2013年06月05日

冷凍栗で作る栗の甘露煮 〜 チョコレートソースver.

根尾の伯母宅に古い栗の木があります。
毎年季節になると立派な実をつけ、それを伯母が拾って冷凍保存しておいてくれます。
かたい鬼皮、油断すると実が崩れがちな渋皮を丁寧にむいて冷凍・・・栗の冷凍って大変なのよね。

せっかく伯母が苦労して冷凍保存しておいてくれたのですもの、母を含め皆にも分けてあげよう。
そんな事思っていたらなかなかお料理出来ず今日に至る。かえって伯母に失礼だったわ。
でもようやく伯母にもらった冷凍栗が日の当る場所へ。

初夏を通り越し完全に夏日を思わせる昨今、季節的にはちぐはぐな感じも致しますが甘露煮です。
冷凍栗で作った甘露煮をビターなチョコレートでコーティングしてみましたよ。
抹茶と一緒におめざとして召し上がれ。










冷凍栗で作る栗の甘露煮、意外と簡単なのです。
気をつける点は、崩れやすいので必要以上に煮過ぎないことくらいかしら。
保存は全く重要視しておりませんので、早々に食べてしまうことを前提に。
  • 冷凍栗は凍った常態のままお鍋に移し、全体が充分に浸かる量のお水を注ぎます。
    ここに栗の半量程度の上白糖を加えます。今回栗が830gだったので、上白糖は415g。
    栗の色が綺麗な黄色に仕上がるようクチナシの実をひとつ加えましょうか。
    クチナシの実は包丁で縦半分に切り、お茶パック等に入れてお鍋の中に。

    やや強めの中火にかけ、優しくお鍋を揺り動かしながら上白糖を煮溶かします。
    アクは丁寧に取り除いて下さいね。
    煮立ったら弱火にし、中央に穴をあけたキッチンペーパーを落し蓋にして10分ほど。
    みりんを適量さっとまわしかけ、再度キッチンペーパーで落し蓋をして更に5分。

    キッチンペーパー・クチナシの実を取り除き、そのままひと晩おけば出来上がり。
    清潔な瓶にそっと栗を移し、シロップを注いで冷蔵庫へ。






チョコレートのコーティング。
今回はテンパリング等難しい手順は必要ない、簡単でしかも確実な方法で参りましょう。
チョコレートはヴァローナのカライブ (カカオ分66%) を使用。
先日の “カモのチョコレートソース”で使い残した分ですよ。
  • チョコレートは適当に割ってボールに移し、直接チョコレートにかからないよう熱湯をそっと注ぎ入れます。チョコレートがやわらかくなったらお湯を捨て、無塩バター・極少量のブランデーを加えて素早くスパチュラで混ぜ合わせましょう。
    これで滑らかで艶のあるチョコレートソースの出来上がり。

    形良く煮上がった栗はここにさっとくぐらせ、オーブンシートの上に並べて乾かします。
    残ったチョコレートソースは、ちょっと崩れてしまった栗にとろりとかけて。











お気軽に点てるお抹茶にもすっかり慣れました。
良いものですよ、朝のお抹茶。

何かを作らなきゃ作らなきゃと思っておりました根尾の栗、甘露煮が仕上がってホッとしております。
そしてほんの少し残っていたチョコレート。
何度そのまま食べてしまおうかともおもいましたが、有効利用出来て何より何より。

昨日誕生日だった実家の母親、無類の栗好きである母に小さなプレゼントが出来ましたよ。

posted by しんさん at 13:23 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。