2016年01月07日

うっかりミス連発、力技のお片付け料理2種

今年のお正月料理は、その揃え・量・品質ともに充分満足に値する内容でありました。

ほぼ私の手作りでしたので、品質に関してはさほど大袈裟なものではありません。
それでも素朴で分相応、来年もこの路線で参りましょうと、主人とふたり顔を見合わせる心地良さ。

そんな今年のお正月料理。
調子良くふたりのお腹に収まりは致しましたが、まだ少量残っている品も数種ございます。
食材調達が趣味とも言える主人の今後の行動を見据え、お正月料理のお片付けに勤しむ昨今。

先ずは黒豆。
今年は黒豆を前・後半に分けて仕上げましたが、その前半に拵えた黒豆もそろそろお片付けの頃。
煮汁も使った “黒豆プリン (備忘録はこちらにて ⇒ ☆) ” は、我が家の定番お片付け料理です。

いつもは卵黄のみを使う黒豆プリンではありますが、冷凍庫内には残った卵白が・・・
あら、随分溜まっておりますこと。

つい貧乏性が先立って、卵白のみで拵えてみました “黒豆プリン” 。
あら、なかなか上手くいったと思いきや、いつも加えるスキムミルクを入れ忘れました。
要は、黒豆の煮汁・牛乳・卵白だけの “うっかりプリン” に仕上げてしまったってことです。





いつもの黒豆プリンが大好きな主人。
通常ですとお褒めのコメントが昼食時に届くのですが、本日プリンに関しては完全にスルー。
・・・卵白のみに加え、スキムミルクの入れ忘れが祟ったのかしら、きっとそうね。

“うっかりプリン” ではありますが、今後の為に備忘録。
仕上がりとしては・・・そうね、ちょっと卵の嫌な感じが居座った滑らかプリンってとこかしら。

以下の分量で、iwaki製の耐熱100mlプリンカップに4つ分です。
  1. 冷凍卵白は2個分。
    早めに冷凍庫から出して半解凍の状態でラップを除き、泡だて器で軽くほぐしておきます。

    あまり真剣に泡だて器で混ぜるとメレンゲ状になってしまいますから、ゆるっとね、ゆるっと。

  2. 牛乳 200cc
    黒豆の煮汁 100cc

    以上を小鍋に合わせ入れて人肌程度に温めます。
    スキムミルク (大さじ2) を入れるならここかしら、温めた牛乳に加えて溶か・・・したかった。
  3. 2を1に少量ずつ垂らしながら、素早く泡だて器で混ぜ合わせます。
    3〜4回丁寧に漉して器に分け入れ、表面の泡をスプーンですくい取りましょう。
  4. ひとつひとつ丁寧にアルミホイルで蓋をし、ぴったりと蓋の出来るお鍋に並べます。
    容器の半分程度の高さまで熱湯を注ぎ、お鍋の蓋をしてうんと弱火で10分強。

    ひとつアルミホイルを外してチェックし、表面がふるふるっとどうにかかたまっていればOK。
    再度アルミホイルで蓋をしてお鍋に戻し、お鍋の蓋をしたまま粗熱がとれるまで放置します。

    冷蔵庫で冷やし、黒豆を飾って出来上がり。
    近日中にスキムミルクを加えて再チャレンジの予定。











お正月料理ではありませんが、昨年末に主人が大量購入した半生うどんにも困惑致しております。

送料の関係で、主人が取り寄せる食材は兎にも角にも箱単位なことが多々。
40代も後半ふたり暮らしの我が家ですもの、そうそう食い盛りのお子のようには参りません。
しかも困ったことに、確かに存在しておりました主人のうどんブームは今や過去のお話。

各種収納場所もほぼ満杯、新規生鮮食材調達もままならない現況で、さてこの大量の半生うどん。
得意の力技でねじ伏せてみましょうか。

拵えながら自分で笑ってしまいました。
在庫食材のお片付けには、断然今更ながらのジャーサラダ。
遅れ馳せながら昨年末近くに試作し、我が家におけるそのブームはまだまだ今年も続きそうです。
冷凍野菜等々を使ったトマトソースにうどんをからめ、ジャーうどんと致しましょう。

“うっかりプリン” に関してはノーコメント・スルーだった主人。
スマホに届いたコメントは、 “ジャーサラダからうどんが出てきた!びっくりした!” ・・・でありました。





冷凍枝豆・冷凍トマト・冷凍ベーコン・冷凍ブロッコリー・冷凍ミニトマト・・・
問題を先延ばしした冷凍野菜たちを寄せ集め、トマトソースを拵えてうどんをからめます。
  1. 冷凍枝豆はさっと湯通しし、莢から出して容器の底に並べます。

    冷凍トマト (ヘタを除いて丸ごと冷凍保存してあります) と冷凍ベーコンは、半解凍の状態でざく切りにしておきます。
    冷凍ブロッコリー (かために塩茹でして冷凍保存) は湯通しし、小振りに切り分けます。
    半生うどんは短めに茹でて丁寧に水洗いし、水を切っておきます。

  2. みじん切りにしたニンニクと玉ねぎ・刻んだ唐辛子をオリーブオイルで炒めます。
    香りが立ってきたらベーコンも加えて炒め合わせましょう。

    乾燥ポルチーニはお水に浸して戻し、食べやすい大きさに切り揃えて戻し汁ごとお鍋へ。
    同時にトマト・極少量のコンソメパウダーも加え、水気が上がってきたらタイムを加えます。

    しばらく煮込んだ後、蜂蜜・オイスターソース・極少量のお醤油を加えます。
    ややとろみのあるソース状になるまで煮詰めたら、うどんを加えてからめます。

  3. うどんの粗熱をとり、先ずは麺だけを枝豆を並べた容器に落ち着かせます。
    この上に薄くスライスしたペコリーノロマーノを散らし、黒胡椒を挽き入れましょう。

    ブロッコリー・種をピッターで除いたオリーブ2色・冷凍ドライミニトマトをお行儀よく並べ、お鍋に残ったうどんのソースをそっと加えます。

    ここでうっかりミスふたつめ。
    トマトソースの上には、鯖の燻製を散らす予定でおりました。
    が、解凍したその鯖はしめ鯖・・・燻製ではなくてしめ鯖でした。
    解凍してしまってからでは後の祭り、今更後には引けませんので作業続行致します。

    更にスライスしたペコリーノロマーノを散らし、ルッコラーで覆って出来上がり。






恐れておりましたしめ鯖は、案外違和感なくトマトソースに馴染んでおりました。
それよりも何よりも、底からうどんが出できたってことが主人には驚きだった様子。

自分で大量買いした手前、ぼやくことも出来ませんでしょう?
しめしめとうどんを容器の底にひた隠すあのお間抜けぶりと言ったら・・・平和だわ、我が家って。










朝食くらいはまともに準備致しましょうね。
1月7日、今朝はもちろん七草粥ですよ。






  • 今年の七草粥は、お米・キヌア・押し麦ブレンドで。
    七草はお手軽なセットで揃えました。

    ルッコラーやハーブも含め、この類の葉野菜は極々少量のお水を張ったビンに挿し、縦長の大きめコンテナの中にビンごと並べて野菜室へ。
    根元以外は水がつかないよう、こまめにコンテナについた水滴をふき取ってあげれば、2週間経ってもしゃきっと元気な姿を誇っております。






  • お弁当用に半分使ったしめ鯖。

    朝食には、ルッコラー・ペコリーノロマーノとお皿に盛り付け・レモンドレッシングを回しかけて食卓へ。
    レモンドレッシングは、レモン汁・オリーブオイル・極少量のお醤油をよく混ぜ合わせたもの。
    次回は是非是非燻製で拵えてみたいものです。






七草粥には大好きな明太子を添えて。

ちらほらとお正月感が漂う朝食にまだまだ納まっておりますが、まぁそれもおいおい・・・ね。





半生うどん、酒粕、燻製と酢〆2種の鯖、まだまだ課題は盛りだくさんです。
冷蔵庫に多少鎮座しておりますお正月料理なんて可愛いもの。
主人の食に対する好奇心はまだまだ衰えることはありませんでしょう。

ま、それも良いか。

posted by しんさん at 15:24 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。