2016年02月10日

祝日は目前、 やる気のない 頑張らないお弁当

明日木曜が祝日ということで、主人も私も週明けから少々浮かれ気味。
おそらくこの浮かれたムード、祝日間近というだけにはあらず、その後に続く京都旅行等も絡んでいるのでしょうけど兎にも角にもふたり気分が高揚致しております。

そのせいもあって、昨晩はふたりとも少々ワインが過ぎました。
寝過ごしたという程ではないにしろ、まだお酒が体に残った状態での目覚め。
これでは朝食・お弁当を作る気になろうはずありません。

ぼさーっとした状態で拵えた本日のお弁当。

ほんのりと蜂蜜を効かせた林檎と人参のスープ。

穏やかな甘い香りにようやく頭と体が機能し始めましたので、常備してありますプンパニッケルを引っ張り出して参りました。カットして、しめ鯖のタルタルを添えてみましたよ。





圧力鍋で崩れそうな程にやわらかく煮上がった林檎が、すさんだ心身を和らげてくれます。
祝日だからと言って、浮かれ過ぎてはいけませんね。

・・・多分今夜も飲んでしまうのでしょうけどね。





林檎と人参のスープ、本当に簡単ですよ。
  1. 人参 1本は長さを3等分程度にし、縦2〜4つ切りにして面取りをします。
    林檎 1/2個分は縦4つ切りにしてヘタを除き、更に横に2等分して同じく面取りを。

    圧力鍋に合わせてひたひたにお水を注ぎ、乾燥なつめ (作り方はこちら) を散らします。
  2. レモン汁とフルーツブランデー (各大さじ1強程) ・蜂蜜 (小さじ1強といったところかしら) ・ 縦半分に切ったカルダモンを加えて煮立て、3分加圧して圧が自然に抜けるのを待ちます。

    カルダモンの莢を除き、器に盛って出来上がり。

    実はこのスープ、容器に少し残った蜂蜜を綺麗に使い切りたいが為だけに思いついたもの。
    お鍋の煮汁をちょっと拝借し、蜂蜜の容器に入れてちゃぷちゃぷっとね。
    飲み過ぎにダレる心身に思いのほか効果てきめん。





鯖好きの主人が箱で取り寄せるしめ鯖、そして鯖の燻製。
これらを使ったタルタル風のお菜は、我が家の定番でもあります。

本日はプンパニッケルに合わせて。
サンドウィッチにする手間も今日は避けたい、そんなダラけっぷりでありました。
  1. 先ずはカリフラワーを蒸しましょう。

    圧力鍋に少量のお水を張り、蒸しすをセットして煮立てます。
    蒸しかごに入れたカリフラワーを蒸しすの上におき、圧がかかってひと呼吸おいたら火を止めます。錘が揺れ始めるまで待たず、圧がかかればそれでストップ。

    そのまま圧が自然に抜けるのを待って蓋をあければ、程よく蒸し上がったカリフラワーが。

  2. 半解凍状態にまで戻した冷凍しめ鯖・玉ねぎ・1のカリフラワー・菊芋・スープに使った人参と林檎の切れっ端、これらをフードプロセッサーに合わせて攪拌します。

    ボールに移し、アボカド・レモン汁・レモングラスのオリーブオイル漬け (☆)自家製の粒々マスタード (☆) ・フルールドセル・黒胡椒を加えて丁寧に和えましょう。
    最後にミックスペッパーを散らし、一口大にカットしたプンパニッケルを添えて出来上がり。






主人のお弁当はこんな感じにまとめてみました。











お弁当も出来上がる頃になると、食欲も戻って参ります。

それでも起き抜けの主人、彼の食欲はまだまだでしょう。
こんな時、朝食は食べ心地の良い蕎麦がきがいちばん。

更にスピードアップした上に、木の葉の大きさも自在に操れるようになるまで成長致しました。
今朝はやや濃い目に仕上げた具沢山 (本当に具沢山) のお味噌汁を添えて。





  1. ゴボウ・人参・大根等々大きさを揃えて切って圧力鍋に合わせ、ごま油で炒めます。
    煮干し出汁を注いで5分加圧し、圧が自然に抜けるのを待ちましょう。
  2. 斜め切りにしたネギ・適当に切った菊芋 (よく煮込んだほっこり菊芋が好きな方は1で加圧しても) ・マイタケを加えて加熱し、酒粕・白味噌・赤味噌を溶かします。

    お味噌を溶かす前に、しめ鯖で拵えた簡略版つみれも加えて火を通しましょうか。
    お弁当のタルタルにしたしめ鯖、アボカドその他を加える前に少々拝借して片栗粉を加えてつみれにしたもの。お味噌汁にとろみがつくので、蕎麦がきに絡みやすくなります。

  3. 簡略版蕎麦がきを拵えましょう、文字通りの簡略版です。

    沸かしたての熱湯 90tを計量カップに注ぎ、すぐさま蕎麦粉 大さじ4を加えましょう。
    素早く菜箸でかき混ぜ、スパチュラにお水をつけながら4等分します。

    手の平もお水で湿らせながらざっくり木の葉型に整え (この頃には随分と生地も冷めておりますので手で触れても平気です) 、湿らせたまな板の上へ。
    スパチュラにお水をつけながら形を整えて葉脈を作ります。

    熱湯にそっと移し、ふわりと木の葉が浮いた感じになるまで茹でれば出来上がり。
    器に移してゆで汁を注ぎ、刻みネギを添えます。熱々のお味噌汁と一緒に召し上がれ。






お椀から溢れそうな具沢山のお味噌汁、そして蕎麦がき。
寝起きの体調不良はすっかり吹き飛び、主人ともどもいつもの通りしっかり朝食を済ませました。

今週末は・・・そうそう、毎年恒例になっております某ご婦人の合唱発表会でしたわね、主人。
すでに金曜日をすっ飛ばして気持ちは週末、発表会の後のデートはどこへ参りましょうか。

バレンタインも近いことですし、明日はワイン片手にチョコレートケーキでも焼こうかしら。
見たいDVDも溜まっておりますしね。
寒さが気にならないほどの浮かれっぷり、まだまだしばらくは続きそうです。

posted by しんさん at 16:00 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。