2015年05月21日

食べ心地良いちりめん山椒、イワシのリメイク竜田揚げ

先日下ごしらえをした実山椒 ⇒
当日はイワシのお酢煮に加え、残りは後日にと小分けして冷凍保存しておきました。

実山椒と言えば、やっぱりこれよね。

そう、ちりめん山椒。
自家製ならば、日持ちのことなど重要視しなくて良いのでお好みの味加減に仕上げられますもの。
市販のものより味付けをぐっと控えめにしてみました。

程良いお醤油具合にぴりりとした実山椒の風味。
炊き立てのご飯の上にたっぷり乗せて、主人ではないけれどお口いっぱいに頬張りましょう。

いつもお口を食べ物でいっぱいにして私に叱られる主人。
今日だけはあなたの気持ちが分かります、幸せをかみ締めているのね、いつもこんな風に。





実山椒の下ごしらえさえしておけば、意外と簡単に出来るちりめん山椒。
お上品な市販の味とは異なるお家の味、それもまた格別ですよ。
ちりめんじゃこは市販の1パック分で作っております。
  1. ちりめんじゃこはザルにひろげ、熱湯をざっとまわしかけておきます。
  2. お酒とみりん 各1/4カップを小鍋に合わせ入れ、中火でアルコール分を飛ばします。
    ここに、ちりめんじゃこ・白だし醤油 大さじ1・濃口醤油 大さじ1/2も加えましょう。

    ちりめんじゃこが鍋底にくっつかないよう木べらでそっと混ぜます。
    火を弱め、煮汁がぐっと減るまで10分ほど炊きましょう。

  3. 煮汁が減ってきたところで下処理した実山椒を加え、更に5分程炊きましょう。
    実山椒の下処理、私はこうしております ⇒ 今年は圧力鍋ver.

    煮汁が殆どなくなるまで煮詰めれば出来上がり。

    出来上がりの目安として、中央に窪みを作ってドーナツ状にしてみましょう。
    煮汁がじんわり中央の窪みに染み出なくなるまで煮詰めれば、それが出来上がり。

    炊きたてご飯がもりもり進んで困ります。
    実山椒につい心踊り、久しぶりに加藤 委 (つぶさ) さんのお茶碗を出してみました。











このちりめん山椒、お弁当には・・・そぅね、やっぱりお握りさんにしましょうか。

折角ですもの。
ご飯に混ぜ込んだりせず、三角お握りのてっぺんにトッピング致しましょう。






出来立てのちりめん山椒が誇らし気な小さな三角お握りさん。
写真では見えませんが、ちゃんとお海苔の着物も身につけておりますのよ。
  • 土鍋で炊いた押し麦たっぷりのご飯。
    手の平に少量の寿司酢 (お気に入りの配合はこちら) をつけて、艶々小さな三角お握りに。
    海苔を着物のように巻き、頂点にたっぷりちりめん山椒を乗せてお弁当箱へ。






月曜日の朝食、目下のところ我が家の定番であります “イワシのお酢煮”
多めに作り、日に日に味がなじんでいくのを楽しみます。
そしてこれがなくなると、同じく定番となっておりますのがその煮汁で炊くおからさん。

今回のイワシのお酢煮は山椒風味でありました ⇒
ですので当然その煮汁で炊いたおからも山椒の風味、抜群に美味しい。

  1. 胡麻油を熱し、いちょう切りにした人参を炒めます。
    油がなじんだところでイワシの煮汁を加え、お好みの野菜等・おからも加えましょう。

    今回ここで加えたのは、戻して細切りにした干しシイタケ・湯通し後あられ切りにした油揚げ。
  2. 様子を見て必要ならば干しシイタケの戻し汁も加え、水気がなくなるまで炊きます。
    火を止め、みじん切りにした新玉ねぎ・刻んだネギをたっぷり加えましょう。
    白胡麻もたっぷりひねり、優しく全体を混ぜれば出来上がり。






本日のお弁当。
主人に好評でしたのが、何度か話題に上っております “イワシのお酢煮” のリメイク料理。
イワシのお酢煮を竜田揚げに仕上げてみました。
一緒にゴボウも竜田揚げにしてみましたらば、思いの外主人に大好評。

圧力鍋で骨まで食べられるように仕上げたイワシのお酢煮ですもの。
竜田揚げにしてもそれはそれは美味しい。
ゴボウに至っては、地味なその姿からは予想できない美味しさ。
簡単ですので是非どうぞ。
  1. ゴボウはお野菜ブラシで綺麗に泥を落とし、食べやすい長さに切り揃えます。
    包丁の腹をぐっと押し当てて体重をかけ、全体に軽くひびを入れてから縦に裂きます。

    お酒・みりん・てんさい糖・お醤油でやや甘めに炊き、そのまま冷ましておきましょう。
  2. 1のゴボウをキッチンペーパーの上に並べ、しっかり煮汁を切っておきます。
    イワシのお酢煮も一緒に、キッチンペーパーの上で煮汁を切っておきましょう。

  3. 煮汁を切ったイワシは、食べやすい大きさに切り分けます。
    ゴボウと共に薄く片栗粉をまぶし 、からりと揚げれば出来上がり。
    ゴボウはやや甘めに炊くのがお勧めです。











ちりめん山椒についつい浮かれ、いつもより品数が多い本日の朝ご飯でございます。

実は上記の他に、もうひとつデザートを拵えたのですが・・・あえなく撃沈。

近頃すこぶる調子の良いプリンをね、ちょっと作ってみたのですが。
ミントの葉っぱが沢山ありましたので、これでプリンが作れないものかとね。

出来上がったプリンは、ミントの風味もなければ器量も最悪。
主人に言わせると、せっかくのミントの香りが卵の生臭さで台無しだ・・と。

実に的確な感想に言葉も言い訳も微塵もございません。
主人ってばお料理はてんでダメで諦めたクセに、指示は的確なのよね。

来週は主人の誕生日。
大いに悩んだ結果、結局これぞと言うプレゼントは思いつかず仕舞いでありました。
せめて主人の好きなタカナシの生クリーム (もちろん乳脂肪47%) を買い込もう。
そして飛び切りカロリーの高いケーキなんて拵えてみよう・・・多分ね。

posted by しんさん at 16:07 | Comment(2) | 保存食・調味料・常備菜等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。しんさん。
気付けばもう5月も後半・・・。
ご無沙汰してしまいました。

ふと思ったのですが、しんさんはおからを煮る前に炒ることはしないのですか?
私、いつも疑問に思っていまして。

おからは炒ってから煮るのか、炒らずに煮るのか。
具は炒めてから煮るのか、炒めず煮汁で煮るのか。

どう作っても、食べられるものには仕上がりますけど(笑)

個人的には、生姜を入れるのが最近好きです。
千切りか、みじん切りで。
お酢煮の煮汁でもおいしそうですね。


母は彼の事、相変わらずですけれど。。。

この前、彼の家で鶏の照り焼き丼と切り干し大根の煮物を作ってみました。
始めて披露する料理がこれかい?!とも
思わなくもないですが。

まあまあの仕上がりでした。

でも、日ごろお料理しないので、時間がかかるし、他人の台所は使いづらいですね。

しんさんみたいに上手になりたいです〜!

Posted by なみ at 2015年05月24日 14:52
こんにちは、なみさん。

そうですね、言われて初めて今、妙に納得致しております(笑)
確かに!
おから、大抵炒るか炒めてから煮汁を加えますね。
・・・ご指摘ありがとうございます。

でも、確か炒ったり炒めたりして水分を飛ばすと、味がしみこみやすいって原理じゃなかったかしら。
他には、おから特有のおから臭さを消すためとか。。。

大丈夫!
なんと言っても、いわしのお酢煮の煮汁で炊いてあるんですもの。
味は嫌でもしみますし、おから臭さなんて気にならない程煮汁に存在感がありますから(笑)

家庭料理ですもの。
その時々の都合が進化して定着してしまうのもこれまた楽しいものですよ。
それが不味かったらお話は別ですけどね(笑)

なみさんが作る鶏の照り焼き丼、切り干し大根の煮物。
きっと美しいのでしょうね。

なみさんのお母さまの味、彼のお母さまの味、そしてなみさんが築いていくこれからの味・・・

結婚によって、なみさんのお料理の味はどんどん深まっていくのでしょうね。
そんなところも結婚の醍醐味です。
なみさんならばきっとお料理上手になりますよ。
Posted by しんさん→なみさんへ at 2015年05月26日 12:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。