2013年03月22日

美味しいものは各食事でひとつだけなんですって。。。

本日金曜日のお弁当。
主人からの気迫こもったリクエストにより、久しぶりにカレーですよ。
もちろんカレールー不使用、緑豆・アボカド・コリアンダー・スパイスたっぷりのヘルシー大人カレー。






先ずは下準備。
  • 緑豆はさっと洗い、ひと晩たっぷりのお水に浸しておきます。
    浸け水ごと強めの中火にかけ、アクを除きながら煮立てましょう。後は弱火でやわらかくなるまでことこと20分程。そのまま冷ましておきます。

    カレーと言えば “玉ねぎのみじん切り” は付き物ですが、実はみじん切り苦手なんです。
    苦手なことを克服するのも大事だけど、それを苦にカレーを作らないなんて勿体無い。
    みじん切りを止めて、玉ねぎをピュレにするのはただ単にそんな理由から。
    玉ねぎは薄切りにして耐熱ボールに移し、オリーブオイルと極少量のお塩をふります。ふんわりラップをして全体が透き通るまでレンジ加熱し、バーミックスでピュレ状に。

    コリアンダー、大好きなんです。
    幸運にも根っこつきコリアンダーに当たったら、風味の強いこの根部分も是非使ってあげて。
    綺麗に洗い、ニンニク・生姜・赤唐辛子 (夏に収穫したものを冷凍保存しておいたもの) ・クローブと共にスパイスボールで丁寧につぶします。

    ・・・あまり丁寧でもないか。





下準備が終わったら後は簡単。
  • 油・クミンシード・フェヌグリーク・カレーリーフをお鍋に合わせ入れ、焦がさないよう弱火でじっくり炒めます。ワクワクする香りが漂ってきたらコリアンダーペーストも加え、焦がさないよう炒めましょう。なんて良い香りなのかしら。
    次いで玉ねぎピュレも加え、玉ねぎの水分が少しとぶまでじっくりと炒めましょう。

    更に緑豆も加えて炒めましょう。全体が馴染んだらパウダータイプのスパイスを。
    今回使用したのは、ガラムマサラ・ターメリック・グリーンコリアンダーパウダー・・・
    ・・・こんな所だったかしら。

    スパイスが馴染んだらアボカド・ざく切りにしたコリアンダーを加えてひと混ぜ。
    全体が温まる程度に火が入ったら、お塩できりっと味を決めて出来上がり。











スパイスの香りに魅了されつつ、ちゃちゃっとご飯を炊いてお菜を作りお弁当の完成ですよ。






  • お弁当がカレーの日は、スープは省略してしまいましょうね。
    ご飯は是非バスマティライスを。炊飯器を使うより、お鍋で炊くのが気軽で断然お勧め。
    こんな感じ
    ふかふかに炊き上がったバスマティライスは、日本米とはまた違う魅力的な風味です。





  • カレーにお菜なんて必要ない気も致します。
    が、どうしても本日中にやっつけておきたい食材 『ワカメとイノシシ肉 (!) 』 を使って一品。

    薄切りイノシシ肉は1日塩麹に漬けておきます。
    これを丁寧にひろげて生ワカメと人参を巻き、巻き終わりをじゅっと焼き付けます。巻き終わりが落ち着いたら、転がしながら全体を焼きましょう。塩麹漬けは焦げやすいのでご注意を。
    全体に綺麗な焼き色がついたらお酒をふりかけ、ぴったりと蓋をして蒸し焼き状態に。
    中までしっかりと火が通ったら蓋をとり、強火で水分をとばして出来上がり。











そして朝食。

通常なら、お弁当がカレーの日は朝食もカレーなのですが・・・本日は純和食といった佇まい。
理由は簡単。
Huluで “深夜食堂” を見ていたら、どうしてもどうしても “豚汁” が食べたくなったから。
なので本日の朝食は、お弁当がカレーにも係わらず “豚汁定食” なのです。





  • ・・・なんてね。
    確かに豚汁定食は魅力的だったけれど、それ以上に冷凍庫の “イノシシ” をそろそろやっつけたかったってのがその最たる理由かしら。
    お弁当のお菜の材料 “イノシシの塩麹漬け” が少々残ったので、解凍しただけのイノシシと合わせて “豚汁” ならぬ “猪汁” に。あご出汁仕立て・合わせ味噌ver.の猪汁、美味しい!

    薄切りイノシシ肉 (一部塩麹漬け) をさっと胡麻油で炒め、小ぶりの乱切りにした人参・ゴボウ・・・その他根菜を炒めます。油が馴染んだらあご出汁を注ぎ、丁寧にアクを除きましょう。
    煮立ったら冷凍里芋・マイタケ等も加え、ことこと煮込んで合わせ味噌を溶き入れるだけ。
    三つ葉をたっぷりとあしらい、柚子胡椒を添えて召し上がれ。






主人、うっとり猪汁をすすります。
イノシシだというのになんて上品な味なんだ・・・どぅみぃ (私のこと)、でかしたぞよ、と。
そんなに喜んでくれて、私も嬉しいわ。私、つい嬉しくて失言してしまいました。
『カレーもバスマティライスも余分に作ったから。良かったら朝も食べられるわよ』 ・・・と。

・・・主人、君は食欲旺盛な高校生ですか。
猪汁定食をぺろりと平らげた後、いそいそカレー&ご飯を盛り付ける彼。
そして言いました。本日のタイトルにもなった言葉を。

『どぅみぃ、美味しいものはひとつがいい』

美味しいものは各食事でひとつだけが良いんですって。猪 汁の余韻がカレーで吹っ飛んでしまったんですって。思い出になってしまったんですって。余韻に浸りながら出勤準備をするのが好きなんですって。

・・・『猪だけに猪突猛進』
言うと思ったオヤジギャ・・・まぁいいか。取りあえず解凍したイノシシ肉は使い切ったから。

posted by しんさん at 16:11 | Comment(0) | エスニックなお料理・カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。