2015年06月12日

今シーズン初のトウモロコシを使って2種 〜 炊き込みご飯 ・ ライスペーパーの揚げ春巻き

いつも通りに主人を送り出し、ホッとひと息ついた昨日のことです。

チャンネルはいつものNHK。
『子供からお年寄りまで皆に喜ばれる簡単料理を教えて!』 なるお悩みを解決するコーナー ⇒ 
コブミカンのお手入れをしながら、聞くでも見るでもなく何となくテレビからの音を拾うことしばし。

ふと手を休めて顔を上げたのは、軸付きトウモロコシの実を外して揚げ春巻きを拵えていたから。

軸つきのトウモロコシで揚げ春巻き・・・甘くて美味しいでしょうねぇ・・・
その上そこにミントを合わせますかぁ・・・トウモロコシ・・・いいなぁ・・・

・・・ 『念ずれば通ず』 でしょうか、実家の母親から軸付きトウモロコシが届きました。

いつもなら何より先ず塩茹でにするのですが、諸事情ありまして炊き込みご飯に挑戦してみました。
甘い旬のトウモロコシとご飯の相性は、噂に違わぬ美味しさで大満足。

材料も工程もシンプルそのもので、塩茹でトウモロコシよりお気楽な気すら致します。
フレッシュトウモロコシで作る炊き込みご飯、聞きしに勝る美味しさです。





とっても簡単。
ご飯を炊くのに我が家では土鍋を使いますが、炊飯器でも美味しく仕上がるのではないかしら。
  1. お米をいつも通りに洗い、ザルにあけてしばらく水切りをしてから土鍋に移します。
    お水・少量のお酒を足して “お米の量 +α” にして注ぎ、極々少量のお塩を加えてひと混ぜしましょう。
  2. トウモロコシは皮・ヒゲを取って洗い、包丁を削ぐように使って実を外します。

    この時トウモロコシが長いからと言って、半分に切ってから削ぐのはあまりお勧めしません。
    フレッシュなトウモロコシだけに、ふっくらとした実がつぶれて果汁が飛び出してしまいます。

  3. トウモロコシの実をお米の上にたっぷりと散らしましょう。
    実を外した軸部分は半分に切ってこの上に並べ、いつも通りに炊き上げます。
    蒸らしが終わったら軸を除き、ざっくり底から混ぜれば出来上がり。

    トウモロコシの甘さって、これ程までにご飯と好相性だったのね。
    ツプッとした食感もしっかり残っていて、もちろん主人もお気に召した様子。











トウモロコシの炊き込みご飯、上々の出来に気分も上々。

あら、でも、お弁当を忘れるわけには参りませんものね。
今日は、主人がお洋服を買いに連れていってくれるって約束ですもの。
主人の言いつけ通り、軽めのお弁当を素直に用意いたしましょう。

・・・か、軽過ぎたかしら。
しかも簡単に済ませ過ぎたかしら。

先日拵えた “ミント風味の人参ジャム” ⇒ ☆
どっしりとしたドライフルーツ入りのパンとの相性が気に入って、本日はサンドイッチにしてみました。

カロリー控えめなカッテージチーズと人参ジャムのサンドイッチ。
地味ですがとても私好みの仕上がりです。





作り方も何も・・・って感じですが。
  • ドライフルーツ入りのライ麦パンをスライスし、カッテージチーズを乗せます。
    人参ジャムも乗せましょう・・・パンで挟んで、ハイ!完成。











当初のお目当てでありました “旬のトウモロコシの揚げ春巻き” ・・・無論忘れてなどおりません。

但し、まさかこぉ都合宜しくトウモロコシがホイホイやって来るだなんて予測しておりませんからね。
春巻きの皮などありません。
テレビで紹介されておりました食材も、トウモロコシとミント以外はありません。

・・・ライスペーパーで包んで揚げてみました。
なかなか良い出来で、こうなりますと元々紹介されていた食材が何だったのか問題でなくなります。
フレッシュトウモロコシのライスペーパー揚げ、オリジナルより簡単かも。





材料は、軸から実を外したフレッシュトウモロコシ・アボカド・ミント・そして前日の人参サラダ。
要するにリメイク料理の一環ですね。
  1. アボカドはくし型に切り、少量のレモン汁をまぶします。
    人参サラダは適度に絞っておきましょう。
  2. 晒し布を水でぬらし、かたく絞ってひろげます。
    この上にさっとお水で湿らせたライスペーパーを置き、アボカド・トウモロコシ・人参サラダを彩り良く並べましょう。少し離してミントの葉も並べます。

  3. 出来るだけ空気が入らないように手前から巻き、途中で両端を折りたたんで巻き切ります。
    やや高めに油を熱し、さっと揚げれば出来上がり。






今日のお弁当はワックスペーパーを使いましょう。

パンにライスペーパーの油がしみこまないよう、お弁当用シートを挟みます。
100均ショップで見つけたこのお弁当用シート。
水分だけでなく、揚げ物の油分をもしっかり吸収してくれるなかなかの優れ物。










ミスター ヒカリモノと呼ばれる (呼んでいるのは妻である私だけですが・・・) 主人は、その名の通りヒカリモノが大好き。
特に在庫が切れると自ら大量に取り寄せるしめ鯖に至っては、少々呆れてしまう程。

それでも体に悪いものではないので、つい食卓に登場すること多々。
今朝は、主人の大好きなアボカドとの組み合わせにグレープフルーツを足してみましたよ。






  • 半解凍状態にした冷凍しめ鯖は、中央に切れ目を入れながら薄切りに。
    アボカド・グレープフルーツと共に盛り付け、オリーブオイルを垂らしましょう。
    仕上げにフルール ド セルをちろりで出来上がり。

    フェンネルとかがあれば更に私好みになったのですが・・・生憎フェンネル在庫切れ。






今朝のお味噌汁は、夏の到来を想わせる甘長とうがらしで。
ヨーグルトと納豆はいつもの顔ぶれ。






  • 甘長とうがらしは、さっと胡麻油で炒めてから煮干しのお出汁でやわらかめに煮ます。
    シメジをほぐし入れ、酒粕・赤味噌・白味噌をブレンドして溶かし入れれば出来上がり。





母親が軸付きトウモロコシを届けてくれると、夏近しを実感致します。
明日は定番の塩茹でにして、主人と早くからぐい飲み片手に盛り上がりましょう。

さ、間もなく主人が帰宅致します。
まだまだ園児すら帰宅せぬ時間ではありますが、兎にも角にも帰宅致します。

金曜日のデート、明日がお休みだと思うといつも以上に心弾みます。

posted by しんさん at 13:57 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。