2013年05月08日

鹿のレバー・・・本日は八角シナモントマト風味・ふっくら大豆付き

昨日のお弁当にもした “鹿レバーの甘辛煮” は、主人に大好評。
まだ半量残っておりました鹿レバー。
今度は大豆と一緒に八角風味にしようと思う旨を述べたところ、彼は怒涛の如くの猛反対。ちっ。

君はまだまだ分かっていないようだね。私の提案は決定なのだよ。
お料理を私が作る以上、決定権は私にあるのだよ。

鹿レバー、本日は大豆と一緒に八角・シナモン風味で。
トマト風味にする予定だったのですが、大豆の戻し汁と一緒に煮たのでトマトの存在感はちと薄め。

主人の反応?
・・・彼は本当にMr.ゾウモツなのね。どうやら彼はゾウモツならばどんな味付けでも大満足みたい。
レバーの食べ過ぎは感心しませんよ。





本日も圧力鍋が大活躍。
  • 大豆はひと晩お水に浸しておきます。
  • 前日と同じく、鹿レバーは猟師さんが細やかに下処理して食べやすく切っておいてくれた物。
    伯母が冷凍しておいてくれたものを解凍し今に至っております。

  1. 大きめのボールに氷水を張り、鹿レバーを綺麗に洗います。キッチンペーパーでしっかりと水気を拭き取った後、薄切り玉ねぎ・牛乳に20分ほど浸してからザルにあけます。
    ・・・レバーの臭み抜きの牛乳、貧乏性故勿体無いのは山々でも背に腹はかえられません。

  2. 生姜とニンニクは包丁の腹でつぶしてから粗みじんにし、圧力鍋に移します。
    八角・シナモン・鷹の爪・油をここに加え、弱火でじっくり炒めて香りを引き出しましょう。
    ここに1を加えて軽く炒めます。レバーの表面が白くなればOK。

  3. 大豆を戻し汁ごと2に加えます。トマトの水煮缶も加えましょうか。圧力鍋の蓋をして強火にし、圧がかかったら弱火にして15分ほど。
    火を止めて圧が抜けるのを待ち、お塩を加えて煮汁が殆どなくなるまで煮詰めます。
    最後にお醤油を極少量たらしてひと混ぜし、黒胡椒をたっぷり挽いて仕上げます。











鹿レバーメインが続きます・・・本日のお弁当。






連休が明けてからまともに食材調達をしておりませんので・・・まぁ食材が乏しいこと乏しいこと。
日持ちする人参は食材として本当に重宝致します。なので今日も人参サラダ。
旬の頃大量に頂いたミカン、薄皮をむいて天日に干した後冷凍保存しておきました。
今日はこれを使いましょうか
  • 人参は千切りにし、少量のハーブ塩をふってしんなりするまでしばらくおきます。
    冷凍ミカンをぱきぱきっと適当に割り入れ、ハチミツ・オリーブオイル・刻んだミントを加えて和えましょう。しばらくおいて味がなじめば出来上がり。






これまた旬の頃に頂戴した白菜、今や古漬けとなって連日のように大活躍致しております。
本日は新キャベツの新部分と一緒に、圧力鍋で酒粕風味のとろとろスープに。
  • 圧力鍋に古漬け・ざっくり縦4等分した新キャベツ・かつお出汁を合わせ入れます。強火で圧をかけたら弱火にして5分ほど。火を止めて圧を抜き、酒粕を溶き入れれば出来上がり。
    古漬けの塩分でお塩等は不要です。
    器に盛って刻んだサヤエンドウを散らし、白胡麻をひねります。











朝食は昨日作ったこってり仕上げの鹿レバーで。
1日おいた鹿レバーは味がなじんで、更に主人好みになっております。




  • 近頃土鍋で炊くご飯にもすっかり慣れました。
    煮干しでお味噌汁のお出汁をとる時は、乾煎りしてから圧力鍋に。
    煮干しがうんとうんとやわらかくなって、そのままお味噌汁の具の一員化となっております。
    本日は干しえのきも煮干しと一緒に乾煎りして。




繊細というものからは程遠い、そして貧乏くさい我が家の食卓。
主人が繊細な人でなくて良かった・・・時々本当にそう思うのであります。

posted by しんさん at 17:14 | Comment(4) | お家ジビエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しんさん、こんにちは。

昨日と今日の鹿レバー、ああ食べてみたい!
私個人の好みはやはり生姜入りですが、大好きな八角が入ったこちらも捨てがたいです。
ふと思ったのですが、岐阜に生息する野生の鹿たちは普段何を食べているのでしょう?気の葉っぱでしょうか?

それにしても、 繊細と縁遠い???
び、貧乏くさい??
何をおっしゃるんですか、しんさん。
手をかけて作られた朝食にお弁当、
上品に盛り付けられた食卓、
私となんという差だろうかといつも思うのです。
我が家においでになったらびっくりされますよ。
(゜o゜)・・・って、なっちゃうかも(笑)
Posted by 梅* at 2013年05月08日 21:51
シン様


お久し振りです!

毎日の様にお邪魔させてもらつておりましたが

私自身がブログを持っていないので、少しコメントするのを申し訳なく控えておりました。


でもでもやっぱり素敵なシン様のお料理には一言、お礼と賞賛の言葉を残さずにはいられません♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

いつも素晴らしいお弁当とお料理、シン様、女性として目指すお手本様です!


旦那様とのやりとりもとても心がほっこりするやりとりでなんだか幸せな気持ちになります。

シン様が綴られる日々に愛と勇気をいただいております!

あっ!鹿レバー食した事がありませんが想像してモグモグしております!

いつも愛あるお弁当and素敵なお料理楽しみにしています。

私事ではございますがストレス満載の毎日にシン様お弁当を食べた気分で、、、頑張っています(^o^)

Posted by ヒナ at 2013年05月09日 04:22
こんにちは、梅*さん^^
連休も終わり、初夏の陽気になったと思へば肌寒い春初旬の陽気に逆戻り・・・
温度変化の忙しい日々を送っておりまるす。あれ?

連休中は元より、連休が明けた今となっても真面目に食材調達を致しておりませんので、我が家の食材事情はどん詰まりなのです・・・(笑)
そんな訳で手を出したこの“鹿レバー”

明らかに豚とも鶏とも異なるもーーーっちりとした食感で、Mr.ゾウモツの王子もお気に入りの様子。

伯母曰く、岐阜のこの鹿たちは贅沢にも春の新芽が大好きなんだそうです。
今年は例年になく食欲旺盛らしく、おかげでワラビを初めとした様々な春の山菜が人の口には入らなかったとか。
そしてワナにかかった鹿を私が食す・・・

梅*さんがひえーっと驚くような雄々しい大胆な食事、我が家でも当然多々ありますよ。
ただUPしないだけです、ふふ。
Posted by しんさん→梅*さんへ at 2013年05月09日 16:05
こんにちは!ヒナさん^^

そんなぁ・・・コメントが申し訳ないだなんてどうぞどうぞおっしゃらないで。
いつでも大歓迎ですもの。

今朝はなんとなく怠けたい気分だったのでお弁当は作らなかったのですが、ヒナさんがそんな風に褒めて下さるとちょっと後悔。
あぁ怠けず作れば良かったな・・・なんて。

そして今、よしっ!明日は作るぞ!なんてちょっと張り切っております。そしてワクワクしております。

こうしてぶるるっと気合が入れられるのも、全部全部ヒナさんがこうして優しいお言葉を下さるからですもの。
きっと勇気を与えられている方は、同じように誰かさんに勇気を与えもしているのですよね。ヒナさんみたいに。

さーて、明日は何を作ろうかしら・・・ってその前に夕食ですけどね(笑)
Posted by しんさん→ヒナさんへ at 2013年05月09日 16:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。