2015年02月19日

1959 シャトー・ムートン・ロートシルトの会、それに伴う古酒の会

古酒の会に参加して参りました・・・
と申せば、おそらくその会にご出席なさった殿方から、再びお声がかかることはなくなることでしょう。

ワイン界では世紀の当たり年と称えられる59年。
59年生まれの方々が集うこの会で、いよいよ59のムートンを抜栓することと相成りました。

いまだにパーカーポイント100点を誇る1959年のシャトー・ムートン・ロートシルト。
59の会のメンバーにしめしめとレギュラー入りした68の私たち夫婦は、本当に幸運であります。

今回殿方らに持ち込まれたワインは、59のムートンこそ主役ではありますが錚錚たるものばかり。
それでもムートンを抜栓するときの、まぁ殿方たちの高揚ぶりときたら・・・

この会を主催し、抜栓その他を請負ったY氏曰く・・・草臥れるワインである、と。






シャンパーニュから始まり、ずらりと古酒が並んだこの会。
もちろんシャンパーニュも88、熟成も進み優しい泡が上品な佇まい。

主人が丁寧にこの日飲んだワインを教えてくれましたので、ずらりと書き並べてみましょうか。





  • DEVAUX (デュヴォー)1988、スタートのシャンパーニュ
  • Chateau Mouton (シャトームートン) 1959。
    この日の主役で、いまだパーカーポイント100点を誇る魔物のようなワイン。
  • Chassagne-Montrachet (シャサーヌ・モンラッシュ) 1956。
  • Meursault Perrieres (ムルソー・ペリエール) 1969
    作り手はルロワ、今回のワイン会ではこれが主人のナンバーワンだったとか・・・そうか。
  • Chateau Rauzan Gassies (シャトー・ローザン・ガシー) 1959
  • Stag's Leap Cask 23 (スタッグス リープ カスク23) 1979
    今回のワイン会ではいちばんの若手ではありましたが、十分に古酒の貫禄漂うワイン。
  • Clos du Val (クロ・デュ・バル) 1982
    やっぱり落ち着くカリフォルニア。
    手土産に致しました大口屋の麩饅頭に合わせ、会の終盤に登場。
  • Chateau Caillou Sauternes (シャトー カイユ ソーテルヌ) 1959
    そして最後は貴腐ワインでお開き。





メンバーのおひとり、和食料理人であらせられるU氏宅にて開催された今回の古酒の会。
毎度のことながらではありますが、贅沢なのにとても気楽な会でありました。

そしてやっぱり記念写真。
ムートンの中身の入っているうちに撮りましたもの。
正真正銘の59ムートンに、ほらほら花粉症真っ只中の主人も嬉しそう。

U氏がわざわざご自宅のお庭で炭火焼にして下さった羊。
春らしいお料理にヴィンテージワイン、気楽で贅沢なワイン会は惜しまれつつお開きに。

ワインを抜栓する時の殿方たちが、無我夢中でまぁ愛らしかったこと。
画像をパラパラ漫画に加工して保存しておきたいくらい。





流石に今朝は、仕事に支障をきたさぬ程度に主人のお寝坊も見逃しておきました。
いつも通り起床した私は、この朝の貴重な時間をどう使って良いのか分からず・・・
暇に任せて鰹をたっぷりと削ってみました。

主人が起床したら、たっぷりの鰹節と梅肉で稲庭うどんを頂きましょう。
干ししいたけのスープを添えてね。
アルコールが和らいだ古酒ですから、二日酔いにはなっていないことでしょう。

posted by しんさん at 05:48 | Comment(0) | ワイン・チーズ・お酒に絡む日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。