2013年09月19日

バジルとレモングラスがたっぷり・・・タイ風 (か?) アボカドカレー

my畑にて、ひとり生えのバジルをたっぷり収穫して参りました。
先日少々落ち込むことがありまして、凹んでおりました私にこの健気なバジルが眩しかったこと・・・
なんてね。

冷凍庫の端っこ。
何だか勿体無くて使い切れていなかった “レモングラス” を見つけましたので、健気なバジルとカレーにしてみましたよ。
レモングラスとバジルのカレー、生姜をきりっと効かせた “タイ風寄りのカレー” に仕上がりましたよ。

いつものようにスパイスは多用せず、バジル・レモングラス・生姜が融合したカレー。

アボカドとカボチャがたっぷりで、どちらかと言うと女性向きのようですが辛味はなかなかのもの。
秋の爽やかな風そよ吹く中、朝からちょっと汗ばんでしまいました。





タイ風カレー。

本来ならば、カレーの基本となるペーストはクロック・ヒン(タイ料理には欠かせない石臼セット) でハーブ・スパイス類を丁寧に丁寧につぶして作ります。←先生が持っているやつです。

でも本日はちょっと横着をしてバーミックスで。
タイクッキングスクールで、フードカッターは絶対ダメ!と教えられましたが・・・ま、ここ日本だしね。
  1. バジル・グリーンチリ (少々赤くなってはおりますが・・・) は適当に刻みます。
    冷凍してあったレモングラスは、凍った状態のままザクザク刻みましょう。
    生姜・ニンニクは包丁の腹でつぶします。
    以上を全てボールに合わせ入れ、ココナッツミルクを適量加えてバーミックスでピュレ状に。

  2. 刻んだセロリ・玉ねぎをお鍋で炒めます。全体が温まってきたら豚挽き肉も加えましょう。
    挽き肉全体が白っぽくなってきたら、1のペーストも加えて炒めます。
    ざく切りにしたトマトも加えて軽く炒め、極少量のナンプラー・お砂糖を加えます。

  3. もうすぐ完成!火を止めてアボカド・カボチャを加えましょう。
    カボチャは予めレンジ加熱し、ザルにひろげて軽く水分をとばしてあります。
    再度火にかけてお塩で味を決め、軽く炒め合わせれば出来上がり。

    アボカドに必要以上火を通したくなかったので、一端火を止めてから加えてみました。





本日はジャスミンライスで。
  • お鍋に多めのお湯を沸騰させ、極少量の油・お塩を加えます。
    ジャスミンライスを優しくさっと洗ってザルにあけ、沸騰したお湯に加えてひと混ぜしましょう。
    強火のまま5分ほどぐらぐらと茹で、お湯を捨ててしっかりと蓋をします。
    5分ほど蒸らせば出来上がり。

    本日は十六雑穀入り。ジャスミンライスを熱湯に加える際、一緒に十六雑穀も加えるだけ。










うーん、なんて簡単な主食なのかしら。
レモングラスがちょっと筋張った感じも致しますが、それほど気にはなりませんよ。

・・・と主人には力技で納得してもらいましょうね。





お菜は簡単な生春巻き風の人参サラダ。
  • 人参は千切りにし、少量のオリーブオイルをまぶしておきます。セロリは細長く切ります。
    霧吹きを使ってライスペーパーを戻し、人参・セロリを芯にして途中まで巻きます。
    バジル・青唐辛子ピクルス・らっきょうの甘酢漬けを配置良く並べて巻き切れば出来上がり。






本日のスープ。
  • 押し麦・ざく切りトマト・セロリをスープストックでことこと煮て、シメジとパプリカを加えます。
    十分に火が通ったら牛乳を加え、軽くひと煮立ちさせて塩胡椒。
    器に盛り、黒胡椒をたっぷり挽いて出来上がり。奇をてらわぬ定番のスープ。











主人が楽しみにしているカレーの日。
スパイスを多用するいつものカレーとは違う佇まいに、彼の反応が少々心配でしたが・・・

今日のカレーも合格だったようです。





秋の気配漂う昨今。
先日、今年初めての “新サンマ” を店頭で見かけました。大根と一緒に即購入。
銅のおろし金で丁寧におろした甘い大根おろしを用意し、お魚焼き網でさぁ焼きましたよ!

・・・想像以上に煙がひどくてね。

同じ階の奥さまが、血相変えて我が家のチャイムを押しにいらっしゃいました。
ごめんなさい。
マンションでサンマ、しかも網焼きはご法度でした。

結果我が家にはサンマの臭いだけがしぶとく残り、いまだにどこからともなくサンマの気配が・・・
はい。
私が落ち込んでおりましたのは、このサンマ事件が原因です。
実家の母親に言ったら、目に涙をためて大笑いされました。ちっ。でもサンマ食べたい・・・

posted by しんさん at 15:59 | Comment(4) | お弁当日記 〜 アボカドを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シン様

こんにちは。
毎日の様にブログ拝見しておりますが
コメントはお久しぶりてす。

さんま~っ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
すみません、大爆笑してしまいました。
あーっ、シン様大好きです!LOVE!

お弁当のカレー、タイの香りが漂います。
シン様、タイのポクポクする石臼お持ちなですね。
私もいつも欲しいな、持って帰りたいな…と思いつつ
重さを考え、泣く泣く諦めておりました。
が、しかし!決めました!
次回は私もポクポクを絶対にお持ち帰りいたします。

さんま…何度も思い出し笑いとの戦いがおこりそうです。

Posted by ヒナ at 2013年09月19日 17:52
しんさん、こんにちは。
今日も野菜たっぷりでおいしそう!

2週間ほど前に料理に使ったタイバジル、余ったので水にさしておいたら昨日根っこが生えていました!
「健気なやつよの〜」と嬉しくて。
しかし、はて。このまま育ったら何に使おうか?と思っていたら、しんさんのこの記事で目からウロコが落ちました。
そっか、カレーに使うのもありですね!
タイバジルってイタリアンなどに使う一般的なバジルとはまったく違った、アニシード系の香りがしますよね。
マレーシアンカレーには八角を入れたりするのだから、もしかしてタイでは現地のバジルをカレーに入れたりもするのでしょうか?
作るのが楽しみになってきました^^

そしてクロック・ヒンと呼ばれるんですね、石の乳鉢と乳棒。こちらでも似たものをよく見かけます。
こういった台所道具ってお料理を楽しくしてくれますよね。
昔ながらの道具ってとても魅かれるのでつい欲しくなってしまうんだけど、うちにはオリーブ材のものがあるのでとりあえずガマン、ガマンです^^;

サンマの煙でご近所さんをびっくりさせちゃったんですね。
奥さま、火事と間違えられたんでしょうか?
でも気にしない、気にしない!
しんさん母さん、笑い飛ばしてくれるなんてさすがです。

また長々とすみません。

カレーを作ったらブログに載せますね!
もちろん画像付きで☆

朝晩の冷えで体調をくずさないよう、ご自愛ください。
Posted by 梅* at 2013年09月20日 01:00
ヒナさん、お久しぶりです!

ブログをずっと見ていてくださった・・・
そのお言葉だけでもこんなに嬉しいのに、
またタイの新語を教えてくださるなんて(笑)

ポクポク・・・
なんて愛らしい響きのある言葉でしょう。
しかも実に的確!
ヒナさんとのタイツアーに、
再度思いを馳せてしまいました。

さんま、新サンマ、新米、甘い大根おろし、
夢に出てきそうです。

3連休中になんとかチャレンジ出来ないものかと
只今目論み中でございます(( *`艸´)
Posted by しんさん→ヒナさんへ at 2013年09月20日 15:39
こんにちは!

タイバジルといい、ミントといい、
梅*さん宅は切り花たちに快適な環境なのでしょうね。

たとい元気なハーブとはいえ、なかなか根っこにまで到達しませんもの。
我が家ではこの間、ミントが土左衛門と化しておりました。
食材を大切にする梅*さんならではの業です。

ところでところで・・・
梅*さんのカレー、
見たい見たいーーーー!

実はこのレシピ、
ナイジェルがミントでカレーを作っていたのを見て思いつきました。
王子がいち早くこのコメントを見つけ、
梅*さんカレーをうっとり想像しておりましたよ。

サンマ事件については、
王子が玄関に出て対応したのですが・・・

私なら“脂の乗った新サンマなのでご心配には及びませぬ”と
お断りした後で、きっとその奥さまに聞いています。

“お宅ではサンマ、どうやって焼いてます?”

本当に・・・マンションの方々はどうサンマを焼いているのでしょうね。

実家でこの話をしていた時、
まるでコントのようにどこからともなく
サンマの焼ける香りが漂ってきました(笑)

昨日は中秋の名月でした。
季節が秋に移ります。
しばらくサンマはお預けです。
梅*さんは旬の美味しいものをいっぱい召し上がって下さいね。
Posted by しんさん→梅*さんへ at 2013年09月20日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。