2015年03月17日

オリエンタル バンコクの旅、最終日の夜です

今回、いつもよりちょっと短い忙しいオリエンタル バンコクの旅。
来る度、今回の旅がいちばん楽しいと思えるのは、やはりオリエンタルホテルのおかげでしょう。

明日は日本に帰ります。
最終日の夜は、もちろんホテルのメインダイニング “ル・ノルマンディー” へ。

白を基調としたオーサーズラウンジ横を通り抜け、エレベーターの前で記念写真。
昨日のロブションではギラギラとした帯を選んでみましたが、今回は白っぽくさらりと・・・

主人はもちろん気付いてはくれませんけどね、自己満足です。
バンブーバーでカクテルをいっぱい頂いてから、ゆったりしたスタートです。










多々見受けられます、写真のお見苦しい点はご愛嬌。










シェフは前回お邪魔した時と同じアーノルド氏。
以前はどちらかと言うと雰囲気だけを楽しんでおりましたきらいがありましたが、あれ?美味しい。
バンコク全体が変わりつつある気がするのは、きっと私の気のせいだけではありますまい。

シーバスも乳飲み仔羊も美味しくて、ついついスタッフの方とのお話も盛り上がってしまいます。
デザートは急きょクレープシュゼットに変更していただく・・・

『クレープシュゼットと言えば僕なのに・・・』
クレープシュゼット好きの主人は怒り心頭。
今まで食べたクレープシュゼットの中で、いちばんを差し上げます。
主人の悔しがる顔も良いスパイスってことかしら・・・でも、本当に美味しかった。

以前いらっしゃたソムリエさんが他店に移り、その後任を一手に引き受ける形のバニヤット氏。
お勧め下さったムルソーも会話も気配りもパーフェクトでありました。
今後が楽しみな若いソムリエさんです。

月曜日の夜。
週末ほどの賑わいは見られぬとは言え、バンコクの夜は華やかです。
posted by しんさん at 01:52| Comment(0) | マンダリン オリエンタル バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。