2013年04月02日

ふわんふわんでもっちもちですよ、冷凍ホウレン草のお惣菜パン

“1キロの冷凍ホウレン草を今週中に使い切ること” 
これが目下のところ、私のささやかな目標であります。本当にささやかではありますけどね。

えーっと、昨日は細巻きだったから今日は・・・と。

ホウレン草パンなんていかがかしら。
ベーコンとチーズをホウレン草生地で巻き込んで、ぽこっとゆで卵をトッピング。
ホウレン草の緑を綺麗に出したかったので、焼き色は極力控えめにしてみました。
パンの成形は苦手ですが、むくっとふくらんだパンを見ると器量悪しでも愛着が湧くってものよね。

主人の嫌がる上白糖使用でも、そのふわんふわんもっちもちの食感に思わず主人も合格点。
マヨネーズを絞って焼けばもっと主人好みの仕上がりだったのだけど・・・うん、これで充分よ。

冷凍ホウレン草を使ったほわほわホウレン草パン、以下の分量で6つ分です。





  1. 強力粉 200gをボールに入れ、中央に窪みを作ります。
    窪みの中にお砂糖 大さじ1・インスタントドライイースト 小さじ1を合わせ入れ、窪みから離して粉の縁にお塩 小さじ1/2を置いてスタンバイ。
  2. 冷凍ホウレン草、がばっと一掴み程度をさっと熱湯で湯がいてザルにあけます。
    手で触れられる程度になったらしっかりと絞り (この状態で80g強)、牛乳 50ccと共に中火にかけましょう。煮立ったら弱火にし、蓋をしてしばらく煮てからバーミックス等でピュレに。
  3. 2を人肌程度に冷ましてから、1の窪みの中に加えてイースト等となじませましょう。
    途中で無塩タイプの発酵バター 10gも加えます。
    生地がひとつにまとまるよう様子を見ながら牛乳 大さじ2〜3を加えます。
    生地がボールにつかなくなったら台の上に移し、10分ほど頑張って捏ねましょう。
    薄く油をぬったボールに移し、濡れ布巾+ラップをかぶせて1時間ほど1次発酵させます。

  4. フィンガーチェックをしてOKなら、ガス抜きをして生地を6分割します。切り口を包み込むように丸め、濡れ布巾+ラップをかぶせ10分間のベンチタイムをとりましょう。

  5. 生地を平たくのばし、刻んだベーコンを散らした上にチーズをのせます。
    手前からしっかりと巻いて閉じ、棒状になった生地を半分に折って上から軽く押さえつけましょう。生地の両端部分をしっかりと閉じます。
    輪になった部分に包丁で切り込みを入れて開き、丸く形を整えます。中央にゆで卵をトッピングし、再度濡れ布巾+ラップをして30分程2次発酵させましょう。

  6. 然るべきタイミングでオーブンを160℃に予熱しておき、150℃で15〜20分焼きます。
    心和むふわんふわんの焼き上がり。仕上げに黒胡椒をたっぷり挽いて出来上がりですよ。

    ・・・でもやっぱりマヨネーズを絞った方が良かったかしら?
    黒胡椒の落ち着きが悪いこと悪いこと。










なかなか良い調子で冷凍ホウレン草は消費されております。
明日は週の真ん中水曜日、ここらでびしっと大量消費を目論まねば。
取りあえず本日のお弁当はこんなん。






切り干し大根をアンチョビ風味の炒め煮にしてみました。こりこりっとした食感にピリ辛仕立て。
  • 切り干し大根は少量のお水でもみ洗いします。極少量のお水をふってしばらくおきましょう。
    オリーブオイル・アンチョビ・みじん切りにした鷹の爪とニンニクをお鍋に合わせ入れ、じっくり焦がさないように香りが立つまで炒めます。
    ここに切り干し大根を加えて炒め、油がなじんだら白ワインビネガー・スープストックを加えましょう。ぴったりと蓋をしてしばらく蒸し焼き状態に。
    全体がふっくらとしてきたら蓋をとり、水気をとばして出来上がり。






主人から意外な高得点を頂戴した本日のスープ。
主人がこの類のスープを気に入るのって珍しいのだけど。干しえのきとシイタケのポタージュです。
  1. ニンニクをオリーブオイルで香りが立つまで炒め、薄切り玉ねぎを加えてじっくり炒めます。
    玉ねぎがねっとりした感じになったらスープストックを加え、干しえのき・細切りにしたシイタケを加えて軽く煮ます。火を止める直前に白味噌を極少量加え、牛乳を少し加えてピュレ状に。
    これをお好みの濃さになるよう牛乳でのばして軽く温め、塩胡椒して器に盛ります。
    カイエンペッパーをふって出来上がり。











ふわんふわんのホウレン草パン、焼き上がりの頃合に合わせて朝食ですよ。
ただし朝食用には、ゆで卵のトッピングはなしでね。
当初の予定では、半熟卵を添えるつもりだったのだけど・・・草臥れたので予定変更。

・・・それにしてもホウレン草パン、器量悪しだわ。面白い。





  • 朝食にはザワークラウトのスープを添えて。
    ベーコンをじっくり炒めたところにザワークラウトを加え、油がなじんだらスープストック・トマト缶を加えます。必要ならば塩胡椒し、器に盛って黒胡椒を挽くだけ。
    すごく簡単なのに、主人も私も大好きなスープのひとつ。発酵食品って本当に偉い。

    実家の母親が摘んできたツクシは、アスパラと一緒に酒粕和えに。
    なぜかツクシには心惹かれるのです。





先ほど荷物が届きました。
さてこれは・・・ワインかしら、それともパスタソースかしら、それともシチリア産レモン汁かしら。
我が家の食材調達係、主人は今日も仕事熱心です。毎日毎日クリックショッピング。

宅配業者さんが不審に思うわよ。こう毎日毎日お届け物・・・しかも要冷凍・要冷蔵・ワレモノばっか。

posted by しんさん at 16:40 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。