2013年05月10日

ほろほろっ・・・さくさくっ・・・どこか懐かしい素朴なスコーン

近頃主流のなんとかのど飴等より、昔ながらの素朴な飴が好きです。
黄金糖とか那智黒とかカンロ飴とかね。

そして去年の冬辺りから凝っているのが “オークラ製菓の田舎飴”
要は期間限定の “いも飴” の類なのですが、中に生姜風味の黒糖が入っていて美味しいの。
で、その田舎飴同士がくっつかないよう焙煎米ぬかがまぶしてあるんですね。

捨てませんよね、貧乏性ですもの。
以前はその焙煎米ぬかを使ってこんなん焼いてみましたが、今回はこれ。

全粒紛と焙煎米ぬかのスコーンです。
ほろほろっ・・・とした食感でさくさくっ・・・そしてなんとも香ばしい。
朝食に焼き立てを食べたのですが、主人曰く “どこか懐かしい味” なのだとか。うん、確かに。

ちょっとマコロン (マカロンではなく昔懐かしいマコロンですよ) にも似たその食感。
全粒紛・米ぬか・てんさい糖使用のヘルシースコーン、すごくすごく簡単です。焼いてみる?





以下の分量でやや小ぶりなスコーン4つ分。

  • 卵 1個分をよくときほぐし、冷蔵庫で冷やしておきます。
  • 無塩タイプの発酵バター 60gはさいの目に切り、同じく冷蔵庫で冷やしておきましょう。
  • 然るべくタイミングで、オーブンを200度に予熱しておきます。

  1. 強力粉タイプの全粒紛 80g・焙煎米ぬか 20g・ベーキングパウダー 小さじ1
    以上を合わせて大きめのボールにふるい入れます。
    ここにてんさい糖 20gを加え、スプーン等でよく混ぜ合わせましょう。

  2. 1に冷やしておいたバターを加え、フォークで切るように粉をまぶしながらバターと粉をなじませていきます。ある程度バターが細かくなったら指先でなじませていきます。
    バターがとけないよう素早く素早く。全体がさらさらの常態になるまで。

  3. 冷やしておいたとき卵も加え、素早く全体をまとめます。かなりほろほろの常態です。
    4等分して厚さ3センチほどに成形し、200度に予熱したオーブンへ。

    設定温度を190度にし、表面にうっすら綺麗な焼き色がつくまで10〜15分。
    香ばしいよい香り・・・











バターが焼ける香りってなんて素敵なのでしょう・・・
そんな幸せに満たされながら本日のお弁当。

生姜風味の甘辛煮八角風味のトマト煮と、今週頭から続いております鹿レバーですけどね。
まだ少しずつ残っておりますこれら鹿レバー、そろそろ食べてしまわないと。





本日は八角風味のトマト煮鹿レバーを使って、おから入りのロールキャベツにリメイク。
もちろん圧力鍋でね。
  • 新キャベツはしんなりするまでレンジ加熱してザルにひろげ、粗熱をとっておきます。
    芯の部分をすりこ木等でたたき、やわらかくしておきましょう。

    鹿レバーのトマト煮は、鹿レバーだけをバーミックス等で粗めに攪拌します。うんと粗くね。
    おから・トマト煮の大豆等をレバーに加えて混ぜ、お団子にしてキャベツで包みます。
    巻き終わりを下にして圧力鍋に並べ入れ、隙間を野菜で埋めましょう。
    今回は冷凍里芋・うんとうんと軽くレンジ加熱してからお花型で抜いた人参・・・こんなとこ。

    トマト缶・スープストック・塩胡椒を予め混ぜ合わせてお鍋に注ぎ、圧力鍋の蓋をして強火で圧をかけます。弱火で10分ほど煮て火を止め、圧が抜ければ出来上がり。






本日のスープは、上記人参の切れっ端を使って。
人参と冷凍ミカンのヨーグルトスープです。主人、冷やして召し上がれ。









そして朝食。朝は焼きたてのほろほろスコーンにサワークリームを添えて。






お弁当用にはロールキャベツとしてリメイクされた鹿レバー。
その残り種を使って、朝はハンバーグ・・・風に。主人、ダマサレナイゾニクジャナイダローな眼差し。
そして冷凍ミカンとヨーグルトを攪拌しただけのスムージー。
  • ロールキャベツの種をまとめ、ブールブランで焼いただけ。蓋をしてじっくり蒸し焼きに。
    ブールブラン、殆どがバターなので固まるとバター状になるのです。

    薄皮をむいて天日に干してから冷凍したミカン。
    凍った常態のままヨーグルトと攪拌すれば、あっという間のスムージー。






そしてやっぱり納豆を添えてしまふ・・・
そうね、そうよね・・・この組み合わせで、主人に三角食べを指導する方が無茶ってものよね。

そろそろ鹿レバーもお仕舞いにしないとね。明日のお昼辺りでお仕舞いにしないとね。

posted by しんさん at 16:08 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。