2012年11月16日

ドライレモンとアボカドのカレー 〜 ミント風味のヨーグルトソース・ローストポテトを添えて

長野県は諏訪市にあります北インド料理屋さん “ナマステ”
先日富士屋ホテルの帰りにお邪魔したのですが、その日以来しばらく大人しかった主人のカレー魂に火がついてしまった様子。
口を開けば “カレーが食べたい” “カレーの材料を買ってあげる” ・・・ とまぁカレーの話題ばかり。

その熱意に負け、久しぶりに朝からカレーなんぞ作ってみましたよ。

でも、芽吹きじゃが芋の消費にはきっちり協力していただきますからね。

本日のカレーはドライレモンのカレーです。ムングダルとアボカドを合わせてみました。
ドライレモン?と思われた方も多々いらっしゃることでしょう。味の想像がつかないのではないかしら。
ほんのり甘酸っぱくて美味しいのです。
スパイスを効かせたローストポテト・ミントを効かせたヨーグルトソースと共に召し上がれ。





  1. 先ずは玉ねぎをピュレにします。
    玉ねぎを薄切りにして耐熱容器に移し、ふんわりとラップをして玉ねぎが透き通るまで数分レンジ加熱します。これをバーミックス等でピュレ状にしておきます。
  2. つぶしてから刻んだニンニクと生姜・刻んだ生唐辛子・オリーブオイル・ホールタイプのスパイスをお鍋に合わせ入れ、香りが立つまでじっくりと炒めます。
    ここで使用したスパイスは、カルダモン・ブラウンマスタードシード・黒胡椒・クミンシード・シナモン・コリアンダーシード・クローブ・・・えっと、こんなところだったかしら。
    クミン・マスタードシード・シナモン以外は、軽くつぶしてから加えます。
    ついでに、自家製の発酵唐辛子味噌 (スープの段落辺りに登場)も極少量加えてみました。

    スパイスの香りが立ってきたら、1の玉ねぎも加えます。やや火を強め、玉ねぎの水分をとばすようにしながらしばらく炒め合わせます。
    適当なタイミングで、シナモンを取り除いておきましょう。

  3. ひきわりムングダルをさっと洗って笊にあけ、トマトジュースと共に2のお鍋に加えます。
    焦げつき防止の為にお水も大さじ1〜2程度加え、ぴったりと蓋をしてムングダルがやわらかくなるまで弱火でことこと煮ます。焦がさないよう、まめに鍋底から全体を混ぜて下さいね。

  4. ムングダルが充分にやわらかくなったら、刻んだドライレモンをたっぷり加えます。

    この辺りでパウダータイプのスパイスも加えましょうか。使用したスパイスは、グリーンコリアンダーパウダー・カイエンヌペッパー・ガラムマサラ・ターメリック・・・こんなところかしら。
    全体がなじんだらアボカドも加え、お塩で味を整えます。

    最後にレモン汁を数滴たらして出来上がり。











スパイスを効かせたじゃが芋のロースト・ミント風味のヨーグルトは、Nigel Slater氏の “The Kitchen Diaries” から。
ただし一部よく理解できない箇所がありまして・・・言ってしまえばテキトー料理になってしまいました。






  1. じゃが芋は皮をむき、お好みの大きさにカットして塩茹でします。笊にあけて軽く全体を揺すり、粉吹き芋状態にしておきます。
  2. 包丁でつぶしてみじん切りにしたニンニク・刻んだ生唐辛子・クミンシード・オリーブオイルをフライパンに合わせ入れ、香りが立つまでじっくりと弱火で炒めます。
    ここにみじん切りにした玉ねぎも加えて炒め合わせ、1のじゃが芋・ターメリックパウダーも加えて炒めます。

  3. 2を鉄板に移し、180度に予熱したオーブンでじゃが芋の表面がかりっとなるまで20〜30分焼きましょう。

  4. ヨーグルト・刻んだミント・極々少量のチリパウダーを混ぜ合わせます。
    外はかりかり中ほっくほくのじゃが芋に添えて召し上がれ。











こうして今朝は、主人念願のカレーが食卓に上ったのでありました。主人ご機嫌です。
食後はスパイスを効かせたチャイでも・・・と思ったのですが、あれ?牛乳切れだわ。ごめん。

本日は我が家のキッチンに業者さんが入ります。
念願の作業台を取り付けていただくのですもの、私もご機嫌。

ただひとつ・・・心配なのは、主人がまた要らぬものをクリックショッピングしないかってことかしらね。
収納箇所が増えれば、その分何かを買おうと目論む彼。本当に要らぬ物を買ったりするんです。

お願いだから、最近やたらと話題にするカレー専用鍋だけは勘弁して頂戴ね。

posted by しんさん at 13:55 | Comment(0) | エスニックなお料理・カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。