2015年04月01日

あ、これ美味しい・・・クレソン・ザワークラウト・しめ鯖のサンドイッチ

主人が雄々しく大量買いしたしめ鯖、随分と消費して参りました。
残すところあと・・・えっと・・・2パックです。

しめ鯖が得意ではなかった (結婚前は嫌いでした) 私が、よぉもよぉもここまでしめ鯖好きに・・・
主人の影響力って計り知れないものね。

さて。
そんな残り少なくなって参りました市販の冷凍しめ鯖、本日はこれを使ってお弁当を拵えましょう。

しめ鯖サンドなんていかがでしょうか。

何かの罰ゲーム的雰囲気漂うサンドイッチではありますが、これ美味しい。
しめ鯖好き (現在はね) というのもあるのでしょうが、しめ鯖とパンって意外や意外に好相性。

パンには、ワサビ・隠し味の白味噌を混ぜ込んだ醗酵バターをたっぷりと。
今の季節ならではのシャキシャキ新玉ねぎもたっぷりと混ぜ込んでありますよ。
そして、ザワークラウト・ほろ苦いクレソンをたっぷりと挟んでみました。

もちろんこれは主人好みでもありましょう。
しめ鯖・クレソン・ザワークラウトのサンドイッチ、白ワインのお供にも良さそうです。





しめ鯖サンド、もちろんお弁当にする時はそれ相当の衛生管理の上にて。
その点も含めて大人限定サンドイッチでございます。
  1. 予め無塩タイプの醗酵バターを室温に戻してクリーム状に練っておきます。
    練りワサビ・白味噌を加えてなめらかに混ぜ合わせ、みじん切りにした新玉ねぎをたっぷりと混ぜ込んでおきましょう。

  2. パンをカットし、断面を上にして表面がかりっとする程度に軽くトーストして冷ましておきます。
    カカクヤスクの西友 インストアベーカリーのパン、まだまだお気に入り続行中であります。

    断面に1をたっぷり満遍なくぬり、しっかりと水気を切ったクレソン・軽く漬け汁をしぼったザワークラウトを収まり良くひろげましょう。

  3. しめ鯖は冷凍パックされたものを半解凍の状態で削ぎ切りにします。
    お酢・白だし醤油を合わせた中にしばらく漬け込み、しっかりと水気をふき取って2の上に。

    ・・・ちょっと見栄をはりましたね。
    漬け込んだのは、この日作った (☆)茎わかめの漬け汁の中。
    ちょうど今朝で茎わかめを食べ切ってしまったので、貧乏性魂が疼いてついつい・・・

    パンでサンドし、ピックを留めれば出来上がり。










ホウレン草のポタージュ・チーマディラパとアサリの酒蒸しを添え、本日のお弁当でございます。
本日のお弁当は見るからに緑が多い・・・その上チーマディラパって・・・ナニ?






馴染みのない野菜、チーマディラパ。
ほの苦いところが菜の花に似たイタリア野菜だそう。
買い物に行ったら何故かアサリに心惹かれましたので、一緒にシンプルな酒蒸しと参りましょうか。
  1. 砂を吐かせて綺麗に洗ったアサリをお鍋に移します。
    お酒・極少量の白だし醤油をふり、ぴったりと蓋をして弱めの中火にかけましょう。
  2. アサリが口を開いたら、綺麗に洗って食べやすく切ったチーマディラパ・ざっくりとほぐしたマイタケを散らして直ぐに蓋をしましょう。
    軽く加熱し、蓋をとらずにそのまましばらく蒸らせば出来上がり。






ホウレン草のポタージュ。
じゃが芋を使うことが多いのですが、軽く仕上げたい時にじゃが芋はちょっと・・・
本日は菊芋を使うことと致しましょう。

ほんのりと菊芋の存在感もあって、なかなか私好みのスープに仕上がりました。
じゃが芋がなくとも、圧力鍋でクリーミィな仕上がりに。
  1. ホウレン草はお塩を加えた熱湯でさっと茹でて冷水にとります。
    熱が取れたら直ぐに引き上げ、水気を適度にしぼってざっくり切っておきましょう。
  2. 胡麻油・包丁の腹でつぶしたニンニクを圧力鍋に合わせ入れ、焦がさないよう丁寧に炒めて香りを引き出します。

    ニンニクは皮つきの状態で小房に分け、ジッパー付き保存袋に合わせ入れて冷凍保存。
    旬の頃に冷凍保存しておけば、1年持ちます。
    凍らせてあるので崩しやすくやわらかくなりやすく、炒め物等にはなかなか重宝致します。
  3. 薄切りにした玉ねぎも加え、焦がさないようしっかり炒めて甘味を引き出します。
    コンソメストック (市販品をキューブ状に凍らせて保存しております) ・皮付きのまま適当に切った菊芋を加えましょう。
  4. 1のホウレン草も加え、全体がやっと浸かる程度のお水を加えて鍋底から丁寧に大きく混ぜ合わせます。30秒加圧し、自然に圧が抜けるのを待ちましょう。

  5. 圧が抜けたら蓋を開け、牛乳・極少量の白味噌を加えてバーミックス等でピュレ状に。

    いつもなら塩胡椒での味付けですが、本日は前述の酒蒸しがありますもの。
    この蒸し汁・極少量の白だし醤油を加え、全体を温める程度に加熱して出来上がり。
    器に盛り、お好みの葉野菜を飾って白胡麻をひねります。











酒蒸しで残ったアサリは、当然お味噌汁に致しましょう。
ネギとアサリのシンプル且つ定番のお味噌汁、貝のお味噌汁に高揚感は高まります。

そして大きなお皿には、数々の葉野菜+しめ鯖で拵えたカルパッチョ風。
赤リアス、チーマディラパ、スティックセニョール、ラディッシュの葉っぱ、クレソン・・・

そう、何故にこれ程まで多種多用な葉野菜が・・・しかも聞き慣れぬ品種も多いのは・・・
もちろん原因は全て主人でございます。





  • 主人のクリックショッピング好きときたら、もぉ止まるところを知りません。
    文句を言ったとて、彼の場合常に全ては既にクリック済みですもの。
    制止の術はありません。

    今回彼がクリックしたのは、農薬・化学肥料・除草剤に頼らぬ優等生野菜のセット。
    しかも彼はトボけておりましたが、どうやら話を総合すると大家族用セットを購入したらしい。

    愛妻も未熟ながらではありますが野菜作りに携わっていること・・・
    彼は理解しているのかしら。





でもまぁそのおかげで、今朝はおもちゃ箱をひっくり返したような賑やかな一皿が出来上がりました。
  • 上記数々の葉野菜をお皿に散らし、削ぎ切りにしたしめ鯖をその上に。
    オリーブオイルをたっぷり回しかけ、白ワインビネガー・少量の白だし醤油をドレッシングに。






20種ほどの野菜が少量ずつ配達されるこちらのファーム。
小分けされた野菜は、どれもしっかりと泥を落として料理しやすい状態で箱詰めされております。
確かにこのシステムは興味深い。

・・・と主人に伝えたところ、それはそれは満面の笑みで答えてくれました。
『また取り寄せたげる!』 。。。

そしてちらりと私が言った “しめ鯖の残り僅か” に反応したのでありましょう。
先ほどメッセージが届きました・・・ “しめ鯖ひと箱頼んでおいたよ” と。。。早っ

彼のクリックショッピング熱、初夏に向けて更に加速する傾向にあります。

posted by しんさん at 15:09 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
去年の記事に今更コメントで申し訳ないですが、あまりに嬉しかったので…*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
子供の頃オランダに住んでました。暖かくなると常にお魚サンド食べたい!と言うほどBrootje Haringが大好きでした。シメサバ使えば似たものが作れる!ありがとうありがとう!
Posted by さらピン at 2016年03月04日 12:30
初めまして、さらピンさん^^

Brootje Haringというのですね。
コメントをいただき、本場オランダのサバサンドがどのようなものなのか気になって気になって・・・
あぁ気になります♪

それにしてもかように喜んでくださるなんて、私はなんて果報者なのでしょう。
私のほうこそ、ありがとうありがとう!です。

あまりに嬉しいので、もういちどありがとうございます。
素敵な週末をお迎えくださいね。
Posted by しんさん→さらピンさんへ at 2016年03月04日 13:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。