2013年05月14日

ココナッツミルクベースの鯖・アボカドカレー

週末のお昼だったかしら、タイ風カレーに使ったココナッツミルク缶。半分程残っておりました。
早々に使ってしまわないとね。
じゃ、本日はこれを使って。ココナッツミルクベースの鯖 (サバ缶ですが) とアボカドのカレーです。

My畑に群生し始めたコリアンダーをたっぷり散らして。
ココナッツミルク・鯖・アボカド・コリアンダー、無節操とも思われる組み合わせですが良い感じ。

・・・無節操と言うよりは、ただのあり合わせかしらね。
でもまぁ、カレー王子である主人からなかなかの高得点を頂戴いたしました。なので良しなのです。





  1. ココナッツミルクは半量を煮詰めます。
    うんと弱火で10〜15分も煮詰めると、透き通った油分が分離してきます。一端火から下ろして必要ならば油を足し、スタータースパイスを加えて再度弱火にかけましょう。
    今回使用したのは、クミンシード・シナモン・カルダモン (縦半分に切って )・クローブ・カレーリーフ・・・こんなところかしら。しまった!ここで青唐辛子を入れるのを忘れました!
    スパイスの香りが立ってきたら、みじん切りにした生姜とニンニクも加えて炒めましょう。
    更にみじん切り玉ねぎもたっぷり加え、じっくりのんびり焦がさないように炒めます。

  2. アボカドとサバ缶だけではちょっと寂しので、春キャベツも加えてみましょうか。
    サバ缶の缶汁・根元をつけた状態でざく切りにした春キャベツを加え、ぴったり蓋をして蒸し焼きに。やわらかな春キャベツでない場合は、軽くレンジ加熱してからの方が良いかも・・・
    水分の多いやわらかな春キャベツ、しんなりするまでさほど時間もかかりません。

  3. キャベツがしんなりしたら、パウダータイプのスパイスを加えます。本日はグリーンコリアンダーとガラムマサラ。ここで入れ忘れていた青唐辛子に気付いてようやく投入。
    スパイスがなじんだらお塩で味を整え、鯖・残りのココナッツミルクを加えます。
    優しくひと混ぜしてひと煮立ちさせ、アボカドを加えて火を止めましょう。
    ざっくりと刻んだコリアンダーを散らし、蓋をしてしばらく蒸らせば出来上がり。

    器に盛り、コリアンダーの葉っぱ部分を散らして召し上がれ。
    本日はパセリとレモンを効かせたバターライスを添えて。











スパイスの存在感はしっかりとあります。
でも何故だか日本米のバターライスでもOKなのは、ココナッツミルクのせい?それともサバ缶?






パセリとレモンを効かせたバターライス。パセリ好きにはたまりません。
  • ご飯はお水の代わりにスープストックで、ややかために炊き上げます。
    炊き上がったら熱々のうちに無塩タイプの発酵バターを加えて混ぜ、更に刻みパセリ・すりおろしレモンを加えてさっくりと混ぜ合わせましょう。
    我が家ではレモンを丸ごと冷凍保存し、必要分だけをすりおろして使用しております。

    土鍋で炊いたご飯が・・・ちょっと・・・かなり焦げたのは非常に残念なところ。





さっぱり美味しい人参のカルダモンサラダは、赤ワインビネガーで優しい酸味に仕上げます。
  • 人参は皮をむき、ピーラーでリボン状にスライスします。ボールに移してお塩をかるくもみ込み、しんなりするまでしばらくおきましょう。
    カルダモンは莢を除き、スパイスボール等で軽くつぶします。これを人参のボールに加え、赤ワインビネガー・ハチミツを加えてひと混ぜしましょう。味がなじめば出来上がり。






意外でした・・・
本日のスープ、緑豆・りんご・ミント・サワークリームの組み合わせがこんなに美味しいとは。
りんごは以前大量に頂いた際、その保存に困ってミント・カルダモンと一緒にコンポートにして冷凍保存しておいたものを使用しております。半解凍の常態にしてお料理開始。
  • 緑豆はひと晩たっぷりのお水に浸し、浸け水ごと中火にかけます。アクを除き、煮立った弱火にして15分ほど。
    緑豆が充分にやわらかくなったら、りんごのコンポートを適当に切って加えます。コンポートのシロップ・刻んだミントも一緒に加えてひと煮立ち。
    サワークリーム・ハーブ塩・ハチミツ・隠し味程度の白ワインビネガーを加えて出来上がり。
    器に盛り、オリーブオイルをたらします。











お弁当がカレーの日は朝食もカレー。
これはカレー王子である主人たつての願いにより、我が家のお約束となっております。






  • 朝食はパセリたーーーっぷりのお豆腐スープ。
    昨日の夕食、あさりとお豆腐の煮物をリメイク。あさりのお出汁って本当に美味しい。





これだけパセリを食べたのですもの、日差しの強い今日は外出を控えることと致しましょう。
お洗濯干しも完全防備で参りましょう。
夏の気配を敏感に感じ取り、コブミカンの新芽が次々と誕生しております。
そろそろ剪定してあげないとね。

posted by しんさん at 16:35 | Comment(0) | エスニックなお料理・カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。