2016年01月25日

アンチ時短料理 〜 こんにゃく編

それはそれは寒い日曜でございました。
寒い上、年に一度あるかないか、日曜日にも関わらずお仕事の打ち合わせが入った主人。

そんな訳で外出もままならぬ (主人がお家にいても滅多に外出しませんけどね) 昨日、日曜。
ならば私はお家にしっぽりこもって過ごしましょうと、朝からアンチ時短料理に取り組んでみました。

出勤前の主人に温まってもらおうと、遅めのお昼に間に合うよう拵えた甘酒 (昨日の日記 ☆)
そしてもうひとつ。
帰宅した主人には先ずお風呂で温まってもらい、その後一緒にぬる燗など楽しみましょうと・・・

味がしみしみのこんにゃく、拵えてみましたよ。

晩酌の肴はカロリー控えめがよろしいと、ようやくこの歳になって主人も納得してくれた様子。
カロリー控えめの代表みたいなこんにゃくに、じっくり半日かけて味をしみこませてみました。
正にアンチ時短料理であり、そして放ったらかし料理であり。
予定しておりました “玉こんにゃく” が近所のスーパーでは見当たらなかったことだけが残念無念。

昨日は煮卵、鴨と焼きネギの碗と共にぬる燗を楽しみました。

あ・・・煮卵の器量が随分と悪いところも残念無念でしたっけ。

とにかく、味しみしみの田舎風こんにゃくの煮物。
次回は是非当初の予定通り玉こんにゃくで。
その為にも備忘録。





  1. 先ずはお鍋に調味料を合わせておきましょう。

    お醤油 50cc
    お酒 大さじ 1
    細切りにしたスルメと昆布 適量

    今回、ぬる燗の肴というのが大前提ですのでお砂糖は加えずやや辛めの味付けです。

  2. 不本意ながら今回は板こんにゃくで。
    270gの板こんにゃく 2枚の水気をしっかりと拭き取りまな板の上へ。
    拳で両面殴って殴ってこんにゃくの水気を追い出してから、食べやすい大きさにちぎります。

    たっぷりとお湯を煮立て、ここにこんにゃくを加えて2〜3分茹でてからザルにあけます。
    素早く水切をし、熱々のうちに1のお鍋に加えて調味料をからめましょう。

  3. 火を入れることなく、時々上下を返しながら1時間ほどおきましょう。
    煮卵を添えるなら、この段階でお好みの加減に茹でた卵を加えておきます。

    卵を加えたら、こんにゃくの上下を返す時卵を一旦お鍋から出し、また戻し入れるのが賢明。
    でないとデリケートな卵が崩れてしまいますからね。

  4. 加熱せずとも、1時間もすればこんにゃくに随分と調味料がしみ込んでおります。
    ですが更にアンチ時短料理、お水をひたひた弱に注ぎ、この状態で半日おきましょう。

    その後、卵を取り出してようやく徐に中火にかけます。
    煮汁が1/3量程度になるまで煮詰めれば出来上がり。






こうして時間だけは充分にかけて仕上がった田舎風こんにゃく。
昨日はぬる燗の肴として、今朝は朝食の立派な1品として、鮭の西京焼きと席を共に。

年末に頂いた鮭の西京焼き、ようやく堪能することが叶いました。










昨晩はちょっと調子に乗ってお酒が過ぎたようです。
気持ち良く朝寝坊してしまいました。
こんな日は、こんにゃくと相反してささっと拵えるお弁当と致しましょう。

主食はいつぞやの人参ケーキ (そうそう、この日のケーキだわ ☆)
冷凍保存してあったものを自然解凍し、何食わぬ顔でスープとお菜に添えましょう。





ようやく冬将軍到来といった候、お弁当にはスープを添えたい寒さです。
少々意外な組み合わせではありますが、大豆・胡桃・ココナッツミルクのスープはいかが?
ほの甘い味付けは、酒粕・白味噌・ココナッツシュガーで。うんと温まって下さいな。
  1. 大豆はひと晩たっぷりのお水に浸しておきます。

    圧力鍋で胡桃を焦がさないよう乾煎りし、ここに浸け水ごと大豆を加えて煮立てましょう。
    丁寧にアクを除き、5分加圧して圧が自然に抜けるのを待ちましょう。

  2. バーミックスで滑らかに攪拌し、ココナッツミルクを加えてゆっくりと温めます。
    ココナッツシュガー・酒粕・白味噌を加えて煮溶かし、干しなつめを加えてひと煮たち。

    自家製干しなつめの備忘録はこちらにて ⇒ ☆ 干して冷凍しておくと何かと重宝致します。

    器に盛り、パンプキンシードを散らして出来上がり。






やっつけと思いつきだけで拵えた鴨・ネギ・春菊のサラダ。
  1. 春菊は綺麗に洗って水気をしっかりと切り、やわらかな葉先部だけを食べやすい大きさに切ってボールに移しておきます。残った根元部分はお味噌汁に。
  2. フライパンを熱し、ぶつ切りにしたネギを油をひかずにゆっくりじっくり焼きます。
    ネギの甘みを充分に引き出したところで、ネギを端に寄せましょう。

    鴨の燻製 (市販品) を食べやすい大きさに切り、空いた部分で両面さっと数秒焼きます。
    鴨から出た油をネギにからめ、熱々の状態で1の春菊の上に。ひと混ぜして出来上がり。

    特に調味料を加えずとも、うん美味しい。











昨日から味をしみこませたこんにゃく、頂き物の鮭の西京漬け。
これらのおかげで、今朝はお寝坊したにも関わらず余裕あり、そして西京漬けは最高に美味し。

先日買ってもらった “アラジンのオーブントースター” 。

姿形は小さななりでも、やはりオーブントースターはオーブントースター。
オーブンでは出来ないこともさらりとやってのけます。





西京漬けも最高に美味しく焼き上がりましたよ。
  1. 西京漬けのお味噌はしっかりと除いておきます。
    頂いたこの西京漬けは、ガーゼに包んで漬け込んであったのでその工程は省略。

    フライパンに極少量お水を張って煮立て、ボード型にしたお魚ホイルに並べた鮭を移します。
    中火でぴったりと蓋をし、5分程蒸し焼きにしましょう。
  2. これをホイルごとオーブントースターに移し、表面に綺麗な焼き色がつくまで。
    ・・・ちょっと焼き色のつけ過ぎかしら。
    皮はパリパリ、お味も最高、まだふた切れ残っているのがいと嬉し。






昨年末の事故以来、どうも出不精に拍車がかかってしまった模様。

そうは言っても食材調達・生活雑貨の類はこまめに調達しておりましたのに、近頃はそれすら滅多に行かず、暖かなリビングで室内に植え替えた金時草のお手入れをしながら過ごす毎日。
主人が箱買いする食材でどうにでもなるのが、これまた出不精でいられる所以。

それにしてもそろそろ食材調達しないとね。
食事の色合いが地味で仕方がないもの。

明日は冷凍卵白をやっつけよう。
・・・あら、じゃ、また食材調達せずとも過ごせるかしら。

posted by しんさん at 16:09 | Comment(0) | お弁当以外のお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。