2015年09月23日

芋・栗・南京・栗きんとん、連休中はちょっと手間隙かけて。

シルバーウィークも最終日となりました。
明日からは、日が高いうちのビールもワインも焼酎もお冷もご法度となります。ちぇっ。

連休中ずっとお家で主人とぐだぐだ飲んだくれて過ごしたわけですが、昨日はちょっとお出掛け。
先日ジャワ更紗の帯 (☆) をお世話下さった呉服の “なか志まやさん (☆) ” が、名古屋で展示会を開催されるというので、主人と覗いて参りました。
鮮やかなローズ色の結城紬のショールと、やわらかな色合いの帯揚げを購入して、只今ご機嫌。

その後はシルバーウィーク中唯一予定に入っておりましたワイン会に参加し、今しがたようやくヨレヨレと主人が起き出して最後の休日をどうしようか話しているところでございます。

いつもならこのワイン会、素晴らしいワインをお持ちくださる殿方に敬意を表しパイの類を焼いてお持ちするのですが、今回は秋の雰囲気漂う “栗きんとん” をお持ち致しました。

何分素人の手作りですので、見た目はまぁこんなところとお笑い下さい。
ですが、味は手前味噌ではありますが本当に抜群であります。

恐れ多いとは重々存じつつ申し上げますが、岐阜の栗きんとんと言えば “すや” さん。
すやさんの栗きんとんにも負けるとは思えぬ風味です。
少々手間はかかりますが、栗そのものを楽しむのなら断然栗ご飯より栗きんとん。
材料は栗とお砂糖だけですもの、不味くなりようがありません。





農協さんで購入致しました艶々の栗。

それ程大降りな栗ではありません。
ですがやる気さえあれば、ホッペが落ちそうな栗きんとんがたっくさん出来ますよ。










詳しい作り方は以前の日記にて ⇒ “ふたりで食べよう 栗きんとん”
今回はほんの少し楽をして、栗を圧力鍋で茹でてみました。
  • 栗を綺麗に洗い、たっぷりの熱湯に1日浸しておきます。
    これを圧力鍋に移し、お水をひたひたに注いで15分間加圧します。

    自然に圧が抜けるのを待って蓋を開け、ひとつずつ皮と薄皮を丁寧に除きましょう。
    以前は栗を半分に切ってスプーンで実を掘りだしておりましたが、意外と包丁の方が綺麗に皮がむけることを今年は学びました。

    但し、栗が冷めると皮がかたくなって剥き辛くなるので、栗は茹で汁に浸したままに。
    ひとつずつ剥く分をお湯から出して水気を綺麗に拭きとっては、包丁を使って皮むきします。
    ですので軍手は必須です。






  • 栗の皮をむいたら、次は実を丁寧に裏漉しします。
    相当大変な作業ですが、この工程を侮ると美味しい栗きんとんにはありつけません。
    指も痛くなりますが、それでもフワフワに裏漉しされた栗を見ると嬉しさもひとしお。
    ヘッドフォンをして、ラジオ英会話をスマホで聞きながらの作業です。

    今回は裏漉しした状態で750グラム弱ありました。我ながら本当によく頑張りました。






  • 裏漉ししたフワッフワの栗の実をお鍋に移し、その重量の20〜30パーセント程度のお砂糖を加えます。今回は栗 750グラム弱に対し、上白糖 150グラム。

    うんと弱火にかけながら、丁寧に練り混ぜます。






  • お水でぬらした晒布をきつく絞り、楽しい成形へと工程は移ります。

    例年はガーゼを使っておりましたが、目の細かい晒布が断然お勧め。
    器量はあまりよろしくありませんが、記念すべき今年の栗きんとん第1号。

    もちろんこれは、ワクワクとその出来上がりを待っておりました主人のお口へ。





高価な栗きんとん。
こうして自ら拵えてみると、そのお値段にも大いに納得してしまいます。
お家で拵える栗きんとんは、その労力を差し引いても本当に美味しい。

何より主人の喜ぶ顔がね、嬉しいのです。










ワイン会にお持ちする栗きんとんが整いました。
不恰好ではあるけれど、その素朴な佇まいがなんとも微笑ましくて・・・

お行儀良く整列した姿を写真の収めたら、タクシーに乗ってワイン会へ。

そして翌日、主人も私も軽く二日酔い。
それでも時間が経てば癒えるもの。

お昼ごはんはスパイシーなレッドカレーでも拵えましょうか。
シルバーウィーク最終日、今日はお料理しながらのビールはなしかしら。
いや、やっぱり飲もう。
明日からは健全な生活が戻って参ります・・・多分ね。

posted by しんさん at 11:30 | Comment(0) | たまぁ〜に作る凝ったお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。