らかに溶かし合わせましょう。

    チョコレートは扱いやすいクーベルチュール ノワール 55のフレークタイプを愛用致しております。フレーク状なので溶かす際の刻む手間が省けてとても便利、しかもお手頃価格。

  2. バターが溶けて滑らかになじんだら、ココアパウダー 30gをふるい入れます。
    素早くスパチュラで混ぜ込みましょう。

    ココアパウダーはお砂糖・ミルクを含まないバンホーテンのものを使っております。

  3. 別ボールで卵を泡立てます。

    予め室温に戻しておいた卵 3個
    グラニュー糖 100g

    以上をステンレス製ボールに合わせ、湯せんにかけながら先ずは高速で泡立てます。
    全体が白っぽくなってきたら低速にして更に泡立てましょう。
    空気をしっかり含んで全体がもったりとした状態になったら湯せんを外し、更に高速で泡立てます。最終的には、泡だて器ですくってひらひらとリボン状になって落ちるくらいにまで。

    電動泡だて器で攪拌した後は、手動に切り替えて丁寧に卵のキメを整えることも忘れずに。

  4. チョコレートのボール、卵のボールを合わせて参りましょう。

    先ずは泡立てた卵の1/3量程度をチョコレートのボールに加え、スパチュラで素早く混ぜ合わせます。
    これを卵のボールに戻し入れ、出来るだけ卵の泡を消さないよう底に沈んだチョコレート生地をすくうようにしながら混ぜ込んでいきます。

    用意した型に流し入れ、型の底を数回しっかりと打ち付けて空気抜きをしましょう。
    予熱したオーブンに素早く移し、設定温度を180℃にして先ずは5分焼きます。

  5. この間に、チョコレート生地の上に並べるドライフルーツ・ナッツの類を並べておきましょう。

    今回使ったのは、ナッツ類は前述のアーモンドとパンプキンシード。
    フルーツはマンダリンオレンジ・ストロベリー・ソフトタイプのイチジクのドライを使いました。
    イチジクは縦半分にカットしておきます。

  6. 5分焼いた生地をいったんオーブン庫内から取り出し、ドライフルーツ・ナッツを上に並べましょう。こうして並べると、せっかくのフルーツ類が底に沈んだりしませんからね。

    最初に大ぶりなものから配置し、順に小さなものをその周囲に散らすと綺麗です。
    今回ならば、イチジク、オレンジ、イチゴ、アーモンドの順に、そして最後に隙間を埋めるようにパンプキンシードを散らすといった具合に。

  7. 再度180℃をキープしておいたオーブンに移し、更に20〜25分焼きます。
    途中様子をみて、フルーツに焼き色がつき過ぎるようならばアルミホイルをかぶせて。

    焼き上がったらオーブン庫内から出し、そのまま冷まします。

    しっかり冷めたら冷蔵庫に移し、ひと晩おいて味をなじませます。
    生地がしっとりと落ち着いたところで型から出してオーブンシートを除きましょう。

    生クリームはもちろんタカナシ製品を。
    200tに対し、お砂糖は大さじ1程度の極々少量でゆるりと泡立てます。
    カットした濃厚チョコレートケーキにたっぷり添えて召し上がれ。











当初はハート型で焼き上げる予定でおりましたが、何と申しましても陥没するのがこのケーキの常。
陥没したハート、バレンタインデーにはちょっとね、あんまりよね、という訳でパウンド型になりました。

少々焦りました。
断面が今一歩美しくないのが残念ではありますが、等の主人はそんなこと全く気にもならない様子。

ここで切り口が気に入らないなどと私が言おうものならば・・・
彼は 『ならば丸ごと食べる、ひとりで食べる』 くらいのこと言い出しそうなので、やめておきましょう。





何はともあれHappy Valentine's Day!
今週末も美味しいお酒が待っております。

posted by しんさん at 15:58 | Comment(2) | たまぁ〜に作る凝ったお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きゃぁぁぁぁ〜・:*(〃∇〃人)*:
濃厚チョコレートとっても美味しそうです!
しかもドライフルーツもりもりでなんて贅沢☆
しんさんのお宅まで食べに行きたい〜〜!!

これは旦那様からのホワイトデー楽しみですね(笑)
Posted by うめ☆つき at 2016年02月15日 16:27
チョコレートより濃厚なチョコレートケーキです(^^♪
素敵でしょ?
プロの手で作られたとしたら原材料が。。。おぉ怖っ!の素人限定作品です。

近所の西友さんにて、『タカナシ特選北海道純生クリーム47』が復活致しました。
今なら添える生クリームも、負けず劣らず濃ゆぅございます。
血糖値乱しのこのケーキ、うめ☆つきさんにも是非チャレンジ頂きたい♪

ホワイトデーの戦利品は既に私の手中に・・・ふふ(笑)


追伸)
『下萌』美しい言葉ですね。
Posted by しんさん→うめ☆つきさんへ at 2016年02月16日 10:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。