2015年04月03日

春菊と干しエビの混ぜご飯+多種葉野菜とポーチドエッグのサラダ

主人が先日段ボールいっぱい取り寄せた野菜 ⇒
週末限定とは言え、素人ながら野菜を作っております私にしてみれば少々複雑な思いもありました。

でもやっぱり、見たこともない新しい食材を前にするのは楽しいものです。
『お野菜のお取り寄せ、楽しかった、また取り寄せてね』
・・・そぉ言った時の主人の嬉しそうな顔ったら。

そんな段ボールいっぱい届いた有機野菜たち、先ずは葉野菜から順にありがたく頂いております。
その中から “サラダ春菊” なるものを使って、頬が落ちそうなこんなシンプルご飯はいかがかしら。

春菊と干しエビの混ぜご飯です。

春菊を生のままご飯に混ぜ込むので、その存在感はひときわです。
その反面干しエビはご飯と一緒に炊きこんでおりますので、その旨味は格別。

シンプルではありますが、春菊好きにはたまらないご馳走ご飯。
とても簡単です。





  1. 干しむきエビは焦がさないよう乾煎りしておきます。
    春菊は綺麗に洗って水気をしっかりと除き、食べやすい長さに切り揃えておきましょう。
  2. ご飯をいつも通りに洗いましょう。
    お酒・極少量の白だし醤油を足し、いつも通りの量お水を注ぎましょう。
    1の干しエビを散らして吸水させます。
    我が家は押し麦入りですが、そこはお好みで。
  3. いつも通りにご飯を炊き上げ、火を止めたら直ぐ1の春菊を散らして即座に蓋をします。
    このままいつも通り10分ほど蒸らせば、春菊も程良い蒸らされ加減。

    さっくりと全体を大きく混ぜてお茶碗に盛ります。
    乾煎りした白胡麻をちろりと散らして出来上がり。











大好きな春菊ご飯、お弁当用には小さな小さなお握りさんに致しましょう。
海苔で隠してしまうのが勿体無いほど、所々見える干しエビと春菊の愛らしさ・・・
なので海苔は巻きませんよ。






お取り寄せ野菜の中には、小ぶりながらも葉っぱのやわらかな春キャベツも。
春キャベツと言えば、やわらかで瑞々しい千切りキャベツといきたいところではありますが・・・

繊維まで箸で切れちゃう程やわらかな、春キャベツ特有のたゆっとしたロールキャベツも魅力的。
サバ缶を使ったお手軽シンプルロールキャベツなんてどうかしら。
春キャベツの上に加熱済みのサバ缶ですので、加圧する必要もないほどが圧力鍋で仕上げます。
  1. キャベツはお塩を加えた熱湯で芯部分がしんなりするまで茹でます。
    ザルにひろげ、色良く冷ましておきましょう。
  2. サバ缶の完汁をしっかりと切り、おろし生姜・極少量の片栗粉を加えてざっくり混ぜます。
    キャベツの芯部分を叩いてやわらかくし、サバをきつめに巻きましょう。
  3. 巻き終わりを下にして圧力鍋に並べ、面取り人参を周りに敷き詰めます。
    早煮昆布も結んで散らしましょうか。
    ひたひたのお水・お酒・みりん・白だし醤油を加え、加圧すること3分間。

  4. 圧が自然に抜けるのを待って蓋を開け、ぬるま湯で戻してから食べやすく切った高野豆腐を散らします。サバ缶の旨味漂う煮汁、少しでも無駄にしたくありませんからね ← 貧乏性。
    キッチンペーパーで落し蓋をし、軽く煮込んで出来上がり。

    ザルの上にそっと並べ、しっかりと煮汁を切ってからお弁当箱へ。
    ちなみに、サバ缶の缶汁は朝食のお味噌汁へと変身致しました。





お取り寄せ野菜の中に入っておりましたラディッシュは、定番の酢漬けに致しました。
只今、冷蔵庫の中で出番待ち。

そのラディッシュ、葉っぱも美味しく食べてあげたいもの。
先日のサンドイッチに使ったクレソンが少量残っておりましたので、合わせて白和えに。
充填豆腐を使ったお手軽な白和えです。
  1. 白胡麻を乾煎りしてすり鉢に移し、しっとりするまで丁寧に擂りましょう。
  2. 充填豆腐を使います。
    水切り不要とは申しますが、キッチンペーパーに包んでしばらくおいておきましょう。
    これを1に加えて滑らかに擂り混ぜ、白味噌・てんさい糖・極少量の白だし醤油を加えます。
    更に擂り混ぜ、和え衣の出来上がり。
  3. ラディッシュの葉っぱ・クレソンは、お塩を加えた熱湯でさっと茹でて冷水にとります。
    熱がとれたら直ぐに引き上げて絞り、醤油洗いをして食べやすくざく切りに。

    ほぐしながら2に加え、丁寧に和えれば出来上がり。
    器に盛り、白胡麻をたっぷりひねります。











魅惑の春菊ご飯をお茶碗に盛り、朝食の準備も整いました。
お味噌汁は前述の通り、サバ缶の缶汁入りでございます。
こってりとしたサバ缶風味のお味噌汁、赤味噌+酒粕ととても好相性。






お取り寄せ野菜の中に多種入っておりました葉野菜たち。
ポーチドエッグのサラダでもりもり頂きましょう。
  • 赤リアス・アレッタ・サラダ春菊・クレソンは綺麗に洗い、サラダスピナーでしっかりと水切りをしてからお皿に盛り付けます。
    中央にポーチドエッグをあしらい、オリーブオイルをまわしかけて大根おろしをたっぷりと。
    大根おろしに白だし醤油をたらし、卵を崩しながら召し上がれ。






雨の金曜日ですが、お天気を憂う暇が今の私にはございません。
ばたばたとした週末であります。
明日からはのんびり出来ますよう、今日中にヤボ用は済ませてしまいましょう。
さぁ急げ急げ・・・

posted by しんさん at 15:16 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。