2014年03月27日

気になっていた “ネギ花巻” ・・・ふわふわもっちりの蒸し上がり

騒々しいバラエティ番組が苦手なので、テレビのチャンネルは殆どNHKに固定されています。
NHK番組 “趣味Do楽” では、今シーズン “KOBEで極める!世界のパン” を放送しておりました。

先日ちらりとみかけた “饅頭(マントウ)” がとても気になったので、再放送を録画してみました。
おまけで紹介されていた “ネギ花巻” ・・・ そうか!こうやって成形するのね!

・・・早速作ってみました。素直でしょ?

在庫豊富な自家製ネギ、この対処方法に困っておりましたところの救いのレシピ。
ちょっと欲張ってネギを入れ過ぎたので、ちょっと見た目は器量悪しですが生地は最高です。
もっちもちでほんのり甘くて・・・もちろん冷めても美味しい!
以前我流で作ったインチキ花巻とは大違い・・・  ・・・うわっ、下っ手くそ!・・・あら失礼。

発酵にもちろん1時間ほど要しますが、材料・工程ともにとてもシンプル。なにより美味しい。
いつもより30分早起きした甲斐がありました。





番組で紹介されていた分量の半量で作っております。
以下の分量で、小ぶりな手の平サイズのネギ花巻5つ分です。
紹介されていたレシピを所々無視しておりますが、結果オーライ 上々の出来です。
  1. ぬるま湯 (42〜43℃) 大さじ3に、インスタントドライイースト 小さじ1/2をふり入れます。
    よく混ぜ合わせ、滑らかになるまで15〜20分おきましょう。

  2. その間に粉類の用意をします。
    薄力粉 100g・上白糖 大さじ1+1/2・ベーキングパウダー 小さじ1/2
    以上を合わせてふるい、ラード 3gを加えてよくすり混ぜます。タルト生地を作る要領でね。
  3. 2のボールに1を少量ずつ加えては、その都度丁寧に指先で混ぜ込みます。
    根気良く混ぜ続けていると、やがて全体がそぼろ状になってきますよ。
    更に混ぜ続ければ、手にもボールにも生地がくっつかなくなりひとつにまとまってきます。
    これを台の上にうつし、10分ほど丁寧に丁寧に捏ねましょう。

  4. ボールに極々薄く油をぬり、3の生地を丸めてここに移します。
    ラップをし、25度程度の温かなお部屋で1時間ほど発酵させましょう。
    今頃の室温ならば、40℃程度のぬるま湯の上にボールを浮かべて発酵させるのが賢明。
    2倍になるまでゆっくりと発酵させましょう。

  5. 発酵完了した生地を打ち粉をした台の上に移し、更に5分以上捏ねましょう。
    捏ねれば捏ねるほど美味しくなるんですって。
  6. 打ち粉をしっかりとふり、捏ねた生地を厚さ2ミリほどの長方形に伸ばします。
    表面に薄く胡麻油をぬり、軽くお塩をまぶしたネギをたっぷりと散らしましょう。
    ネギが両端からはみ出さないよう丁寧に巻き、綴じ目を摘まんでしっかりと閉じます。

  7. ちょうどかつおのお刺身を切るように、中央に切れ目を入れて2センチ幅に切り分けましょう。
    中央の切れ目にねじ込むように2切れ分を重ね、生地の上下を持って少し伸ばします。
    くるりとねじり、それぞれの断面が上にくるように形を整えカットしたオーブンシートの上に。

    ・・・この辺り、ちょっと私の語彙力では上手く説明できないのが歯がゆいです。
    やってみるととっても簡単なのですが・・・
  8. 最後に15分ほど発酵させ、十分に蒸気の上がった蒸し器にオーブンシートごと移します。
    景気良くふくらむので、間隔を多めにあけて下さいね。
    我が家の小さな蒸し器では3個が限界。3個→2個と分けて蒸し上げます。

    水滴が落ちないよう蓋を布巾で包み、中火で蒸すこと12分。
    小さな小さな無器量ながらも美味しいネギのお花が咲きましたよ。











もちろん蒸したての熱々には敵いませんが、冷めてももちもちとして美味しい生地です。
番組曰く、甘辛いお料理ととても合うんですって。






番組では豚の角煮を紹介しておりましたが、我が家は気楽に手羽中肉で甘辛料理。
たっぷりの根菜と手羽中肉を八角風味で仕上げます。
圧力鍋で煮込むので、手羽肉はほろほろ・・・大根・人参にも旨味がしっかりしみております。
  1. 手羽中肉にお醤油をもみ込み、キッチンペーパーの上に並べて水気を切っておきます。
    弘法芋 (根尾野菜のひとつ。かたくてねっとりとした肉質の小ぶりなじゃが芋です) は予め圧力鍋で塩茹でにしてザルにあけておきます。3分ほど圧をかければOKです。
    芽の部分を除いているのでボコボコですが、皮ごと茹でるのが弘法芋の醍醐味です。

  2. 油を熱し、手羽中肉をこんがりと焼き付けてキッチンペーパーの上に取って油を切ります。

  3. 面取りをした人参と大根・戻した干しシイタケ・手羽中肉を圧力鍋に合わせ入れ、干しシイタケの戻し汁+中華スープを注いでひたひたに。
    お酒・お醤油・みりん・お砂糖・包丁の腹でつぶしたニンニク・薄切り生姜・鷹の爪・八角を加えて煮立て、アクを除いて圧力鍋の蓋をします。
    圧がかかったら火を弱め、10分煮て火を止めましょう。
    自然に圧を抜いて蓋をあけ、弘法芋を加えてお好みの状態まで煮詰めれば出来上がり。






今週は牛乳の減りが遅ぉございます。
私がそのままの牛乳を飲むことが出来ないので (要は苦手) 、我が家の牛乳の減りは主人次第。
早々に使い切りたい低温殺菌牛乳なので、本日は牛乳寒天と参りましょう。
バナナの果肉入り、カルダモンで香り付けした牛乳寒天です。タピオカもトッピングしてしまおう。
  1. パールタピオカはひと晩たっぷりのお水に浸しておきます。
    これを浸け水ごと火にかけ、10〜15分茹でて冷水にとりザルにあけましょう。
    お砂糖を溶かしたシロップに浸しておきます。

  2. 牛乳 400cc・刻んだパームシュガー 35g・縦2等分したカルダモン 適量・粉寒天 2g
    以上をお鍋に合わせ、弱めの中火でゆっくり混ぜながらお砂糖・粉寒天を煮溶かします。
    沸騰直前まで温めたら火を止め、漉しておきます。
    牛乳だけで粉寒天を溶かす場合、最初から合わせて煮溶かさないと溶け残ってしまいます。

  3. バナナは良く熟した小ぶりなものを1本。
    皮をむき、適当にちぎって電子レンジでとろりとなるまで加熱します。800Wで2分弱。
    これをフォークでつぶし、2に加えて優しく混ぜ合わせましょう。
    器に注いで泡を丁寧に取り除き、冷蔵庫で冷やしかためます。
    タピオカをトッピングして出来上がり。











それでは朝食と参りましょう。
朝は蒸したてのネギ花巻を主食に。






  • 奥にはサンマの丸干しのコンフィ。
    このオリーブオイルをネギ花巻につけて食すと美味しいのです。

    自家製菜の花をこんもり盛ったお味噌汁。
    出汁 兼 具としての煮干しがごろごろ入った大雑把なお味噌汁。






今朝からマグカップが新しくなりました。
頂き物のマグカップ、ずんぐりとして大容量でお気に入り。
今朝主人が炒れてくれたのは、東方美人茶。
どんどんお茶の淹れ方が上手になっていく主人に、私はただただ目を細めるばかりです。

お茶が美味しいと食事が楽しいのよね。
近頃、我が家の食事は特に手が込んでいる・・・朝ご飯が楽しみで仕方がない・・・毎朝こう言う主人。
それはきっと、君が淹れてくれるお茶が美味しいせいよ。

posted by しんさん at 16:13 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。