2012年11月22日

ようやく実現!ペーストから作るタイ風グリーンカレー

ベランダでコブミカンを育て始めたのは去年のことだったかしら →
この辺りではあまり一般的ではない青唐辛子。根尾の伯母に苗を分けてもらって、見事に大収穫。
そうそう、畑に地植えしたレモングラスもすくすく成長しました。そろそろ株分けして寒さ対策しなきゃ。

コブミカン、青唐辛子、レモングラス・・・主人、君は憶えているかしら。
これら全部、君が望んだ食材だよ。君が本格タイ風カレーを作りたいと言い出したが故の食材だよ。

我が家の冷凍庫には、きちんとお行儀良く下処理されたタイ風カレー食材が保存されております。
もちろん冷凍したのは私。
そして・・・どうやらタイ風カレーの情熱が消滅してしまった彼に代わり、これら食材を消費するも私。

朝から作ってしまった・・・グリーンカレーペーストから作ってしまった・・・
あり合わせだけど、タイ風グリーンカレーですよー。
マンダリン・オリエンタル・バンコク主催のタイ・クッキングスクールで習った手順を無理無理参考に。

何分、上記3種の食材以外は全てあり合わせなので微妙にタイ風にはあらず。
でも、立派にタイの味がしましたよ。美味しい!
・・・え、これ?本日の朝食ですよ。この類のカレーはちょっとお弁当には不向きだものね。朝食に。





googleでタイ風カレーの手順を検索してみると、まぁ出てくる出てくる!実にその工程は様々。
食材の関係で、タイ・クッキングスクールで習った通りには参りませんが手順は出来るだけ忠実に。
  1. 先ずはグリーンカレーペーストを作ります。

    クロック・ヒン (石臼) に青唐辛子とお塩を入れて潰します。
    この後、本来ならガランガ・レモングラス・コブミカンの皮・コリアンダーの根っこ・エシャロット・ニンニク等々が続くのですが、これら全部を日本で揃えるのはとてもじゃないけれど無理!

    お家にあった、レモングラス・ニンニク・レモンの皮・生姜・実山椒等々で適当に代用。本当に適当なのですが、上手くいってしまうから不思議。滑らかになるまですり潰します。
    下の写真はまだまだの状態。こんこんこんこんと根気良く、滑らかになるまで30分ほど。

  2. 1と同時進行でココナッツミルクを煮詰めます。
    ココナッツミルクは半量弱を残しておいて下さいね。後ほどカレーをのばす際に使用します。

    お鍋にココナッツミルク・葉脈を除いたコブミカンを合わせ入れます。弱火にかけ、ココナッツミルクが油分と完全に分離するまでしっかりと煮詰めましょう。
    煮詰まったところで1のペーストを加え、香りが立つまでしっかりと炒めます。

  3. 料理教室では、この後ナンプラー・パーム シュガー・タマリンドジュース・ココナッツミルクを加え、沸騰したら豚肉・その他の野菜を加えるといった工程。でも私はこの辺りから大脱線。

    ペーストが充分になじんだら、みじん切り玉ねぎも加えて炒めます。次いでお肉等も加えるのですが、私はフライパンで鶏肉の表面をさっと焼いてから加えます。
    ついでに、鶏肉と一緒の油で大根と人参も焼きましょうか。具はあくまでも有り合わせです。

    鶏肉・野菜の油を出来るだけ切り、ペーストがなじんだお鍋に加えて炒め合わせます。

  4. 残りのココナッツミルクを温めたスープストックでのばし、材料がなじんだお鍋に加えます。
    同時にシイタケ・ナンプラー・お砂糖・極少量のタマリンド風味のコンソメパウダーも。
    シイタケに火が通ったら、アボカド・下茹でした便利菜も加えます。

    軽くひと煮立ちさせて出来上がり。ちょっと崩れたアボカドが美味しいのー!
    そぉね・・・今度は上白糖ではなくて、きっちりとパームシュガーを使いたいものだわね。











さぁさぁ、ちょっと不気味なカラフルジャスミンライスも炊き上がりましたよ。朝ご飯だー!
カラー米、残すところあと緑1色だから・・・主人、がまんして頂戴な。

それにしても美味しー!
クッキングスクールの先生が聞いたらひっくり返りそうな代用品ばかりだけれど、結果オーライよ。










で・・・お弁当。
冷めたカレーってあまり頂けたモノじゃぁないけれど、特にタイ風カレーは冷めてちゃぁマズい。

  • ココナッツミルクでのばす工程の前に、鶏肉・その他の具をちょっと取り分けて・・・と。
    オーブンでかりっと焼いてお弁当箱に。






主食のジャスミンライスも、冷めるとちょっと独特のにおいが気になるのよね。
芽吹きじゃが芋の消費もあるし、ここはじゃが芋を主食にしてしまおうかしら。

  • このお料理、偶然見つけたレシピではひよこ豆で作っていました。私もそのつもりでした。
    でも、前日にひよこ豆を水に浸しておくのを忘れてしまったので急きょじゃが芋に変更。
    ローストしたじゃが芋とカシューナッツ+パプリカパウダー・・・これがたまらなく美味しい!



    じゃが芋は適当な大きさに切ります。しばらくお水に浸けてから笊にあけ、表面の水気をしっかりと拭き取ります。
    ニンニクペースト・オリーブオイル・クミン・お塩を混ぜ、じゃが芋・カシューナッツを和えます。

    オーブンシートを敷いた鉄板にじゃが芋・カシューナッツをひろげ、200度に予熱したオーブンで15〜20分焼きます。熱々のうちに、パプリカパウダー・黒胡椒をまぶせば出来上がり。






このじゃが芋ロースト、本当に美味しい!まさに怪我のなんとやらだわ。
でも、次回はレシピ通りひよこ豆で作りたいもの。
ひよこ豆の茹で汁をカレーに使用するといった当初の計画、とっても良い貧乏性料理ですもの。
是非試してみねば!だわ。

明日から3連休。
空模様はどうやらあまり芳しくないようだけど、明日は主人とちょっと遠くまでドライブ。
道順はばっちり!手土産も用意した。

・・・ずっとずっと楽しみにしていたアレをお願いしに行くのよ。
アレって何なのか・・・ってのは、次回のネタにとっておこう。

posted by しんさん at 15:28 | Comment(0) | エスニックなお料理・カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。