2013年03月28日

アボカド・生ハム・もりもり塩キャベツのホットサンド

ミス・ユニバースの栄えあるファイナリストでも知られる知花くららさん、森理世さん。
彼女らの栄養コンサルタント ご自身もそれはそれはお美しいエリカ・アンギャルさんの 『アボカドは食べる美容液』 に感化されたのは数年前のこと (著書は購入しておりませんが。ちら聞きのみ)

以来、週にいちどは必ずアボカドを食べております。
が、その効果はどぉでもよろしい。問題なのは、アボカド良し悪しを見分ける私の識別能力なのです。

なぜ?
岐阜市界隈のアボカド市場においては、おそらく人より長く多くアボカドと親しんできたであろうに・・・
なぜ?なぜにこぉも質の悪いアボカドをみすみす選んでしまうのかしら。

アボカドを食べ始めた数年前はこんなことなかったのに・・・なぜ?
半分に切ればいつだってアボカドグリーンが美しかったのに、当節ハズレ率が多いこと多いこと。





  • まぁ良いや。やまない雨はない、明けない夜は無い、日はまた昇る・・・ってね。
    そのうち良いアボカドに当たるでしょう。
    アボカドと相性の良い生ハムも一緒に挟んで、大好きなホットサンドが本日の主食です。

    かりっとしたパンの耳が大好きなので、我が家のサンドイッチはいつも耳つき。
    ちょっと最近体重増加が気になるので (いえ、主人でなく私の)、本日はバターなしで。
    片方のパンには粒マスタードをぬり、生ハムを均一にひろげます。

    キャベツは予め千切りにして少量のお塩を軽くもみ込み、しばらくおいてしんなりとしたら水気を適度に絞ります。生ハムの上にたっぷりと。
    アボカドはくし型に。りんごの色止めと同じく塩水に放し、しっかりと水気を拭き取りましょう。キャベツの上に並べ、パンでサンドしてホットサンドメーカーで焼きましょう。

    我が家のホットサンドメーカーは、20年以上も前のもの。
    当時の上司がゴルフコンペの景品か何かを私に恵んでくれたもので、丸洗いなんて不可。
    オーブンシートでパンをキャラメル包みにしてホットサンドメーカーへ。焼き上がったらすぐにオーブンシートを取り除きましょう。蒸気でパンがへにゃっとなってしまいますからね。

    アボカドと相性の良い生ハム、もりもりの塩キャベツ・穏やかな粒マスタードを従え、美味しいホットサンドに仕上がりました。
    これでアボカドの状態が良ければ最高だったのですが・・・










そして本日のお弁当。






  • 今週実は秘かに、切り干し大根の消費を目論んでおります。
    本日は、先日大量に購入したパセリと合わせてみましょうか。切り干し大根のパセリ和え。
    パセリの和え衣はバタピー入りで、黒胡椒もきりっと効かせてみましたよ。

    パセリ・オリーブオイルを合わせ、最初にバーミックスでざっと攪拌してからすり鉢に移して擂り混ぜます。途中、黒胡椒・ざっと刻んだバタピーを加え、滑らかな和え衣に。

    切り干し大根は軽くもみ洗いをし、そのまま全体がしんなりするまでしばらくおきましょう。
    これをシイタケ・たたきゴボウ・人参等々お好みの野菜と一緒にお鍋に合わせ入れて白ワインビネガーをふり、ぴったりと蓋をして野菜の水分で蒸し焼きにしましょう。
    パセリの和え衣で和え、味を確認しながらお好みのお塩・黒胡椒で味を整えます。






  • 本日のスープは、緑豆とカボチャのミルクスープ。シナモンとナツメグを効かせてみました。

    緑豆はひと晩たっぷりのお水に浸します。浸け水にシナモンスティックを加え、緑豆がやわらかくなるまで20分ほど茹でましょう。途中スープストックを加えて水気を補います。
    小ぶりに切ったカボチャ (半解凍状態にした冷凍カボチャです) も加え、カボチャがやわらかくなったら牛乳を加えて軽くひと煮立ちさせます。
    ナツメグをすりおろし、優しく塩胡椒して出来上がり。シナモンスティックを除いて召し上がれ。











ナツメグだシナモンだと言っても、朝食は純和風なのよね。
実験で、美味しくない “サンマの丸干し” を “お味噌汁のお出汁” に使ってみました。






  • ぶつ切りにしたサンマの丸干しを焦がさないように乾煎りし、お水を注いでひと晩おきます。今回は細切り昆布も一緒に。
    サンマは骨まで食べられる程ことことことこと煮て、これを漉さずにそのままお味噌汁に。昆布もそのまま一緒に煮込みました。具はゴボウとぶつ切りにしたネギ。大胆なお味噌汁。
    丸干しの塩気があるので、お味噌は極力控えめに。香り程度で充分。



    そして本日から、我が家のお米が “ミルキークィーン” になりました。綺麗なお米です。
    前回の “龍の瞳” はちょっと個性が強すぎて・・・美味しいのだけれど、家庭の日常使いのお米には不向きだと判断。ただ、これで甘酒を作ると非常に美味しい。
    “龍の瞳” 、今後我が家では、酒米として活躍しそう。






大胆なお味噌汁は、意外にも主人から高得点を頂戴いたしました。まだまだ冷凍庫に在庫のある “美味しくないサンマの丸干し” ・・・うん、完全消費には力技のこの手もまぁアリかな。
もうちょっと試行錯誤してみよう。

そしてこのサンマがなくなった頃、納得のいく仕上がりになるんだろうな・・・

posted by しんさん at 16:45 | Comment(0) | お弁当日記 〜 アボカドを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。