2016年01月20日

鶏を丸っと煮込みましょう、有り合わせ参鶏湯 (サムゲタン)

たいした食材は入っていない筈なのに、年末辺りから我が家の冷凍庫に隙間がないのは・・・
そう、クリスマス明け、ついその見切り価格に釣られて購入致しました “丸鶏” のせい。

丸鶏とは言ってもたかが1キロですので小ぶりではありますが、それでもかさ張るのは確か。
詰め物をしてローストチキンでもと調達致しました丸鶏ではありますが、こう場所をとっては・・・ねぇ。

初志貫徹とは参りませんでしたが、そろそろ潮時。
まぁ何とかなるでしょうと、初めての参鶏湯 (サムゲタン) に朝からチャレンジしてみましたよ。

昨日から降り始めたのでありましょう、外は一面の銀世界。
寒い寒い朝にぴったりな生姜たっぷりのサムゲタン、どうぞ遠慮なくお腹の底から温まり下さいな。

サムゲタンとは申しましても、そこは我が家のそれですもの。
朝鮮人参?ございません。
冷凍庫で眠っておりました “コリアンダールート (文字通りコリアンダーの根っこです) ” が代用品。
毎度のことながらの有り合わせ料理、有り合わせサムゲタンでございます。





意外と有り合わせでも形になってしまうもの。
圧力鍋を使った有り合わせサムゲタン、また機会があれば是非拵えたいお料理のひとつ。
  1. 丸鶏はしっかりと解凍しておきます。
    お腹の中までしっかりと洗い、水気を丁寧にふき取っておきましょう。

    ね、この丸鶏、私でなくとも心惹かれるお値段でしょ?

  2. 鶏のお腹に詰める具の準備を致します。

    先ずはコリアンダールーツ、前述の通りコリアンダーの根っこ部分です。
    綺麗に洗って水気をしっかりと切り、冷凍保存してあったもの。
    スパイスボール等を使って丁寧につぶしておきましょう。
    冷凍したコリアンダールーツは、繊維が崩れやすいので大助かり。

    もち米は洗って30分ほどお水に浸した後、ザルに上げて再度30分ほどおきます。

    人参は、お正月用のねじり梅を拵えた際の切れっ端です。
    扱いやすい大きさに切り揃えて冷凍保存してあったものを使っております。

    自家製の干しなつめ (☆) 、これも冷凍保存してあったもの。

    上記の材料 +十六雑穀、みじん切りにしたたっぷりの生姜、皮をむいたニンニクを大きめのボールに合わせ、丁寧に混ぜておきましょう。
    コリアンダールーツ・干しなつめ・ニンニク・生姜はお鍋に加える分を残しておきます。

  3. 丸鶏の首部分の皮を引っ張りながら、爪楊枝でしっかりと綴じます。
    お尻の方から2を詰め、同じく爪楊枝で具が溢れないようしっかりと綴じましょう。

    腿と手羽部分をたこ糸でしっかりと縛って圧力鍋の中へ。

    圧力鍋の限界量を超えないよう気を付けながらお水を注ぎ、薄切り生姜 (皮つきです) ・包丁の腹でつぶしたニンニク・干し貝柱・干しなつめ・コリアンダールーツ・八角 (小ぶりなものを1個で充分) を散らしましょう。

    泡盛 (もちろん日本酒でも。あまり好みでない泡盛がありましたので使ったまでです) を注いで強火にかけ、アクを丁寧に除いてから先ずは20分間加圧しましょう。

    圧が自然に抜けるのを待って蓋を開け、ゆで汁の量が充分がどうか確認します。
    必要ならばお水を足し、再度20分加圧して再度圧が自然に抜けるのを待ちましょう。

    ・・・ムチムチのパンパンです。
  4. たこ糸を除き、適当に捌いてゆで汁ごと土鍋等に移して食卓へ。
    圧力鍋で40分煮込むと、お肉はほろほろ、身離れにも何の苦労も要しません。

    お塩も含め、味付けは一切致しておりませんので食卓で各々お好みで味を調えます。
    さぁさ、薬味をたっぷり用意して早く早く食卓へ。











用意致しました薬味は、自家製柚子胡椒 (☆) + 塩昆布。
小口切りにしたネギ+ひねり胡麻。
そして “ナムピックパオ” と呼ばれるタイの万能調味料。

意外とこの “ナムピックパオ” が有り合わせサムゲタンに合うこと合うこと。
主人、いそいそと2杯お代わりして朝食を終えました。










しっかり朝食をお腹に収めましたので、お弁当は控えめにしましょうね。
せっかくですもの、サムゲタンの胸部分をちょいと拝借してこれまた有り合わせのジャーサラダなど。

炭水化物が悪者扱いされる諸説は多々耳に致してはおりますが、白米ならずともやはり少しは毎食事ごと取り入れたいもの。
甘みの少ない “アヤムラサキ” という品種の紫芋がございましたので、これをお弁当に使いましょう。





  1. アヤムラサキは皮つきで1.5cm角程にカットし、10分程お水に浸してザルに上げます。
    ひとつひとつ丁寧に水気をふき取り、レモングラスのオイル漬け (☆) ・てんさい糖をまぶしてアルミホイルを敷いた鉄板に重ならないようひろげます。
  2. 200℃に予熱したオーブンで先ずは10分焼きましょう。
    一度オーブン庫内から出し、てんさい糖をふりかけ再度オーブン庫内へ。
  3. 設定温度を140℃にし、低温で30分焼きます。
    この時一緒に自家製ドライトマト (☆ これも干して冷凍保存してあります ) も。
    オーブン庫内で更に20分間放置すれば、サツマイモはカリカリ、ドライトマトは甘々です。






容器の底には、ざっくりとほぐしたサムゲタンの胸肉部分。
その上には、レモン汁と極々少量の白だし醤油を絡めたアボカド。
そしてドライトマト・黒とグリーンのオリーブ2種・カリカリのサツマイモと続きます。

こうして長らく冷凍庫を占拠致しておりました丸鶏は、お行儀良くふたりのお腹に落ち着きました。





いや、いくら何でも1キロ分を朝食とお弁当だけで食べられる程の大食漢ではありません。
丸鶏の最終お片付けは、まだまだ明日も続きます。
丸鶏のお腹に詰めたもち米その他も、火を通す前の状態で残っておりますし・・・さてどうしたものか。

今夜お風呂に浸かりながらゆっくり考えることと致しましょう。
夜もうんと寒くなりそうです。

posted by しんさん at 15:26 | Comment(0) | お弁当以外のお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。