2013年12月28日

今年最後のワイン会、アンリ・ジャイエで盛り上がる

昨晩、今年最後のワイン会に行って参りました。
今年1年素晴らしいワインをご馳走してくださった殿方たちに、お礼の黒豆を抱えての参加でした。

毎年一気に1.5キロ〜2キロの黒豆を煮るのですが、

2009年 2010年 2011年 2012年

今年は500gの黒豆を3回に分けて取り組んでみました。
夜寝る前に煮汁を煮立てて黒豆を浸しておき、翌日ことこと煮込むといった工程。
十分に煮込んだ黒豆を半日寝かせ、最後にひと煮立ちさせて冷ませば出来上がり。

色々と手軽な料理法が紹介されてはおりますが、黒豆を煮る工程って好きなんです。
お醤油の混じった甘い香りがキッチンに満ち溢れて、湿気が半端ないあの感じが好きなんです。
ふっくら艶々に仕上がった黒豆をビンに詰め、冷え込む岐阜市内を歩いてワイン会会場まで。

この日のワイン会の主役は、ブルゴーニュの神様 “アンリ・ジャイエ”
しかも信じられないことに90ですって!

お一方がそんなスーパーワインを提供するとあって、他の殿方も気合が入ります。
  • ドメーヌルフレーヴのグランクリュ、シュヴァリエ・モンラッシェの04
    アルマン・ルソーのクロサンジャックは07
    シャトーマルゴーの93
    シャトーラフィットのスーパーセカンド、カリュアドラフィットの93
    そして主人が持参したのはハーランエステートのセカンド、メイデンの06
もぉこれ以上のワイン会が今までにあったかしら?
・・・だというのに、何故私はワインそっちのけでかような写真を撮っているのかしらね。

ワイン会のメンバーであるMr.ルフレーブ。
FC岐阜を愛するあまり、岐阜では超有名どころの和菓子やさんにてかようなお饅頭をオーダー。
男気のあるお饅頭です。

・・・最後に、そうは言ってもアンリ・ジャイエと記念写真。

同じ90のアンリ・ジャイエが2本って!
しかもまだ1本は未開封・・・当然中身が入っております。

何故リコルクしたのかで殿方たちは深夜まで盛り上がっておりました。
はてさて・・・これらは本物なのでしょうか否なのでしょうか。
ワインを通した殿方たちのロマンは、来年まで持ち越されることになりましたとさ。
あー、楽しかった。

posted by しんさん at 15:03 | Comment(0) | ワイン・チーズ・お酒に絡む日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。