2013年05月15日

山盛り新キャベツサラダのサンドイッチ

年中見かけるキャベツですが、やはり新キャベツは特別な存在。
ふんわり巻いた優しい色合いの春キャベツを店頭でみかけると、ついその魅力に負けてしまいます。
でも今年の我が家は新キャベツの当たり年。次から次へと頂き物が舞い込んで参ります。

大好きな新キャベツをもりもり使って。本日のお昼は野菜主役のサンドイッチ。

やわらかな新キャベツは生食がいちばん。
春キャベツ、どっさりパセリ、りんご、アンチョビオリーブのシンプルなサラダをフィリングに。
ほんの少量残っていたサンタンドレも一緒に。ちょっとした心地よいアクセント。

キャベツは出来るだけしっかり水気を切るのがポイント・・・
・・・なのですが、やっぱりお弁当にするにはちょっと水気が気になる結果となってしまいました。
せめてパンをいつも通りちょっとトーストすれば良かったかしら。
プリズン・ブレイクによる寝不足、我が家のお弁当事情を脅かしております。ちと反省。ごめん主人。





お昼にはちょっとありゃりゃなサンドイッチですが、すぐに食べる分には上々の出来。
  • 春キャベツはサラダスピナーでしっかり水切りをし、繊維を断ち切るように太めの千切りに。
    ハーブ塩を軽くもみ込んでしばらくおき、しんなりしたらしっかりと水気を絞ります。
    千切りりんご・レモン汁・ハチミツ・白ワインビネガーを加えて全体がなじむまで再度しばらくおき、もう一度水気をしっかりと絞りましょう。

    大きめに刻んだパセリ・刻んだアンチョビ入りオリーブを加えて和えます。
    ヒーローのアンチョビ入りオリーブ。大のお気に入りだったのですが、缶の縁の錆びが改善されないという理由で輸入元が販売中止の決断を下したとか。残念この上なし。

    室温に戻した発酵バター・ディジョンマスタード・少量のマヨネーズをクリーム状に混ぜ合わせてパンにぬり、この上にキャベツをたっぷり。楔形にカットしたサンタンドレを並べます。

    パンでサンドしてラップで包み、ラップごと切り分けてからラップを除きます。
    いつものようにパンと具がなじむよう上から押さえつけて重石をしておくと、必要以上にべっちゃりしてしまうので要注意。これは作ったらすぐ食べるのに適したサンドイッチでありました。











プリズン・ブレイクによる朝寝坊。やっつけのお菜が全てを物語っております。
主人、ごめんよ。ウサギさんりんごに免じて許してやって。






やっつけお菜。
シイタケと人参をお魚焼き網でこんがり焼いて、自家製の柚子胡椒・塩麹で和えただけ。
  • これが残念なことに意外と美味しい。
    こんがりと焼いたシイタケは、軸部分に包丁で浅い切れ目を入れてから縦に裂きます。






本日のスープ、こ・れ・は絶対間違いなく主人のハートを射止めることでしょう。
頂き物のあさりがごろごろ入ったクラムチャウダー。あり合わせですがソースのような濃厚さ。
サンドイッチに使用したパセリの葉っぱ部分、残った茎部分は刻んでここで使いましょう。
  • あさりは白ワインで蒸して口を開かせ身を取り出しておきます。蒸し汁は決して捨てないで。
    刻んだパセリの茎・あられ切りにした玉ねぎ 人参 ベーコン・・・これらをオリーブオイルでじっくり炒め、小麦粉をふり入れて粉っぽさがなくなるまで更に炒めます。

    これを牛乳でのばしてとろみのついた状態にし、途中でコンソメキューブを半欠溶かします。
    あさりを蒸し汁ごと加えて軽くひと煮立ち。味をみて必要ならばお塩で味を仕上げしょう。
    器に盛り、お好みで黒胡椒を挽き入れて出来上がり。











そしてシュールな朝ごはん。

・・・いえ、煮干しが丸ごと入ったお味噌汁は我が家の定番。
乾煎りした煮干しをひと晩お水に浸しておき、煮干しがやわらかくなる迄ことこと煮てそのまま具に。
ほろ苦い丸ごとの煮干しが好きなのです。

問題なのは、主食がお弁当用に作った春キャベツのサンドイッチってところ。
お味噌汁、納豆、黒白の胡麻豆腐・・・これにサンドイッチ?
ついでにクラムチャウダーをいかにもソースの如く添えてあるのも不可解なり。

いや、一切れパンを多くカットし過ぎてしまって・・・
ついでに、ついつい楽しくてキャベツを切り過ぎてしまった結果サラダが山盛りになってしまって・・・

まぁ良いや。
一切れだけでも美味しい常態のキャベツサンドが食べられたんだから。
懐の深い主人は、組み合わせについてはなんの不満も抱かない人なんだから。

posted by しんさん at 15:06 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。